代官山のアーユルヴェーダサロン「カルナカララ」で、「人、社会、環境、地域に配慮した消費活動」エシカルを知るファッションイベント開催 Pick Up! PR
Pick Up! PR
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
代官山のアーユルヴェーダサロン「カルナカララ」で、「人、社会、環境、地域に配慮した消費活動」エシカルを知るファッションイベント開催

スリランカ式の本格アーユルヴェーダサロン「カルナカララ(Karunakarala)」代官山店では、7月7日(木)から7月28日(木)の期間中、エシカルファッションブランドとのコラボレーション企画として、 店舗内の一部を使用した期間限定ショップ、ワークショップを開催します。

スリランカは発展途上国で、まだまだ貧富の差が激しいところです。当店ではスリランカにアーユルヴェーダスパ&リゾート施設の本店があり、ゆくゆくはフェアトレードや現地への職業訓練なども含め、スリランカの人々への貢献をしたいと考えておりました。そこで、業態のジャンルは違うながらも、エシカルファッションブランドの考えに感銘を受け、今回の企画を行うこととなりました。

ベトナム系フランス人デザイナーが設立したブランド Linda Mai Phung(リンダマイフン)デザイナーが世界を旅して出会ったモノやコトによるインスピレーションが各シーズンのテキスタイルに反映されている。

ベトナム系フランス人デザイナーが設立したブランド Linda Mai Phung(リンダマイフン)デザイナーが世界を旅して出会ったモノやコトによるインスピレーションが各シーズンのテキスタイルに反映されている。

イベントに参加するのは、天然素材ラフィアでバッグを作ることを通して、“フィリピンの女性たちに自信と自立の道を!”というコンセプトから生まれたブランド「スルシィ」、ベトナム・フエにアトリエがあり、「自分らしさを大切に、しなやかに力を抜いて生きる大人の女性」に選ばれるアクセサリーを目指し、シンプルで何気なく存在感のあるデザインを得意とする「フーヒップ」、旅からインスパイアされたデザインに、ベトナムの伝統的な手仕事とフレンチモードが融合し、他にはない雰囲気を放つ、ベトナムにベースを置くフランス人デザイナーによるブランド「リンダ・マイ・フン」の3ブランド。各ブランドは各国へ直接出向いて、製作者への教育までを行い、フェアトレードを活用することで正当な労働、報酬、教育を行える環境を作るべく活動しています。

Sulci天然ラフィア素材バッグ

期間中、同店では各ブランドのエシカルファッションブランドの服、アクセサリー、バッグ、小物などを購入できる他、ワークショップを開催、そこではエシカルやフェアトレードが実際に何を行っているか、商品がどのようにして作られるかを体験できます。

Sulciラフィア素材ブローチWorkshop

7/24(日) 13:00〜
7/28(木)16:00〜
¥2000 各回定員6名(ラフィア素材のコースター×2のお土産付き)

PhuhiepセミオーダーアクセサリーWorkshop

7/24(日) 15:00〜
7/28(木) 14:00〜
¥3000 – ¥5000 各回定員6名

ワークショップの参加は名前、電話番号、希望の参加日時を明記の上、
info@karunakarala.comまで。

■Karunakarala(カルナカララ)公式サイトはこちらhttp://www.karunakarala.com/spa/

Phuhiepワークショップアイテム

ーーBackstage from “ethica”ーー

最近、知識のための陶芸のワークショップに参加しているのですが、実際に作ってみると作り手の存在をより身近に感じたり、技術的なことや、生産背景のストーリーについて理解や興味が深まるのでとってもおすすめ。リンダ・マイ・フンはフレンチらしいナチュラルで落ち着いた色合いながら、少女らしい可憐さと透明感をあわせ持った今旬のスタイル。そのほか素敵なアイテムもあわせて、当日は実際に触れてお買い求めいただけるので、エシカルストーリーとともに誰かへのプレゼントに選んでみてはいかがでしょうか?

ペンネーム:M. M.

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

リオ大会直後の秋に、京都と東京で文部科学省が「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」を開催 今年10月、文部科学省が「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」を開催
Sol Béni オーナー フィリップ・トルシエ氏(元サッカー日本代表監督)も出展 「2015 年産ボルドープリムールワイン試飲会」開催

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます