子どものころになりたかった職業を、1日体験してみませんか?
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
子どものころになりたかった職業を、1日体験してみませんか?

みなさん、子どものころになりたかった職業に就いていますか? 花屋さん、デザイナー、ケーキ屋さん…… 旅行に出かけるように、子どもの頃になりたかった職業を1日体験できるとしたら、やってみたくはありませんか?

子どもの頃に夢だった職業を体験する旅

合同会社仕事旅行社が提供するのは、「花屋さんになる旅」「落語家になる旅」「鍛冶屋さんになる旅」「眼鏡職人になる旅」など、日帰りで特定の仕事についてみる体験ツアー。このツアーを利用すれば、子どものころの夢の職業を、実際にやってみることができます。

たとえば「バッグデザイナーになる旅」。こちらのツアーでは本職のバッグデザイナーのアトリエで、デザイナーに教わりながらオリジナルのカードケースを作る体験ができます。「イルカトレーナーになる旅」では飼育方法を学んだり、トリックを訓練したりすることができます。

特殊な仕事を体験してみる旅

ちょっと変わった仕事もあります。たとえば「特殊メイクアーティストになる旅」。日本でトップクラスといわれる特殊メイクのメイクアップアーティストが指導するツアーで、参加者同士がペアになり、指導を受けながらお互いをゾンビに変身させていくのです。

プロの指導でどんどん互いの顔が変わっていくのは非常におもしろい体験。参加者同士で非常に仲良くなり、ゾンビのまま飲みにいってしまうような盛り上がりを見せるときもあるそうです。

手作り好きのみなさんは、手作りフライパンを作る体験ツアーはいかが? 鍛冶屋さんの体験では、夏場は立っていられないほどの熱い炉の前で真っ赤に熱せられた鉄をたたき、フライパンに成型する体験ができます。

鍛冶屋職人さんの仕上げを経てできあがったフライパンは、お土産として後日届けてもらうことが可能。手作りグラスや手作りのお皿はよく聞きますが、手作りのフライパンを持っている人はなかなかいないはず。お料理をするのが楽しくなる、自慢の道具になりそうです。

自分の仕事に役立てられるような仕事の旅も

こういったおもしろいツアーがある一方で、自分の現在の職業に役立てられそうなツアーも。「ブランディングディレクターになる旅」や「PR会社で働く旅」など、オフィスで仕事をする上でも役立ちそうな知識を得られるツアーもあります。

また、ツアーによっては今後その仕事につきたいと思う人に向けたものも。ツアーに「弟子入り」というアイコンが付けられたものはツアー終了後にインターンや就職をすることができるチャンスがあるのです。

「仕事旅行」に込められた想い

この「大人版キッザニア」とでも言えるような仕事旅行社は、どんな想いから経営されているのでしょうか。代表の田中さんにお話を聞いてきました。

「個々の仕事には、それぞれの『世界』があります。その仕事をしている人の間では当たり前のことが、別の仕事をしている人にとっては不思議だったします。

外国を旅すると発見があったり、逆に日本の良さを確認したりしますよね。そういった旅行をするのと同じ感覚で、『自分の知らない仕事の世界』を体験できたらカルチャーショックを受けるな、おもしろいなと、単純に思ったのです。」

田中さんは楽しそうに語ります。もともと金融系の企業に勤めていた田中さんが仕事旅行社を立ち上げたのも、とある企業のオフィスを訪問して、カルチャーショックを受けた経験が根底にありました。

「その企業のオフィスでは、全員がカジュアルな服装をして、雑談を交わしたり、歌ったりしながら仕事をしていたのです。同じオフィスワークでも、自分のいた金融系の企業とは大違い。そういうフランクな職場があるという知識はあったのですが、実際に体験してみると見えてくるものが違いました。知っているのと体験するのでは大違いだと思いました。」

仕事旅行で人生をさらに豊かに

「例えばアメリカに行って日本の良さを再認識する人もいれば、アメリカに行ってアメリカが大好きになって移住を考える人もいます。また、アメリカにショッピングを目的に行く人もいれば、アメリカの自然を見に行く人もいます。いろいろな目的から旅に出て、旅を通じて感じたことや考えたことも人それぞれに違います。

同じように『仕事旅行』も転職を考えて参加しても良いし、単純に楽しそうだから参加するのでも良い。『仕事旅行』をした結果、自分の職業の良さを再確認しても良いし、自分の仕事にいかせることを学んでも良いし、体験した職業に惚れ込んで転職しても良いと思うんです。

とにかく、旅としていつもと違う『仕事』を楽しんで行い、人生をさらに豊かにしてもらえたらいいなと思います。」

と、田中さんは言います。

今後も仕事旅行社では能楽師」、「フェアトレードの会社」、「メイクアップアーティスト」など、様々な体験ツアーを企画していきたいとのこと。

経験しないとわからない仕事の世界はたくさんあります。夢だった仕事が、実は大変だということがわかるかもしれません。でも、体験することで、きっと何か新しい気付きが得られるはず。皆さんも、次の旅行は「仕事旅行」に行ってみませんか?

取材協力=合同会社仕事旅行社 田中翼さん

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

FelixSayaka

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
自分の体験を、自分の言葉で伝えていきたい 【三原勇希・後編】
sponsored 【 2018/7/31 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さんに、ethica編集長・大谷がインタビュー。前編では三原さんの生い立ちや性格についてうかがいました。後編では、引き続きラジオDJのお話や、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを視察したボルネオ...

次の記事

初秋の京都に“オリジナル苔アート”が登場。苔の名所5寺院で展示された「モシュ印」&「コケ寺リウム」を観て巡る旅を。“そうだ 京都、行こう”
DIYで古い部屋をオシャレに楽しく! 3つの簡単アイデア

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます