自称「アホな大阪人」とベルギーの世界的有名絵本作家がコラボした世界一「おもろい」絵本「センスええこにそだつ本やで~!」 Pick Up! PR 『ニャゴまるのノリノリ! りょこういこか~』『ニャゴまるのあっちゃこっちゃ くるまでいこか~』発刊
Pick Up! PR
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
自称「アホな大阪人」とベルギーの世界的有名絵本作家がコラボした世界一「おもろい」絵本「センスええこにそだつ本やで~!」

画像提供:株式会社 学研プラス

学研ホールディングスのグループ会社、学研プラスは、日本初のとってもキュートな「見る絵本」として「センスええこにそだつ本やで~!」シリーズ『ニャゴまるのあっちゃこっちゃ くるまでいこか~』、『ニャゴまるのノリノリ! りょこういこか~』を発刊しました。

画像提供:株式会社 学研プラス

主人公のニャゴまるくんは好奇心いっぱいの、素直でおちゃめな男の子。
『ニャゴまるのあっちゃこっちゃ くるまでいこか~』では、ニャゴまるくんが大好きなパパと一緒に車に乗ってドライブに出かけます。町を走る車たちは、色鉛筆でできたハリネズミカーや魚が泳いでいる車など、どれもこれもミョウでおもろいデザインばかり。あっちゃこっちゃに発見するおもしろネタに、なぜか大阪弁でツッコんで笑って驚いて……。ニャゴまるくんと一緒に空想のドライブが満喫できる1冊です。

画像提供:株式会社 学研プラス

『ニャゴまるのノリノリ! りょこういこか~』では、ニャゴまるくんがパパと一緒に飛行機に乗って南の海へ旅行します。初めて来た広い空港の中は、わいわいがやがや。あちこちから聞こえてくるテンポのよい、なぜか全て大阪弁の会話にページをめくる手も思わずノリノリに! 空港の中のカラフルなお店や登場するキャラクターたちがかわいくて、空港が初めての子も夢中になること間違いなしです。

画像提供:株式会社 学研プラス

画像提供:株式会社 学研プラス

本書の著者であるベルギー人のトム・スカンプ氏は、世界中で翻訳出版されている人気絵本作家です。美術大学卒業後、ポーランドでグラフィック・アートを学び、絵本だけでなくポスターやハガキ・おもちゃ・切手なども制作するマルチな才能の持ち主です。

そんな彼の絵本に、ユニークな大阪弁で日本独自の文をアレンジしたのは、大阪で某有名保育園の保育士、園長を務めた経験もある寿太郎氏。アレルギーを持つ子のために卵と乳製品を除いた給食を開発したり、遊び心いっぱいの「オープントイレ」でキッズデザイン賞を受賞するなど、子供の笑顔のために日々奮闘している、自称「アホな大阪人」。実にキャッチーな2人がタッグを組んだこの本には、自然とわが子が「センスええ子」だって思えてくる、ゆかいでふざけた仕掛けがいっぱいです。

画像提供:株式会社 学研プラス

■センスええこにそだつ本やで~! ニャゴまるの あっちゃこっちゃ くるまでいこか~(学研出版サイト)
http://hon.gakken.jp/book/1020431300

■センスええこにそだつ本やで~! ニャゴまるの ノリノリ! りょこう いこか~(学研出版サイト)
http://hon.gakken.jp/book/1020431400

ーーBackstage from “ethica”ーー

この本を読んだら、子供たちはセンスの前にツッコミの能力を身につけてしまうのでは!?と思いましたが、すみませんでした。とってもおしゃれで、文字通りセンスの良い絵本でした。(笑)

ヨーロッパらしい多国籍感あふれるモチーフと明るくてはっきりとした色調で、そのままテキスタイルになりそうなビジュアルです。細やかな部分まで描き込まれているので、指差しして隅々まで楽しむことができますね。語学は小さいうちからといいますが、大阪語の英才教育にもうってつけです。お子様のお気に入りの絵本に加えてみてはいかがでしょうか?

ペンネーム:M. M.

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

ニュージーランド航空からプレゼントキャンペーンのお知らせ!航空券・宿泊費・現地マラソン参加券が当たるかも!「クイーンズタウン国際マラソンへのペア参加権付きニュージーランド旅行」 Pick Up! PR
コンセプトは「粋な江戸の食文化を楽しむ」今年11月下旬、JR両国駅に複合飲食施設「-両国- 江戸NOREN」開業

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます