東京丸の内仲通りでお茶壺道中(前編)
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
東京丸の内仲通りでお茶壺道中(前編)

Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

“~ずいずいずっころばし~”

どこかで聞いたわらべ歌、記憶にありませんか?。

その後の歌詞は“茶壺に追われてトッピンシャン~”となっています。

このフレーズの意味はお分かりでしょうか? 難しいですネ。

実は今回「お茶の京都」のプロモーション キャンペーンを取材していて、やっとその意味が分かりました。

Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

時は江戸時代。徳川幕府が将軍や幕府御用のため使者(採茶使)を京都宇治に派遣しその年の新茶を入手して、江戸へ持ち帰るという制度がありました。

寛永9年(1632年)に制度化され慶応3年(1867年)まで続いたと言われています。その間約240年。その際、それぞれの宿所で何百人という人達が動員され、大変な権威で諸国の大名行列をも凌ぎ、茶を持ち帰ったと言われています。これを「お茶壺道中」と言いました。

従って、武士、町人はもとより子供までが「茶壺に追われた」訳です。

この「お茶壺道中」が11月3日、文化の日に東京丸の内の仲通りで現代風に再現されました。

真ん中の駕籠の中にはきらびやかで可愛い茶壺が3つ

京都から到着した「お茶壺道中」の一行は、仲通りにある国際ビルの前から出発し東京駅近くの丸ビル1F、マルキューブまで約700メートルの道中で24人の人達が徒歩(かち、旅姿の武士)、茶道頭、足軽、奴に扮して「下に~い、下に」と練り歩きました。

真ん中の駕籠の中にはきらびやかで可愛い茶壺が3つ。駕籠の上には三つ葉葵の御紋がついていました。

「お茶壷道中」の一行は、沢山の観光客を引き連れながら次なるイベント会場へ到着しました。

 

Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

(丸ビル1F マルキューブ)

到着点である丸ビル1Fではすでにイベントが始まっていました。

“~月はおぼろに東山、かすむ夜空の~”と三味線の音色に合わせて可愛いい舞妓さんの踊りが始まっていました。そんな雰囲気の中、道中を率いてきた徒歩頭(かちがしら)から裃姿の京都府副知事 城福 健陽(じょうふく たけはる)氏に大切な茶壺が手渡されました。

正式なセレモニーは城福副知事のご挨拶から始まりました。(つづく)

(後編)東京丸の内仲通りでお茶壺道中 女優の秋吉久美子さんもご来場!東京丸の内「お茶の京都博」イベントリポート

裃姿の京都府副知事 城福 健陽(じょうふく たけはる)氏に大切な茶壺が手渡される。

Photo Gallery

Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

徒歩頭(かちがしら)を務める京都府副知事 城福 健陽(じょうふく たけはる)氏

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...

次の記事

京料理の老舗「木乃婦」三代目主人、高橋託児氏も登壇。〜お茶の京都プレイベント〜 京都の老舗茶商・辻利兵衛6代目・辻伸介氏らによる「地方創生~宇治茶の新しい可能性へのチャレンジ~」トークセッションや、京都の有名な久五郎茶園の園主・下岡久五郎氏が自ら茶をふるまう交流会を開催。
女優の秋吉久美子さんもご来場!東京丸の内「お茶の京都博」イベントリポート (後編)東京丸の内仲通りでお茶壺道中

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます