今話題の軽トラキャンピングカーも紹介!学研ムック「DIYで軽トラを10倍楽しむ本」発売
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
今話題の軽トラキャンピングカーも紹介!学研ムック「DIYで軽トラを10倍楽しむ本」発売

学研ホールディングスのグループ会社、学研プラスは、このほど、学研ムック「DIYで軽トラを10倍楽しむ本」を発売しました。

この本は、日本唯一のDIY&日曜大工マガジン「ドゥーパ!」編集部による、軽トラをDIYでカスタムするためのアイデアやヒント、テクニックを詰め込んだムック本です。

小さい車格で小回りが利き、それでいていろいろな物が積める、実用性に優れた軽トラは、最近、そのドレスアップや、実用性をもっと上げるための荷台カスタムなど、「自分好みにイジる」人が増えています。カスタム軽トラの企画を何度か取り上げてきた「ドゥーパ!」によると、最近は読者アンケートでのカスタム軽トラの人気も急上昇するなど、大いに盛り上がっているそうです。

そんな中、発売された本書は「ドゥーパ!」らしく荷台のDIYカスタムに特化した1冊。限られたスペースをフルに活用して、仕事を便利に、趣味を楽しくする、多数の荷台カスタムを紹介しています。掲載したカスタム実例は、トノカバー(荷台カバー)、アオリ(荷台の囲い)、フレームといった定番はもちろん、収納ケースや露天風呂(!)なども。そして、最近話題の軽トラキャンピングカーについては、特に多くのページを割いて特集しています。

「キャンピングカーを自作なんてできるの?」という声も多いと思いますが、今回は実際に「ドゥーパ!」編集部が軽トラキャンピングカーをDIYで製作、その詳細レポートも掲載しています。

これがドゥーパ!編集部が手作りした軽トラキャンピングカー「ドゥーパ号」! この製作レポートも詳しく掲載

DIYでここまでできる! リアウイングの付いた流線型のFRP製トノカバー(兵庫県・Gちゃんさん製作)

長尺の木材を載せるのに便利なフレームを装備。 オリジナルの塗装もオシャレ!(千葉県・山本さん製作)

ソーラーパネルやクーラー、 テレビも装備したキャンピングカーは、 居心地最高な快適空間!(埼玉県・村上さん製作)

本書では、カスタムの実例やレポートだけでなく、実際にDIYするための「切る」「つなぐ」「研磨する」といった基本テクニックを紹介するページも充実。電動工具の使い方もばっちり分かります。また、読んで面白くためになる軽トラ豆知識、メーカー純正アクセサリーガイド、やっぱりDIYで作るのは自信がないという人のためのカスタムショップガイドも掲載。DIY初心者にも安心な内容となっています。

ーーBackstage from “ethica”ーー

不勉強ながら、このような奥深いDIYブームがあるとは知りませんでした。軽トラはホームセンターで時々お借りするくらいしかご縁のないわたしですが、小さく見えて本当に大容量なんですよね。軽トラをお持ちの皆さんにはおそらく具体的な実用の機会が日々あるのだろうと思いますが、カスタムするならどんな見た目がお好みでしょうか?アイディアやお役立ち情報をお探しの方は、ぜひお手にとってみてくださいね。

ペンネーム:M. M.

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
自分の体験を、自分の言葉で伝えていきたい 【三原勇希・後編】
sponsored 【 2018/7/31 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さんに、ethica編集長・大谷がインタビュー。前編では三原さんの生い立ちや性格についてうかがいました。後編では、引き続きラジオDJのお話や、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを視察したボルネオ...

次の記事

夏季限定「ボンカレーゴールド 野菜とけこむベジカレー」全国で発売 植物性油脂の使用で、低温でも固まりにくいため、冷やして野菜スティックのディップソースとしてもおススメ!
世界の飢餓地帯で起きている「今」を知る。(知花くららさん、竹下景子さん) 国連WFP視察報告会「竹下景子×知花くらら~私たちにできること~」開催ルポ(前編)

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます