高校生からのメッセージ エシカリスタVol.12 原田さとみさん
Blog
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram

高校生からのメッセージ

約1000枚の感想が届き、先ほど読み切りました。1000人の重み、そして一人一人からの積極的な未来への感想に、感激しています。先日、講演させて いただきました高校の生徒の皆さんからの「振り返りアンケート」です。私は、国際協力・フェアトレード・エシカルなど、、私の活動や仕事のお話をしまし た。高校生のみなさんにどこまで理解していただけるのかなと不安ながらもいつもの調子で1時間、体育館でお話ししたのですが、高校生、すごいですね!!ほ とんどのみなさんが私の伝えたい大事なことをちゃんと掴んでくださり、理解してくださり、「自分も行動してみたい!」という言葉を多くいただきました。
「このようなお話を聞くの初めて」とのこと、でもみなさん興味をもってくださり、「知らなかった途上国の問題が自分たちの暮らしと繋がっていることが分 かったので、フェアトレード商品を買いたい」とか、「ものを大切に扱いたい」とか、「JICAの青年海外協力隊員になりたい!」「ボランティアしたい」と か「誰も傷つけないものづくりを自分も応援し、考えたい」「自分も海外で人の役に立つ仕事がしたい!」などなど熱い心の動きを書いてくださり、感動です。 嬉しいです。ちょうど中学3年生の英語や、高校の経済や地理の時間など、各授業でいまやフェアトレードのコトが出てくるのですね。ですが、よくわかってな かったので、今回の講演で「とても理解できた」との声が多く。フェアトレードのお話をするには、高校生はぴったりだなと感じました。さらに私は「エシカ ル」もお伝えするのですが、2つの言葉に混乱することなく、新しいエシカルという概念を見事に理解してくださってて、新鮮だった「エシカル」ことに、興味 を持ってくれている生徒さんも多く、うれしいです!
未来を創る大事な子達です。こういう子ども達に世界のことを心に感じていただき、行動する人になっていただくように、こつこつと草の根で、お話を伝える活動を続けること、私達大人の使命ですね。この高校での講演で、確実に少し未来が明るくなったように思います。

原田さとみさん

エシカル・ペネロープ 株式会社 代表取締役/タレント/JICA中部オフィシャル・サポーター

モ デルデビュー後、名古屋圏を中心にタレントとして活動。パリ留学を経て、’99年から洋服のセレクトショップを経営。’10年にはフェアトレード&エシカ ル商品の輸入・販売・推進のためのエシカル・ペネロープ(株)を設立。環境にも人にも社会にも配慮した持続可能なエシカル・ファッションの普及活動や、ま ちぐるみでフェアトレードを推進するフェアトレードタウン活動に取り組む。国際協力機構JICA中部オフィシャル・サポーターとして、途上国へ視察渡航し 広報する任務とともに、エシカル&フェアトレードの品々で途上国をつなげる事業を展開中。

エシカルでいきましょ。

エシカル・ペネロープ

Facebook

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

ハーレー愛好家たちが作るボランティア団体「ハーレーサンタCLUB」 児童虐待防止を訴える「クリスマス・トイラン・パレード」開催
ジャミロクワイのエシカルな視点

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます