ティファニーがグレース・コディントンさんとともに贈るブランド広告キャンペーン「レジェンダリー スタイル」の最新情報
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
ティファニーがグレース・コディントンさんとともに贈るブランド広告キャンペーン「レジェンダリー スタイル」の最新情報

写真提供:ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク © Tiffany & Co.

“Some Style is Legendary”(「そのスタイルは、伝説になる」)−−これこそ、今秋ティファニーが世界に贈る広告キャンペーンのテーマです。

ティファニーが誇る素晴らしいジュエリーコレクションと、美と才能あふれる様々なセレブリティたちをフューチャーした今回の広告キャンペーンは、2012年に創業175周年を迎えたティファニーの色褪せない魅力を存分に示す内容となるでしょう。

写真提供:ティファニー・アンド・カンパニー・ジャパン・インク © Tiffany & Co.

ティファニーとともにこのキャンペーンを手がけるのは、50年近くの歳月をアメリカ・ヴォーグ誌に捧げてきた同誌の元クリエイティブ ディレクター、グレース・コディントンさん。若い時は自身もヴォーグ誌の表紙を飾る人気モデルであった彼女、交通事故でモデル業を辞めた後に同誌の編集部に抜擢され、その類い稀なセンスを惜しみなく発揮。ヴォーグ誌に数々の新風を送り込んだ(『プラダを着た悪魔』のモデルともいわれる!)アナ・ウィンター編集長の右腕として活躍しました。ヴォーグ誌を引退してから初めて手がけるブランド広告キャンペーンです。

「ティファニーは、有名なブルー ボックスと共に、常に私にとってスペシャルな意味をもつブランドであり続けています。私にとって、これは単なる広告キャンペーンではありません。ユニークな才能をもつ被写体を写したモダンなポートレートを通して、伝説的なラグジュアリーブランドを表現する機会です。」(グレース・コディントンさん)

グレースさんらによって選ばれたキャストたちは、ユニークでスペシャルなスタイルアイコンでいると同時に、ティファニーを象徴するデザインを身にまとい、1人1人のスタイルとアイデンティティの両方を表現しています。

このキャンペーンを拝むことができるのは、今年9月、雑誌やその他デジタルメディアにて。

セレブリティの顔ぶれや、ジュエリーもさることながらお洋服のデザインなど、今秋までますます期待に胸が膨らみます。
移りゆく社会の変化と共に変化を続けるティファニーの、変わることのない芯の美意識に触れる事ができる豪華な機会。ぜひお見逃しなく!

ーーBackstage from “ethica”ーー

今回執筆するにあたって遅ればせながら学んだのですが、TBS火曜ドラマ『せいせいするほど、愛してる』ティファニーとコラボしていたんですね〜!通勤中の電車内ビジョンでいつも見かけていたのですが、俄然興味が湧きました。日の光のような凛としたブルーに憧れっぱなしのティファニーですが、意外とカジュアル&アクティブに展開していて、身近に感じられるきっかけとなりそうです。あと、ティファニー初ドキュメンタリー映画『ティファニー ニューヨーク五番街の秘密』も秋公開予定らしいじゃないですか。今年は大ボリュームでファッションの秋を楽しめそうです!

ペンネーム:M. M.

ーーPLAYBACK ETHICAーー

ティファニーがアメリカ・ヴォーグ誌元クリエイティブ・ディレクター、 グレース・コディントンさんと初めてコラボレーション

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

“サラダ”はお好きですか? “好き“とお答えのあなたに嬉しい情報をお届けします。 恵比寿駅近くの駒沢通り沿いにサラダ専門店「GREEN BROTHERS」がオープン!! ethica潜入リポート 食通の皆さんも店舗の雰囲気やサラダに大満足。皆さん、思わず笑みが…
竹下景子さん、知花くららさん、初対談。情報や思いをシェアすることから始めよう。 国連WFP視察報告会「竹下景子×知花くらら~私たちにできること~」開催ルポ(後編)

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます