浅田舞さんも森の京都を堪能「京都中心部とは違う魅力を発見」 京都府が「森の京都博公式ガイドブック夏号」を発行 〜森の京都の魅力いっぱいの7月~10月の64イベントを紹介〜
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
浅田舞さんも森の京都を堪能「京都中心部とは違う魅力を発見」

京都府では、このほど「森の京都博公式ガイドブック夏号」(7月~9月)を発行しました。

京都府は、中部地域(亀岡市、南丹市、京丹波町、福知山市、綾部市、京都市右京区京北)の6市町と連携し、豊かな森を活かした地域づくりとして「森の京都」事業を推進しており、今年度は、森の京都ターゲットイヤーとして、「森の京都博」を通年開催しています。

森の京都では、南丹市美山町にある原生林が残る芦生の森や鬼伝説の残る福知山市大江、丹波くりなどの森の恵み、都を支えた文化の残る亀岡市の保津川下りなど、この地域には、豊かな自然と森の恵みが残り、移住者も多く、森とのつながりを感じる暮らしがあります。

今回のガイドブックは、森の京都博の夏イベント完全ガイドとして、この地域でしか体験できない7月~10月の64イベントを紹介するもので、木工体験や花火、いかだ遊び、木こり体験など盛りだくさんの内容となっている他、日帰りドライブコース、森の京都博注目イベントBEST10などを掲載。

手作りのファッションアイテムなど、一点物がそろう、森のバザール

専用器具を着けて木に登って、自然のぬくもりを感じる、ツリークライミング教室

子供も大人もファミリーでチャレンジできるいかだの試し乗り体験

京都丹州の木に触れられる一大フェス。京都丹州もくもくフェスタ

また、表紙には、京都府が進めるテレビ番組「浅田舞が行く~もうひとつの京都~」(KBS京都)にも出演している元フィギュアスケート選手でタレントの浅田舞さんが登場、番組で体感した森の京都の魅力についてもインタビューで紹介しています。

浅田舞さんも森の京都を堪能「京都中心部とは違う魅力を発見することができました」

ちなみに、番組の中で浅田さんは天然林の芦生の森を散策した後、美山好きの女性たちが集う女子会に合流。亀岡では、良質な水で育った野菜やきのこなどを堪能しました。

また各地で、和菓子作りや木登りにもチャレンジし、木を使った家具店を営むご夫婦や、保津川での筏流し復活を目指す人たちなど、森とともに生きる人たちにも話を聞いています。

「京都中心部とは違う魅力を発見することができました」

と、浅田さん。森の魅力と人情あふれる思い出いっぱいの旅となったようです。

なお、「森の京都博公式ガイドブック夏号」は、京都総合観光案内所「京なび」や森の京都エリアの道の駅、府内各地域の観光協会、観光案内所などで無料配付中。ガイドブックに掲載されているイベントは、公式ホームページでも紹介されていますので、興味のある方はチェックしてみてはどうでしょう?

ーーBackstage from “ethica”ーー

京都観光というとわたしもやはり都町としてのイメージが強かったのですが、こんなにアウトドアらしいアウトドアスポットもあったのですね。情緒ある京のまちの魅力を理解するにはまだ早いかな…そんな元気なお子様をお連れの方は、ご旅行のプランに森の京都を混ぜてみるのも良い思い出になるかも。もちろん、アウトドア派のみなさんは自然いっぱいのプランメインに、京のまちにも足を伸ばしちゃう、そんな一石二鳥の楽しみ方もできそうです。

ペンネーム:M. M.

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

Hvass & Hannibalの新作「COLOURS あか あお きいろ ふかみどり」「PATTERNS にょろにょろ しましま てんてんてん」7月15日同時発売
「NYで話題のサスティナブルなタオルが日本に逆上陸!」「ワインを味わうように楽しむオーガニックコットン」エシカルな物語のある二つのシリーズを紹介 特別な体験と物語を紡ぐ、サスティナブルなオーガニックタオル(後編)

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます