京料理の老舗「木乃婦」三代目主人、高橋託児氏も登壇。〜お茶の京都プレイベント〜 京都の老舗茶商・辻利兵衛6代目・辻伸介氏らによる「地方創生~宇治茶の新しい可能性へのチャレンジ~」トークセッションや、京都の有名な久五郎茶園の園主・下岡久五郎氏が自ら茶をふるまう交流会を開催。
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
京料理の老舗「木乃婦」三代目主人、高橋託児氏も登壇。〜お茶の京都プレイベント〜

Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA) 

“お茶は京都か 京都はお茶か?”

京都府では「もうひとつの京都」として それぞれの地域の価値や特色を3つのテーマで際立だせ、交流人口の拡大や地域産業の振興などに繋げる取り組みを進めて来ました。

2015年度は「海の京都」2016年度は「森の京都」そして2017年度は「お茶の京都」としてあらためて古都、京都の良さをアピールしています。

その2017年度の「お茶の京都」のプレキャンペーンとして10月31日、東京の皇居の近く大手門タワーJXビルで「京都のお茶」キャンペーンを進める強力なメンバーによりイベントが催されました。

題して「お茶の京都」首都圏メディア説明会。
先ずはメディア関係者に情報を提供し皆さんにお知らせしようという試みです。説明会は2部構成で進められ第1部は京都府代表のご挨拶の後、4人のメンバーに依るトークセッションが行われました。タイトルは「地方創生~宇治茶の新しい可能性へのチャレンジ~」。

ゲストの一人は京都の老舗茶商、(株)辻利兵衛6代目社長辻伸介(しんすけ)氏。自社に入社し営業部門に配属されて得意先の人に”私共にもお茶を分けてくださいますか?“と聞かれて愕然とした話。お茶はもっと巾広く味わってもらうべきだと言うのが持論で京都の宇治に本物の宇治茶を味わえる今までにないスイーツを提供する茶寮を開設。スイーツの世界でも宇治茶の新しい可能性を拓いています。

二人目は企業の開発推進部、新機能開発室長の井上成(しげる)氏。宇治茶を各種企業へ入れ込んで地方創生のお手伝いをしたいと決意の表明。

三人目は来年度行われる「お茶の京都博」の総合プロデューサー鈴木恵千代(しげちよ)氏。イベントに関与することが決まって初めて宇治の新茶を味わい、今まで持っていた先入観が如何に良い加減であったことかに気が付き今までコーヒー党であった自分が最近はほとんど飲まないことに驚いていると告白。

そしてモデレーターとして新丸ビル、丸の内ハウス統括マネージャーの玉田泉さんがトークショーを進行。イベントの合間をぬってインタービューすると京都府のキャンペーンとは「海の京都」以来のお付き合いでこのキャンペーンをとても気に入ってお手伝いしているとのこと。「お茶の文化」、この文化を日本の国内のみならず海外へも広げて行きたいと抱負を語ってくれました。

第2部は交流会。
京都の有名な久五郎茶園の園主、下岡久五郎(しもおか きゅうごろう)氏が参加者の中から4人を選び会話を交わしながら自ら茶をふるまってくれたのが印象的でした。

お茶は貴重な文化遺産、コーヒーや紅茶にくらべて2回、3回とふるまえることを理由に挙げ、高価な茶は一見高そうに見えるが決してそうではないと説明しました。また肉や魚のなかでお茶と一番合うのは何かと参加者に問いかけ、みな一様に黙っていると“イワシです”と言われたのには一同ビックリしました。

その後は京料理の老舗「木乃婦(きのぶ)」三代目主人、高橋託児(たかはし たくじ)氏による「京の秋八寸」(盛り合わせ)と「もみじ鯛の鯛茶漬け」〈胡麻たれ、わさび〉が参加者全員にふるまわれ至福のひと時を味わいました。

京都の水は軟水なので「京のお茶」と京料理は良く調和するが静岡の方へ行けば水の関係でお茶の色合い、味が変わると説明され水とお茶そして料理との微妙な関係が分かるような気がしました。

国際的に見てみてもフランスの水は硬水なので京都のお茶に馴染みにくく一方、最近行ったマレーシアの水は軟水なので良く調和したと語ってくれました。

この京のお茶キャンペーンは11月3日(金)の「お茶壷道中」や11月9日(水)の「京都府、ネスレ日本連携協定発表会」へと続いて行きます。「お茶の京都」。800年の歴史を持つ京都のお茶は短い時間の中で語ることは難しい様です。

折に触れ「文化の源」とも言える「京都のお茶」についてこれからも学んで行きたいものです。

後日、「お茶壷道中」のレポートを公開予定です。

公開タイミングは、ethica編集部facebook・Twitter・Instagramでご案内させて頂きます。

https://www.facebook.com/ethica.jp

https://twitter.com/EthicaJp

https://www.instagram.com/ethica.jp

関連映像

・『京の宴』 ethica × 料理王国 〜和食の賢人、栗栖基さん(嵐山「熊彦」)、中村元計さん(一子相伝なかむら)、高橋拓児さん(木乃婦)、中東久人さん(美山荘)〜

・もうひとつの京都 ~お茶の京都篇~

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
正しい手洗いは地球を救うー「世界にいいことプロジェクト」2選
独自記事 【 2022/5/9 】 Work & Study
エコノミーからエコロジー、そしてエシカルへ。モノを大量に生産・消費し、使い捨ててしまうシステムから脱却し、身体的・精神的・社会的に満たされたウェルビーイングを追求する動きがあちこちで生まれています。今回、ethica編集部は「世界にいいことプロジェクト」として、一般社団法人Earth Companyによるロヒンギャ難民...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

母の愛に思わず心温まるウェブムービー。透き通る歌声はYouTubeで話題沸騰中の謎の女性シンガー『Uru』 まだ情報が少なく、謎に包まれた、泣けるカバーで話題の歌姫『Uru』がセカンドシングル「The last rain」をリリース
東京丸の内仲通りでお茶壺道中(前編)

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます