ヨーロッパで感じたエシカルライフスタイル エシカリスタVol.10 INHEELS共同代表 岡田有加さん
Blog
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram

ヨーロッパで感じたエシカルライフスタイル

突然ですが、「ロンドン発」エシカルファッションブランドINHEELSの共同代表の片割れはイギリスのロンドンにいます。私、岡田が日本担当、もう一人の共同代表大山はロンドンに住みヨーロッパを中心にINHEELSの活動を行っています。ということで、先日は撮影等のためにロンドンに行ってきました。

ロンドンに久しぶりに行って思ったことはまず、「自分の力で生きている感じがする!」ということ。日本のように色々なことが便利になっておらず、自分の力で解決しなければいけない問題が常にある感じがします。例えば家の修理も自分で何とかしなければいけないし、交通機関も日本ほど頼れないし・・・。たまに面倒ですが、生きている実感が持てるのも確かかも。

そしてもう一つ思ったことは、「エシカル」という価値観がライフスタイルに浸透しているということ。INHEELSの「エシカル」という部分をどのように皆様にご紹介していくか、というのはいつも私と大山が意見を交換しているトピックなのですが、ヨーロッパではあまり「エシカル」をアピールしなくてもいいかもね、ということになっています。というのは、そもそも目新しい価値観ではないから。日々環境になるべく負荷をかけないように生活し、何か人の役に立つことができる機会があるのならする、というのは特に「エシカルなことしてます!」と考えるまでもなく昔から実践しているライフスタイルなのかもしれません。日本にも特有のモノを大切にする文化はあると思いますが、ヨーロッパではまた違った生活の気遣いを見た思いです。(ちなみに滞在中、実は大山が結婚式を挙げたのですが、それこそ究極のエシカルウェディングでした。これについては後で記事にできればと思います。)

今回のヨーロッパ滞在では、イギリスの他にオランダのアインドホベンという街にも友人のデザイナー、ダニエラ・パイスに会いに行きました。そこでも「エシカル」の新たな側面を再確認しました。ダニエラはサステイナブルファッションブランド、Elementum (http://www.luxuryistohavesimplethings.com/) のデザイナー。Elementumのキャッチコピーは“Luxury is to have simple things”(贅沢とは、シンプルなものを持つこと)。ベイビーアルパカやオーガニックコットン等素材にこだわるのはエシカルファッションの王道ですが、それ以外に彼女のブランドが面白いのがそのデザインコンセプト。まず布の端切れを出さないように、デザインはチューブ状のジャージかニット生地をカットするだけで生み出されます。(そう、縫製もないのです!)また、一つのデザインは自分次第でトップスとして、スカーフとして、スカートとして等、何通りにも着られるようになっています。(写真参照。Elementum SS14 Collection) ダニエラいわく「ものは一つでも、アイディア次第で沢山の使い道がある」ということを提示したかったのだとか。着る側が服の用途に積極的に関わり、結果的に少しの物を長く大事に使うことに繋がるダニエラのデザインは、エシカルファッションの幅を広げてくれます。フェアトレードとオーガニックコットンとリサイクルだけがエシカルファッションじゃないということを改めて実感しました。

たまにこうしていつもいる場所を出ると、新たな発見があって心がリフレッシュされますね。今回のヨーロッパ滞在で得たインスピレーションを糧に、引き続きINHEELSジャパン、頑張らなくちゃと決意を新たにしてきました!

—お知らせ―

現在表参道ヒルズ3Fにて期間限定ショップオープン中。

☆ 2014年1月13日(月)まで

表参道ヒルズ3F Omotesando Ethical Gift 内

INHEELS共同代表  岡田有加さん

千葉県銚子市出身、慶応義塾大学総合政策学部卒業。大学卒業後外資会計事務所系コンサル ティングファームにてM&Aコンサルタントとして勤務。退職後渡英、ロンドンにて大手フェアトレードファッションブランドのホールセールエグゼク ティブを勤める傍ら夜間学校にてファッションデザイン、パターンカッティング等を学ぶ。英Environmental Justice FoundationにてデザイナーTシャツコレクションの担当を経て、2012年セクシーxクールなエシカルファッションブランドINHEELSを共同 代表の大山と共に起業。2012年アシックス33DREAMSエル・オンライン賞、2013年ソーシャルプロダクツアワード受賞。

ホームページ

オンラインショップ

Facebookページ

Twitter: @Yuka_INHEELS

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

今年はエシカル大掃除! 不要品を捨てずにチャリティーにまわそう!
Step First, まずやってみよう! エシカリスタVol.11 Ethical Fashion Japan代表 竹村伊央さん

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます