義足のダンサー、大前光市さんが教えてくれること。「障害を個性にする」 リオ・パラリンピック閉会式で世界を魅了したプロダンサー(前編)
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
義足のダンサー、大前光市さんが教えてくれること。「障害を個性にする」

今年のリオデジャネイロでのオリンピック、パラリンピックもあっという間に終わってしまいましたね。わたしも実家で母とテレビで観ておりましたが、閉会式はいつも感動と寂しさを感じて、毎回「次は4年後かあ。」なんてお決まりのセリフをつぶやいていました。

次回の五輪開催国としてオリンピック・パラリンピックともに閉会式を担った日本のパフォーマンスですが、今回のこの式、みなさんはご覧になりましたでしょうか?

セレモニーのテーマは『POSITIVE SWITCH』。今日の記事では、そのセレモニーにも出演した世界を魅了した義足のダンサー、大前光市(おおまえこういち)さんの、「障害を個性にする」アイディアをご紹介したいと思います。

先ずは、大前さんもご出演されたセレモニー映像のご紹介から。

画面のYouTubeで見るをクリックしてNHKのチャンネルに遷移してご覧下さい。

片足を失ってから、もう一度前に踏み出した人生

大前さんは1979年生まれの現在38歳。岐阜県出身のダンサーです。もともと高校生の時から舞台に立ちダンサーを志していたそうですが、いざプロとして活動を始めた23歳の時、交通事故で左足を切断。今まで積み重ねてきたすべてを失い、その後10年もの苦しい空白の時間を過ごされたそうです。

ある時、義足を外して踊ったことがきっかけで「自分にしかできないダンスがある」と気づき、解剖学やピラティス、武道、コンテンポラリーダンスなど様々な分野の研究とトレーニングを経て、世界で二つとない独自の個性を手に入れたのだとか。

現在はバレエ教室での講師を務めるほか、フリースタイルダンサーとしてダンス指導や講演も行っており、先のパラリンピック出演など世界的に活躍するダンサーとして注目を浴びています。先月10月にはバレエ用品で知られる大手ダンス用品メーカーCHACOTTの商品「Chacott×Tripure」イメージキャラクターに起用され、発表会を兼ねたスペシャルイベントではオリジナルパフォーマンスなどを披露して会場を沸かせました。

どうして義足で踊れるの?

大前さんが義足をつけて踊っていると、義足ということを忘れてしまうほど滑らかで魅力的なダンスの世界に引き込まれてしまいます。決して「義足だから」感動するのではないんです。本当にダンサーとしてすばらしい技術と雰囲気に魅せられます。どうしてそんなふうに踊れるのでしょうか?

その理由のひとつは、大前さんの障害でもあり、最大の個性でもある義足。大前さんはダンスの演目に合わせて長短さまざまな義足を使い分けています。ダンス用の義足は普段の生活用の足型が付いた義足とは違い、例えばより動きを大きく印象付ける右足よりも長い「かかし型義足」や、床を用いた演技やアクロバティックな動きに向いている「お椀型義足」など、特殊な形状をしているものがあります。普通のバレエダンサーとは違い、こうしたバリエーションを選択できることが大前さんにとってのオリジナリティであり、多様性となっているのです。

また、大前さんは事故で片足を失ったことによりダンスを一から学び直しています。そのため体の動きを体系的に理解しており、その知識を不自由な体で行うダンスに効果的に取り入れて踊っているそうです。大前さんの義足の存在を忘れさせるパフォーマンスは、大前さんのダンスに対する情熱と研究の成果とも言えるでしょう。

「自分だけができないこと」を「自分にしかできないこと」に変える

何かが「できない」ことを障害というのですから、障害を「個性」と簡単に賛美してしまうことはあまり正しくないかもしれません。けれどこの「できない」をかけがえのない特徴として受け入れた大前さんは、自分にしかできないダンスを愛し、障害の向こうにある可能性を切り開くことができたのです。

大前さんが「片足なのにすごい」ではなくて本当に素晴らしいダンサーであることは、その踊りを見れば一目瞭然です。それでも片足だからこそ、その精神力や努力、苦悩も人一倍であったことも確かです。「踊る喜び」を忘れずに再出発をして成功を掴んだ大前さんの姿勢に、思わず背筋が伸びました。(後編につづく)

大前光市さんに聞きました「パラリンピック閉会式」「バレエを始めた切っ掛け」

ーーBackstage from “ethica”ーー

大前さんも講師として参加している大人のバレエ教室「大人から始めるHAPPYバレエ!」では、通常の趣味教室と違い、基礎から学び踊れるようになるためのバレエを教えているそうです。「うまく踊れなくて、相手にされない人の気持ち」そして「大人になってから踊れるようになる方法」を理解している大前さんだからこそ、本当の意味で大人にもバレエを教えることができるんだなあ、と納得しました。大前さんのダンスはYoutubeで少しだけ見つけることができますね。閉会式のパフォーマンスと合わせて、ぜひご覧になってみてください。かっこよくって、ゾクゾクしちゃいますよ!

ペンネーム:M. M.

ethica編集部 :ミミ

東京生まれ東京育ちのアラサーです。多摩美術大学卒業後、ディレクター業・イラストレーター業に従事。2016年よりethica編集部に参加。アート、旅、グルメ、ファッションのほか、歴史や教育などの社会的な出来事に関心があります。好きな街は青山とソウル。アメリカと中国に在住経験あり。現代人が輝けるライフスタイルを重視した記事を発信します!

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ミミ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
柴咲コウさんの参加が契機に。ヘアドネーションという選択
独自記事 【 2019/9/2 】 Love&Human
自分の髪を第三者に寄付する、ヘアドネーションという活動を知っていますか?寄付した毛髪はウィッグの他、美容師のトレーニングやヘア商品の開発研究などのために再利用されます。 今日は小児がんの治療や外傷など、様々な理由で髪を失ってしまった18歳以下の子どもたちが使う、「メディカル・ウィッグ」を作るためのヘアドネーションについ...
女優ののんさんがSDGsを広めるためのキャラクターを発表!
独自記事 【 2020/11/9 】 Art & Culture
朝日新聞社は10月11日(日)~15日(木)に、民主主義や気候変動、SDGsなどコロナ禍で浮上した問題や世界の変化について話し合う「朝日地球会議2020」をオンラインで開催しました。「SDGsしないのん?」と題したセッションには、人気女優ののんさんや国連広報センター所長の根本かおるさん、ニュースサイト「withnews...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
【ethica-Tips】私によくて、世界にイイ。サステナブルなチョコレート3選
独自記事 【 2020/10/26 】 Food
チョコが恋しくなる季節。温かな飲み物と一緒に口に含むと、とろ〜り美味しさが溶け出します。常温で置いておいても溶けにくい秋冬は、まさにチョコの旬。 というわけで今回は、サステナブルなチョコレートのお話。買うことで生産者の暮らしとつながるフェアトレードなアイテムや森林保護の視点から生まれたエシカルなチョコなど3種類をご紹介...
ワールド主催「246st.MARKET」イベントレポート 4人の環境アクティビストをethicaが独占インタビュー
独自記事 【 2020/10/26 】 Home
ワールド北青山ビル1階で10/14〜10/18に行われたポップアップイベント『246st.MARKET』(ニイヨンロクストリートマーケット)。“GOOD FOR FUTURE”をコンセプトに、クリエーターたちとともに未来を創造するプロジェクトです。3回目を迎えた今回は「サーキュレーション・ライフスタイル」をテーマに、サ...
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
日本の良さを改めて実感!?  豪華舞台を楽しめる「日本博特別公演」の放映が決定!
独自記事 【 2020/6/15 】 Art & Culture
『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。 新型コロナの影響で、ライブでエンターテイメントを楽しむ機会はほとんどなくなっていました。ようやく再開への道筋は見えてきたものの、実際にリアルな場に出かけてイベントなどを楽しめるのは、もう少し先になりそうです。そんな中、「エシカル世代」にも人気の2.5次...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

トヨタの究極のエコカー“MIRAI”に乗車しました! 【エコプロ2016レポート】
大前光市さんに聞きました「パラリンピック閉会式」「バレエを始めた切っ掛け」 リオ・パラリンピック閉会式で世界を魅了したプロダンサー(後編)

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます