今年は日本・イタリア国交樹立150年のアニバーサリーイヤー!小松菜奈とVarvara Shutovaがカバーを飾る『VOGUE JAPAN』9月号別冊「ITALIAN Lifestyle in Japan」でイタリア最新情報を紹介 日本の歴史に残る名所、東京・三田のイタリア大使館を舞台に、日本とイタリアの素敵な関係を演じる映像も公開
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
今年は日本・イタリア国交樹立150年のアニバーサリーイヤー!小松菜奈とVarvara Shutovaがカバーを飾る『VOGUE JAPAN』9月号別冊「ITALIAN Lifestyle in Japan」でイタリア最新情報を紹介

『VOGUE JAPAN』9月号(2016年7月28日発売)別冊付録  (左)小松菜奈、(右)バーバラ 画像提供:コンデナスト・ジャパン

今年2016年は1866年8月25日に日本とイタリアが日伊修好通商条約を調印し、国交を樹立してからちょうど150年に当るアニバーサリーイヤー。それを記念して日本ではイタリアを紹介するイベントが、また、イタリアでは日本を紹介するイベントが予定されており、日伊国交150周年記念公式イベントをはじめとする情報は在日イタリア大使館運営のサイト「イタリーインジャパン」で、イタリアで開催される日本関連イベントは、在イタリア日本国大使館の日伊国交150周年公式ウェブサイトのイベントカレンダーで確認できます。

そうした中、世界で最も影響力のある女性ファッション誌『VOGUE』の日本版『VOGUE JAPAN』9月号(7月28日発売)には、日本とイタリアの国交150年を記念した別冊「ITALIAN Lifestyle in Japan」がつき、そこでは私たち日本人が愛してやまないイタリアのファッション、フード、トラベルなど、最新の「美味しくて美しい」イタリア的ライフスタイル情報の数々を紹介しています。

別冊のカバーガールは、女優でファッションモデルの小松菜奈さん。イタリア大使館で特別に撮影された貴重なファッションストーリーのメイキング動画やイタリアについての10の質問ビデオはこちらからご覧いただけます。

『VOGUE JAPAN』9月号(2016年7月28日発売) 画像提供:コンデナスト・ジャパン

ーーBackstage from “ethica”ーー

イタリアといえばやっぱり靴!イタリアの靴は最高ですよね。ゴージャスなお洋服は筆者には上級すぎますが、靴はイタリア製しか買いません。動画でも小松菜奈さんとバーバラさん、かわいい靴を履いていらっしゃいます。ソファであくびしているのが最高にかわいいですね!『VOGUE』らしいヴィヴィットな色合いが夏にぴったりです。

ちょっとイタリア大使館ってどこかしらと調べてみたら、やはり大使館のメッカ麻布近隣・三田にありました。落ち着いた風格漂う、歴史を感じる建物がすてきです。大使館って実は催し物の時には気軽に入れるんですよね。お洋服のコードは大使館によってさまざま。気になる憧れの国の大使館には、思い切って出かけちゃいましょう!

ペンネーム:M. M.

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

竹下景子さん、知花くららさん、初対談。情報や思いをシェアすることから始めよう。 国連WFP視察報告会「竹下景子×知花くらら~私たちにできること~」開催ルポ(後編)
エシカが注目する女性シンガー「Ryu Miho」さん、”JAZZY POP” な新作「Call me」7月27日リリース (前編)知的でセクシーな女性JAZZY-POPシンガーの約3年振り、待望の新作。

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます