Safia’s Fair Trade World Vol.3 ピープル・ツリー サフィア・ミニーさん ネルソン・マンデラ: 正義への運動は続く
Blog
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram

ネルソン・マンデラ: 正義への運動は続く

サフィアです。

数多くの人たちに影響を与えたマンデラ氏の考え方。
80年代に育った私は、彼の釈放を求めるために開催されたコンサートに出かけ、
南アフリカ製品をボイコットし、社会の人種隔離を修復しようとしてきました。

1990年に、当時独立したばかりのナミビアで親族の結婚式に参加し、
通りに出て踊ったのをよく覚えています。
それは、結婚式へのお祝いと独立したナミビアへの希望を込めたダンスでした。

ナミビアは何十年にもわたり、南アフリカに不法に占領されてきました。
マンデラ氏は、キャンペーンを展開する方法はじめ、
システムや貿易がいかに平等性や人権、
社会正義とつながっているかを教えてくれました。

時代の道義的な羅針盤として、マンデラ氏は、私たちのような特別ではない人間でも、
変化を起こすためには声を上げて活動すればいいのだ、ということを教えてくれました。
彼の影響を受けていない社会企業家は一人としていないでしょう。

民主主義と社会正義を実現するための道のりは長いです。
利益のみを重視する経済と金融の仕組みは、
基本的な人権が満たされ、
コミュニティを発展させるのに必要な収入を得るための機会を
人々から蝕んでいるのではないでしょうか。

マンデラ氏は、南アフリカで不可能だと思われていたことを実現し、
「テロリスト」から新たな国のトップとなりました。

社会の仕組みは変えられる — 私がマンデラ氏から学んだことです。

マンデラ氏へ、前向きで希望をあきらめない姿に心からの感謝を表したいと思います。
アンフェアでサステナブルではない現在の世界の権力構造を変えるために、
まさに今行動を起こしていきましょう。

ハフィントン・ポストのChristine de Leonの記事、
「マンデラ:バティック-スタイルのシャツの話はやめよう」をぜひ読んでみてください。

サフィア・ミニー

ピープル・ツリー/グローバル・ヴィレッジ代表

 

英国出身。90年に来日。環境・貧困問題に取り組むNGO「グローバル・ヴィレッジ」と、フェアトレードのブランド「ピープル・ツリー」の代表。

04年シュワブ財団により「世界で最も傑出した社会起業家」の一人に選ばれる。09年イギリス政府より大英帝国勲章第5位(MBE)を受勲。

著書に「おしゃれなエコが世界を救う  〜女社長のフェアトレード奮闘記〜」(日経BP社)、(幻冬舎ルネッサンス)、「NAKED FASHION -ファッションで世界を変える- おしゃれなエコのハローワーク」(フェアトレードカンパニー)ほか。

 

HP:ピープル・ツリー

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

エシカルは未来の贅沢 Vol.5 ファッション・ジャーナリスト 生駒芳子さん エシカル・ファッション最前線~10代、20代の考える未来のファッション~
年末年始のお呼ばれに、ひと味ちがった『日本の伝統製法』のお取り寄せギフトはいかがですか?(オーガニックコンシェルジュ・鈴木麻里さんのお勧めの品) 「女子会」「友人の家」「上司の家にお呼ばれ」シチュエーションに合わせてご提案!

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます