年末年始のお呼ばれに、ひと味ちがった『日本の伝統製法』のお取り寄せギフトはいかがですか?(オーガニックコンシェルジュ・鈴木麻里さんのお勧めの品) 「女子会」「友人の家」「上司の家にお呼ばれ」シチュエーションに合わせてご提案!
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
年末年始のお呼ばれに、ひと味ちがった『日本の伝統製法』のお取り寄せギフトはいかがですか?(オーガニックコンシェルジュ・鈴木麻里さんのお勧めの品)

年会、クリスマス、そしてお正月。

冬休みは友人同士や家族で家に集まる機会が一番多い時期ですね。

そんなお呼ばれの際に悩むのは、お土産。相手に喜んでもらえることはもちろん、ありきたりでなく突飛過ぎもしない・・・

今年はひと味ちがった『日本の伝統製法』で作られた和のものを選んでみてはいかがですか?

「女子会」「友人の家」「上司の家にお呼ばれ」シチュエーションに合わせて、オーガニックコンシェルジュの資格を持つ、モデルの鈴木麻里さんがセレクションしてくれました!

スイーツ大好き、でも、ダイエット中?!そんな友だちの家での女子会にぴったりなデザート系は? 【盛田屋のところてん】

ところてん?スイーツ?冬に??

通常は三杯酢で涼しく頂くところてんだけど、実は黒蜜をかけて食べれば、スイーツとしておいしく頂けるんです!鈴木さんが伊豆にダイビングに行くと必ず寄る、日本で一番おいしいと思っているところてん。伊豆のダイバーの間では有名なお店だそうです!

忘年会での食べ過ぎが気になる年末年始の女子会には、カロリー控えめのところてんが喜ばれるのでは?!

詳しくはコチラ

地元の友達と久々に鍋を囲む。そんな時には、鍋の具材、、、ではなくて、締めにこだわってみるのは?! 【佐藤養助の稲庭干うどん】

「稲庭うどんと言ったら絶対に佐藤養助だ!」とその意味も分からないような子供の頃から鈴木さんが両親から言われてきた名品。現在は七代目佐藤養助のうどんが堪能できるそうです。数ある稲庭うどんの中から、手作りでしか出せない独特の透明感とコシがおいしさのポイント。

昔話しで盛り上がった締めとして、伝統的で高品質な稲庭うどんをみんなで堪能してみては?!

詳しくはコチラ

上司のお家で忘年会?!腕をふるっておもてなしして下さる奥様に、ぜひ喜んでもらいたい! 【古町糀製造所の糀ドリンク】

お酒の飲めない女性にも喜ばれる、おいしい糀ドリンクです。お砂糖などは一切加えていない、糀の甘さだけのノンアルコールの甘酒。今年のように寒い冬は、生姜の温め力を加えた「神社エール」もおススメです。瓶1本でも洗練されたお土産になるところも嬉しい!

忙しく動き回る上司の奥様に、ほっと一息ついてもらいたい、そんな想いも込めて贈ってみてはいかがでしょうか?

詳しくはコチラ

今年の年末年始は、和の心と日本の伝統製法で作られた本格派のお土産で、みんなを和ませてみてはいかがですか?

ご協力:鈴木麻里さん(オスカープロモーション所属)

秋田県秋田市出身。中学、高校の6年間を青森県八戸市で過ごした後、お茶の水女子大学進学と共に上京。大学院修士課程在学中よりモデル活動を開始し、博士課程中退後は芸能活動に専念。途中、食生活の乱れによる様々な体調不良や肌荒れに悩まされ、漢方と出会う。現在、ソラトニワ銀座「S X G BOX ~Beauty~」パーソナリティの他、モデル、女優、ナレーション、ラジオなど、幅広く活動中。

オフィシャルサイト

 

 

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

Hanako Shimizu

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

Safia’s Fair Trade World Vol.3 ピープル・ツリー サフィア・ミニーさん ネルソン・マンデラ: 正義への運動は続く
フランス人のクリスマス:クリスマスツリーに思いを込めて エシカが贈るXmas2013 VOL.7 ethica from paris

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます