世界の絵本レンタルプログラム ~絵本を通じて、子どもたちに世界を紹介する新しい取り組み~ 「ワールドライブラリー」が「第10回キッズデザイン賞」受賞
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
世界の絵本レンタルプログラム ~絵本を通じて、子どもたちに世界を紹介する新しい取り組み~ 「ワールドライブラリー」が「第10回キッズデザイン賞」受賞

株式会社ワールドライブラリーが行っている世界の絵本レンタルプログラム「ワールドライブラリー」が、このほどキッズデザイン協議会が主催する「第10回キッズデザイン賞」を受賞しました。

「ワールドライブラリー」は絵本を通じて、子どもたちに世界を紹介しようという新しい取り組み。子どもたちが集まる空間に世界中の絵本を設置することで、子どもたちと世界を繋ぐ時間を提供する活動です。

厳選した世界の絵本を日本語に翻訳し、定期的に(レギュラープランの場合:月1回)ラインナップを変えて届けると同時に回収、メンテナンスまで行うレンタルプログラムとなっています。

絵本のセレクトは、各国の大使館に協力を仰ぎ、世界中の出版社と直接契約しているため、ワールドライブラリーでしか読めない絵本を届けることができるのが特徴です。

また、レンタルする絵本は、一定期間が経過してレンタル商品としての活用が難しくなった場合、絵本として価値があるものは開発途上国や地域の子どもたちに寄贈する予定です。

「キッズデザイン協議会」は、次世代を担う子どもたちの安全・安心の向上と、健やかな成長発達につながる社会環境の創出のために、経済産業省と有志による企業や団体が業種を超えて集い合うNPOです。

同協議会が主催している「キッズデザイン賞」は「子どもが安全に暮らす」「子どもが感性や創造性豊かに育つ」「子どもを産み育てやすい社会をつくる」ための製品・空間・サービスで優れたものを選び、広く社会へ伝えることを目的としています。子どもが使う製品はもちろん、大人・一般向けに開発されたものでも、子どもや子育てへの配慮があれば応募可能です。日用品から住宅、街づくり、ワークショップ、調査研究まで幅広い分野が対象となっています。受賞作品には「キッズデザインマーク」の使用が認められます。

ーーBackstage from “ethica”ーー

小さいうちは絵本の重要性なんてもちろん知らないものですが、大人になると絵本がいかに幼少期の自分の感受性を育てていたのか、特に同じお話を大人になってから読み返すとつくづく思い至ったりしますよね。そうするとオトナとしては、「子どもにたくさん絵本を読んでほしい!」となるわけですが、世界中の絵本を提供できる「ワールドライブラリー」の環境はまさに願ったり叶ったり。ちなみに、日本の絵本だってとても評価が高く、その翻訳がないことを不満に思うファンは世界中にいるみたいですよ。世界のどこかに逆の試みをして、日本を紹介する団体があってもいいものだとつい思ってしまいます。

ペンネーム:M. M.

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
自分の体験を、自分の言葉で伝えていきたい 【三原勇希・後編】
sponsored 【 2018/7/31 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さんに、ethica編集長・大谷がインタビュー。前編では三原さんの生い立ちや性格についてうかがいました。後編では、引き続きラジオDJのお話や、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを視察したボルネオ...

次の記事

MTVが、リオデジャネイロオリンピック・パラリンピックの「NHK放送テーマソング」に決定した安室奈美恵の新曲「Hero」のミュージックビデオを7 月21 日(木)~22 日(金)に独占先行放送
卵・牛乳・白砂糖、さらに小麦も使用しない京都「MUSUBI-CAFE’S GALLERY」の「ココロとカラダにやさしい」スイーツ 7月23日(土)、24日(日)、「HandMade In Japan 2016」(東京ビックサイト)に出展

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます