夏の1日、都会のど真ん中に残る歴史ある日本庭園で「グランピング」体験を7月29日(金)、八芳園でグランピング体験イベント開催
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
夏の1日、都会のど真ん中に残る歴史ある日本庭園で「グランピング」体験を7月29日(金)、八芳園でグランピング体験イベント開催

写真提供:八芳園

八芳園では、7月23日(土)からスタートしている夏のイベント「八芳園Summer Festival 2016 粋」の中で7月29日(金)、日本庭園の自然を感じながら、いろいろなワークショップで楽しむグランピング体験イベントを開催します。

「グランピング」とは、グラマラス(glamorous)とキャンピング(camping)を掛け合わせた造語。施設が提供してくれるキャンプなので、自分たちでテントを張ったりする必要もなく、気軽に贅沢なキャンプを楽しむことができるのが大きな特徴です。この夏、注目のアウトドアレジャーといえるでしょう。

イベント当日は、1975年に大阪で創業、「Light & Fast」「Function is Beauty」をコンセプトにテント、バックパック、寝袋、登山靴、レインウェア等各種アウトドア商品を扱うアウトドア総合ブランド「モンベル(mont-bell)」とコラボした巨大なドーム型テントが日本庭園に出現。この秘密基地を根城に、多彩なワークショップにチャレンジしていきます。

昼の部(14時~17時)は子どもも一緒に家族揃って楽しめるワークショップを開催します。

南部鉄器を使って家族で1つの大きなパンを作る「南部鉄器タミパンでつくるパンづくり」や京都からやってきた「鴨茶の冷やし抹茶づくり」、さらには「大川の木のスプーンづくり」、を体験しながら、自然の中で美味しいおやつ時間を過ごします

夜の部(19時~22時)は、ちょっと大人なワークショップをプラス。
八芳園の料理長・パン職人が教える「南部鉄器タミパンやダッチオーブンでつくる野外料理教室」、京都小川珈琲のバリスタが教える「美味しいコーヒーの淹れ方教室」で過ごした後は、ビュッフェ料理を味わいながら、「日本のクラフトビール飲み比べコーナー」で話題のクラフトビールを楽しむもよし、冷やし抹茶で涼むもよし。最後は全員で群馬やまと花火の線香花火での小さな花火大会を開催します。

ご夫婦や恋人と、あるいは会社の同僚とアウトドアに興じながら、普通のお祭りとは少し違うアクティブな夜が過ごせそうです。

ーーBackstage from “ethica”ーー

最後にキャンプをしたのはいつかなぁ、と思うと、もしかしたら10年くらい遡ってしまうかもしれません。どうしても力作業や汚れ作業を伴う、女性だけでは安全面が不安など、なかなか気軽にできなかったりするんですよね。おしゃれな場所でご家族で、ご友人と、前準備も後片付けもしないで、夏の思い出作りに「グランピング」。最高かもしれません!

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

腕時計が決める「第二印象」とは?「あなたは、ちゃんとした腕時計を持っていますか? それとも、スマホで時間を見ちゃっていますか?」 世界文化社の女性誌「LaLa Begin」8・9月号がオトナ女子の腕時計の選び方を大特集
「スポーツ・文化・ワールド・フォーラム」新アンバサダー3名(遠藤信博氏・櫻田謙悟氏・片野坂真哉氏)が馳浩文部科学大臣との座談会に出席 【特別対談】 松井秀喜さん × 馳文部科学大臣 文部科学省YouTubeチャンネルでの映像配信中!

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます