福山雅治さんがまさかのパパラッチ役!本日公開の映画『SCOOP』ロングインタビュー『AERA(アエラ)』『AERA STYLE MAGAZINE(アエラスタイルマガジン)』 『ethica(エシカ)』が選ぶ福山雅治さんベストソング3選をカウントダウン♪♪
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
福山雅治さんがまさかのパパラッチ役!本日公開の映画『SCOOP』ロングインタビュー『AERA(アエラ)』『AERA STYLE MAGAZINE(アエラスタイルマガジン)』

Photograph:Akinori Ito[aosora]、Styling:Hiromi Shintani[Bipost]、Hair & Make-up:Toshihiko Shingu [Surge] 写真提供:AERA STYLE MAGAZINE

ドラマ『モテキ』や『バクマン。』の大根仁監督最新作『SCOOP』、いよいよ本日(10月1日)公開ですね。先月庵野秀明監督『シン・ゴジラ』、新海誠監督『君の名は。』で映画館に足を運び、『SCOOP』のトレイラーももれなく拝見いたしました筆者です。

特大スクープを追う落ちぶれパパラッチ「都城静」と新人記者「行川野火」がタッグを組んで大事件に挑むこの物語は、「2016年最もスキャンダラスでスリリングな ”抱腹絶倒”・”仰天必至”・”超ハラハラドキドキ” 圧倒的エンタテインメント大作!」とのことで早くも期待大。

目玉は何と言っても、本来であればスクープ「される」側である福山雅治さんが、芸能スキャンダル専門のパパラッチ、都城静役で登場する点でしょう。

いずれも朝日出版社が展開するニュース週刊誌『AERA(アエラ)』2016年10月3日号と、メンズファッション情報誌『AERA STYLE MAGAZINE(アエラスタイルマガジン)』2016年秋号 [vol.32]にて、福山さんが映画『SCOOP』を切り口に、自らの仕事への考え方や生き方について語っています。アエラでは4ページにも渡って、またアエラスタイルマガジンではなんと4000字というボリュームたっぷりのロングインタビューです。

芸能界で活躍する福山さんにとって、本来であれば敵対する存在ともいえるパパラッチ。その役を演じることに「躊躇はなかった」と言う彼のプロフェッショナルな考え方に共感することがあったので、少しだけご紹介したいと思います。

さらには、独自企画として末尾に僭越ながら『ethica(エシカ)』が選ぶ福山雅治さんベストソング3選!をご紹介しますので、みなさまの秋の夜長のお供にご拝聴ください♪

蜷川実花さんが『AERA(アエラ)』の表紙を撮影

福山雅治さんは1969年生まれの日本のシンガーソングライター。作詞家、作曲家、編曲家、俳優、ラジオDJ、写真家、音楽プロデューサーとして各方面に多彩な才能を発揮し、様々な活動をされています。忘れられないのが去年9月、女優の吹石一恵さんとご結婚されて、日本中の女性がショックのあまり会社を休んだり主婦業を休んだりと大きな話題になりましたよね!

『AERA(アエラ)』の表紙を撮影しているのは、鮮やかな色彩と女性らしい毒々しさを感じさせる世界観で知られる写真家・蜷川実花さん。今年2016年の4月18日号から『AERA(アエラ)』の表紙写真を担当されているそうです。福山雅治さんを照らす赤と青の影が、静かな画面に蜷川さんらしい動的な雰囲気を映し出しているように感じます。

Photograph:蜷川実花 画像提供:朝日新聞出版

「出すからには売らなきゃいけない」数字にこだわる主人公には共感できる部分がある

男女問わず圧倒的な支持率を誇る福山さんは、当然ながら自身も恋愛問題を始め何度も週刊誌に取り上げられ、それらの記事の中には事実と異なる報道も少なくなかったそうです。

しかしインタビュー(アエラスタイルマガジン32号)にて福山さんは、「僕らの仕事はもともとメディアと共存せざるを得ないというか、共に発展してきた業種ですから。」と割り切った考え方を示しています。

仕事である以上、売らないと意味がない。売れないと意味がない。「福山雅治」というビッグビジネス、ビッグブランドで、視聴率や収支という数字にこだわるのは、福山さんにとってとても大事で、当然のこと。

「うまくいかなかったことも多々有ります」と言いながらも、「数字は、みんなが喜べるひとつの指標」と福山さん。

Photograph:Akinori Ito[aosora]、Styling:Hiromi Shintani[Bipost]、Hair & Make-up:Toshihiko Shingu [Surge] 写真提供:AERA STYLE MAGAZINE

数字にこだわることって、数字以外の部分を美化しがちな日本ではついつい敬遠されがちですが、プロとしてこだわらなければいけない、無視できない要素だということも事実です。主人公たちが次々とスキャンダルを暴いて部数を伸ばしていく『SCOOP』のストーリーの中に、「やはり、出すからには売らなきゃいけない」という福山さんが共感する部分があったのですね。

自分が好きなことを続けていくために、数字という一番リアルで確実なポイントを高める意識は、スポーツ選手がスコアにこだわるのと同じくらい純粋なものなのかもしれません。

他にも、ご自身の仕事で「数字」の壁にぶつかった経験など、福山さんの率直な仕事論を窺い知ることができる「アエラ」10月3日号と「アエラスタイルマガジン」32号、ぜひお手にとってみてくださいね。

『AERA (アエラ)』 2016年10/3号 【表紙:福山雅治】

発売日:9月26日(月)

定価:410円(税込)

https://www.amazon.co.jp/dp/B01M124PU0

 

『AERA STYLE MAGAZINE(アエラスタイルマガジン)』2016年秋号 Vol.32 【表紙:福山雅治】

発売日:9月24日(土)

定価:900円(税込)

https://www.amazon.co.jp/dp/B01KV6NDMO

 

 

福山雅治(ふくやま・まさはる)/1969年2月6日生まれ。長崎県出身。主な出演映画に『容疑者Xの献身』(08年)、『アマルフィ 女神の報酬』(09年)、『アンダルシア女神の報復』(11年)、『真夏の方程式』(13年)、『そして父になる』(13年)などがある

Photograph:Akinori Ito[aosora]、Styling:Hiromi Shintani[Bipost]、Hair & Make-up:Toshihiko Shingu [Surge] 画像提供:AERA STYLE MAGAZINE

『ethica(エシカ)』が選ぶ福山雅治さんベストソング3曲!

さて、数ある名曲の中からわずか3曲に絞るなんて無謀な試みは百も承知ですが、皆様にオススメのスリートップを厳選してみました♪♪

第3位 Squall (スコール)

まず第3位は、松本英子さんへ提供した「Squall」のセルフカバー。初の楽曲提供であり、また初のセルフカバーでもあります。松本英子さんへの提供曲とのことで女性目線の歌詞となっていますが、そのシンプルな言葉遣いとしっとりとしたメロディによって、何気ない日常が苦しいほど愛おしい、恋する女心が痛いほど伝わってくる名曲です。なんといっても男性である福山さんが歌うとこの歌の優しくて切ない雰囲気がいっそう増すように感じるのは、著者が女だからでしょうか。

ところで、野球選手の新庄剛志さんはこの曲を聴いてメジャーリーグ挑戦を決断したんですって。「どうして?」と聞き返されること請け合いですが、そんなエピソードとともにこの曲をご友人にお勧めするのもいいかもしれません。

第2位 IT’S ONLY LOVE

第2位は、言わずとも知れた名曲のひとつ。福山さんのシングル別累計売上枚数では桜坂やHELLOに次ぐヒット作品をご紹介。1994年発表なので、懐メロとして聴く方も多いでしょうか。プロモーションビデオの福山さんがお若くてドキドキしてしまいます!

「どうしてさ またひとつ 波が想い出さらって あふれる涙は IT’S ONLY LOVE」という歌詞の通り、男性が別れた恋人へ思いを募らせる切ない歌となっています。別れた後にやっと自分の本心に気づいて後悔しているような、そんな歌です。

 

 

第1位 桜坂

第1位には、BMG JAPANからの移籍第1弾作品で、発売元はユニバーサルビクター(現・ユニバーサルミュージック)、販売元はビクターエンタテインメントの「桜坂」。この曲が発表された2000年は福山さんのデビュー10周年でもありますが、ミレニアム世代にとってはきっと忘れることができない、思い出の一曲ではないでしょうか。

福山さん自身の実体験をもとにした、別れた恋人への想いを歌った曲だそうで、この曲が東京大田区の桜坂を有名にしたんだとか。桜の季節に別れてしまった恋人のことを思い出しながら、どこか遠くから今も大切に思っているよという、切ないけれど、あたたかい一曲です。

 

いかがでしたか?福山雅治さんは今年でデビュー26年目。発表したシングル曲は通算31曲!

音楽を聴く時間がないほど忙しいという方も、お気に入りの一曲をかけて疲れを癒してみてくださいね。

ーーBackstage from “ethica”ーー

久方ぶりに「桜坂」を聴いて、いろんな記憶が蘇ってしまいました!桜の歌は数あれど、16年前とは思えないキャッチーなメロディは今にも通じるのでは。ところで週刊誌で事実と異なることを書かれたとき、福山雅治さんはご自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組「BROS.TV」(東京FM)で逆にネタにしてしまったりするのだそうですよ。そういったフランクな人柄が男女ともに虜にする魅力となっているのでしょうね!

ペンネーム:M. M.

関連映像(YouTubeから福山雅治さんの名言をピックアップ。まさに仰る通り!)

「ラジオというものをテレビメディアで知った人の確認媒体として、ラジオを聴くということにはしたくない。ラジオはラジオとして独立した、面白いラジオ番組を作りたい。」(福山雅治)

ethica編集部 :ミミ

東京生まれ東京育ちのアラサーです。多摩美術大学卒業後、ディレクター業・イラストレーター業に従事。2016年よりethica編集部に参加。アート、旅、グルメ、ファッションのほか、歴史や教育などの社会的な出来事に関心があります。好きな街は青山とソウル。アメリカと中国に在住経験あり。現代人が輝けるライフスタイルを重視した記事を発信します!

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ミミ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
「ハロウィンからゴミをなくそう!」使った衣装のリメイクを水原希子さんらが提案
独自記事 【 2020/11/2 】 Home
毎年ハロウィンが各地で盛り上がりを見せる一方、利用されたハロウィングッズや衣装がその日限りで捨てられてしまうという大きな問題があります。そうした中、ハロウィンが終わった翌日の11月1日、オンラインイベント「メルカリ アフターハロウィンパーティ」が開催されました。(記者:エシカちゃん)
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
日本の良さを改めて実感!?  豪華舞台を楽しめる「日本博特別公演」の放映が決定!
独自記事 【 2020/6/15 】 Art & Culture
『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。 新型コロナの影響で、ライブでエンターテイメントを楽しむ機会はほとんどなくなっていました。ようやく再開への道筋は見えてきたものの、実際にリアルな場に出かけてイベントなどを楽しめるのは、もう少し先になりそうです。そんな中、「エシカル世代」にも人気の2.5次...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

栗原はるみさん創刊20周年! 20年分のレシピ集大成も見られる特別号をチェック! 今では手に入らない幻の創刊号『暮らしのレシピ』の復刻版もセットにした特別号
「TOKYO GOOD」を世界に発信!カトパンこと加藤綾子さんが司会進行『タイムアウト』伏谷博之社長と『BRUTUS』伊藤総研氏が対談 東京をより魅力的な都市にすることを目的とした『Tokyo Good Manners Project』

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます