物より思い出! 今年は体験をクリスマスプレゼントにしてみてはいかが? エシカが贈るXmas2013 VOL.4
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
物より思い出! 今年は体験をクリスマスプレゼントにしてみてはいかが?

ステキな品物を見繕ってプレゼントしあう。そういうクリスマスプレゼントももちろんとてもステキです。でも、物にあふれたこの時代、もっと別の形のプレゼントがあってもいいのではないでしょうか。ethicaから、新しいプレゼントの方法として、「体験」をプレゼントすることをご提案します。

体験するとわかること

 中にはまだ昼なのに電燈がついてたくさんの輪転器がばたりばたりとまわり、きれで頭をしばったりラムプシェードをかけたりした人たちが、何か歌うように読んだり数えたりしながらたくさん働いて居りました。

 ジョバンニはすぐ入口から三番目の高い卓子(テーブル)に座った人の所へ行っておじぎをしました。その人はしばらく棚をさがしてから、

「これだけ拾って行けるかね。」と云いながら、一枚の紙切れを渡しました。ジョバンニはその人の卓子の足もとから一つの小さな平たい函(はこ)をとりだして向うの電燈のたくさんついた、たてかけてある壁の隅の所へしゃがみ込こむと小さなピンセットでまるで粟粒ぐらいの活字を次から次と拾いはじめました。(中略)

 ジョバンニは何べんも眼を拭ぬぐいながら活字をだんだんひろいました。

(宮沢賢治『銀河鉄道の夜』より)

 引用したのは宮沢賢治作『銀河鉄道の夜』の序盤、主人公のジョバンニが、印刷会社で活字拾いをするシーンです。ジョバンニの働いている工場は活版印刷工場。今や印刷は、パソコンで文字をさらさらと入力し、行間などを調整して印刷マークをクリックすれば、家庭でも簡単にできます。印刷会社でも、パソコンで作ったデータを使って、印刷機を回しています。

しかし、かつて印刷は一文字ずつ独立したハンコ状の活字を、一文字一文字集め、それを希望の行間や字間になるように組み、印刷機を回す、非常に手がかかったものでした。

こういった「知識」を持つと、ジョバンニの活字拾いのシーンを読んで「大変そうだな」という想像はつくかもしれません。しかし、それを嗅覚や触覚、周りの雑音まで含めて豊かに思い浮かべることができる人は、少ないのではないでしょうか。

でも一度、活版印刷を体験してみると……

 

まず、印刷所に入ったとたんに、インクのきりっとした香りが鼻孔に届きます。印刷機が回る小気味よい音が聞こえてきます。そして、説明を受け活字を拾い始めると、活字の小ささに驚かされます。9ptの活字の大きさは数ミリ四方×数センチ。でも鉛製の活字は大きさの割には頼もしい重さです。ハンコのように鏡文字に作られた活字を、間違わないように探し出して集めるのは一苦労。活字を落としたり、順序がバラバラになったりしないように扱うのにも神経を使います。

活版印刷では、その活字を印刷する形に組むのも手作業。パソコンなら「なんかおかしいな」とスペースキーを押したり、時間・行間を調整する操作をしたりするだけ。でも活版印刷だと、印刷しない部分にはスペース用の板や活字を隙間なく入れたりする必要があり、調整も大変。また、印刷機に版を固定し、紙の希望した位置に印刷するのも熟練のワザが必要です。

手をかけている分、いざ印刷するときの誇らしさったらありません。「やっとできたー」とうれしくなります。刷り上がったものへの愛着もひとしお。活版印刷で新聞や書籍を作っていた時代の印刷物の貴重さが胸に迫ってきます。

 

こういった体験をしたあとで『銀河鉄道の夜』を読むと、ジョバンニの生活が一気にリアルになるのではないでしょうか。

 

さまざまな体験は、もちろん文学作品を読むときだけに役立つわけではありません。そしてどの体験が、どんなときに生きてくるかは予想がつくものではありません。でもはっきりいえるのは、座学で得た知識よりも、体験で得た知識のほうが、はるかに濃いということ。五感を全て使っているために、情報量は圧倒的に多いのです。

 

「体験」の価値を考え尽くしたSow experience

この活版印刷体験は、Sow experienceという体験ギフトの会社が商品化しているサービスの1つ。活版印刷を行なう(株)ALL RIGHTのオールライト工房で、名刺やショップカードを活版印刷で作ってみるというサービスです。

Sow experience代表、西村琢さんは「人生は経験の組み合わせ。良い経験もそうでない経験も、人生を豊かにします。」と語ります。

西村さんは、学生時代にイギリスのSF作家ジョージ・オーウェルの『1984』 を読んで、そこに描かれている、個人が自由に意思をもつことは許されず、思想はすべて監視されるという未来予想図の暗さに「未来はもっと明るくできるはずだ」と、ずっと考えていたそう。

また、コンピューター社会になり、駅で階段はがら空きなのにエスカレーターや動く歩道ばかりが利用されているのを見て、西村さんは「技術が進化する一方で、人間がより退化する方向に進んでいる」と危機感を感じていました。

学生時代にテニスサークル、海外旅行、アルバイト以外の体験をしたいと投資を始め、学生投資家として企業に話を聞きにいったり、別の学生投資家との繋がりをもったりした経験から、「日々の過ごし方は誰かの提案、意思で変わる」「小さなきっかけから、いろいろな体験を作り出すことができる」といった実感を持っていた西村さん。楽しさと身体性を同時に満たすことで、未来を明るくしたいとSow experienceを立ち上げました。

その想いは、Sow experienceの商品によく表れています。以前にethicaでも紹介した仕事旅行社のサービスが利用できるパッケージがあったり、盲目の方に案内されて完全な暗闇を体験するダイヤログ・イン・ザ・ダークのサービスが利用できるパッケージがあったり。2人で体験を利用できるパッケージなんていうものもあります。

 

西村さんのオススメはキャニオニング体験。「学校で習う全教科の要素が入っているのではないかと思うほどの良質な体験ができるはずです。終わった後、体験したことをうまく表現する言葉が見当たらないかもしれません。でも、そういった経験こそ、価値があると感じています。」

 

Sow experienceについて詳しくはこちら:http://www.sowxp.co.jp

女性向けのサービスを研究し続けるエクスペ

通信販売のフェリシモは、女性ならではの視点でサービス内容を考えた体験ギフト「エクスペ」を提案。フェリシモの商品開発から見えてきた20〜40代の女性が喜ぶ要素をギュッと詰め込んだ体験ギフトサービスを企画しています。

 

 

例えば、人気の特別企画商品が「巫女・篆書(てんしょ)体験」。巫女さんとしての1日を体験するサービスです(今シーズンは12月6日開催)。

 

「巫女・篆書体験」の内容は以下の通り。京都の重要文化財に指定されている松尾大社で、まずは本物の巫女さんに白衣と朱色の袴を着付けていただきます。そして神主さんにお祓いをしていただいた後、篆書と呼ばれる、約1100年もの間、秘密にされてきた神聖文字で「愛」という文字を習い、毛筆で文字をしたためます。昼食をいただいた後は、巫女体験と境内見学。雅楽や巫女の舞観賞(希望者には実技指導も)などを経験することができるのです。

変わり種だと、最近女性に人気の落語の体験も。なんと3日間、江戸落語の弟子入りを体験できるのです。参加者はみな真剣に学び、3日目にはお披露目の会まで行ないました。10月12〜14日に開催された古今亭志ん輔師匠による講座の様子はYoutubeでもダイジェスト版で公開されています。

 

その他、人気のフラワーアーティスト岡本典子さんと一緒にフラワーヘッドドレスを作る体験や、モデル体験、プリザードフラワー作り体験、カリグラフィー体験、そして定番人気のエステやスパ体験など、エクスペには女性の喜ぶ体験ギフトがいっぱいです。

 

エクスペについて詳しくはこちら:http://www.expe-plus.com/

「いくら人から聞いても、自分で見なければ本当のことはわからない。『百聞は一見にしかず』だよ」と幼い頃に言い聞かされた人も多いのでは? ぜひその言葉を思い出して、クリスマスプレゼントに「体験」を贈ってみてはいかがでしょうか?

FelixSayaka

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

<”祝”ユネスコの世界遺産> 手巻き寿司を通した食文化交流のお話し Mayu’s Kitchen×ethica from paris  ~私によくて、世界にイイ。フランスと日本の食文化をパリからお届け~
エシカ的クリスマスコフレは、“ナチュラル・オーガニック”で選ぶ! エシカが贈るXmas2013 VOL.5 <PR企画>

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます