夏季限定「ボンカレーゴールド 野菜とけこむベジカレー」全国で発売 植物性油脂の使用で、低温でも固まりにくいため、冷やして野菜スティックのディップソースとしてもおススメ!
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
夏季限定「ボンカレーゴールド 野菜とけこむベジカレー」全国で発売

「ボンカレーゴールド野菜とけこむベジカレー」のアレンジメニュー「ベジヌードル」

1968年2月、世界で初めての市販用レトルト食品として発売されたのが大塚食品の「ボンカレー」です。以来48年、レトルトカレーの定番として、「ボンカレーゴールド」、「ボンカレーネオ」、「Theボンカレー」などさまざまな味わいが日本中の家庭で愛されてきました。

そのボンカレーより、夏季限定の「ボンカレーゴールド 野菜とけこむベジカレー」が6月27日(月)から全国で発売になりました。

「ボンカレーゴールド 野菜とけこむベジカレー」は動物性原料を使わず(乳原料は除く)、国産のじゃがいも、たまねぎ、にんじん、ズッキーニを使用し、とけこんだ野菜のうま味にココナッツミルクのコクを加えた野菜が主役のカレーです。食べる際、温めるのはもちろん、冷蔵庫で冷やしてもおいしくなるよう、ココナッツミルクを使用することで、動物性原料不使用であるにもかかわらず、コクがあってしっかりとした味わいに仕上がっています。

植物性油脂の使用で、低温でも固まりにくいため、冷やして野菜スティックのディップソースとしてもおススメです。

ボンカレーのホームページには、「頑張るお母さんを応援したい」というボンカレーの想いに共感したシンガーソングライターの山崎まさよしさんがボンカレーのために書き下ろしたオリジナル曲「うたたね ボンカレーVer.」にのせて、働くお母さんを応援するスペシャルムービーが紹介されています。一度覗いてみてはいかがでしょう?

また、「ボンカレーゴールド 野菜とけこむベジカレー」は「保存料・合成着色料不使用」を徹底。レトルトの工程で殺菌処理をし、レンジ調理のため、お湯で調理するよりも排出されるCO2を低減するという地球にやさしい製品となっています。

ーー“ethica” Music Recommendationーー

「ねえ、お母さん」篇 ♪山崎まさよし ボンカレースペシャルムービー

ーーBackstage from “ethica”ーー

山崎まさよしさんすてき!と思う前に、最後にカレーを作ったのが旦那さんでホッと眉間のシワがゆるんだ女性はわたしだけではないはず(笑)。ボンカレーがレトルト食品を作った1968年から約50年経ち、お母さん、お父さんの役割もずいぶん変わりましたよね。カレーも野菜たっぷりが愛される時代なのです。野菜スティックも一大ブームなのです。このボンカレーは現代人としてぜひぜひ味見しなければなりませんね。

ペンネーム:M. M.

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

作る人、使う人、そして、地球にも優しいサスティナブルなタオル。導かれた答えは「オーガニックコットン」 特別な体験と物語を紡ぐ、サスティナブルなオーガニックタオル(前編)
今話題の軽トラキャンピングカーも紹介!学研ムック「DIYで軽トラを10倍楽しむ本」発売

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます