女優の秋吉久美子さんもご来場!東京丸の内「お茶の京都博」イベントリポート (後編)東京丸の内仲通りでお茶壺道中
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
女優の秋吉久美子さんもご来場!東京丸の内「お茶の京都博」イベントリポート

女優・秋吉久美子さん Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA) 

前編につづき、東京丸の内仲通りお茶壺道中のリポート後編です。

正式なセレモニーは城福副知事のご挨拶から始まりました。

800年の歴史を持つ京都宇治のお茶、そしてそれを今日まで引き継いできた沢山の人々のたゆまぬ努力、日本のお茶の故郷「京都山城地域」、そして来年の4月から始まる「お茶の京都博」などについて説明がありました。

京都府茶生産協議会 吉田利一会長 Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA) 

次いで京都府茶業会議所会頭の杉本貞雄(すぎもと さだお)氏より、抹茶、煎茶、玉露が全て宇治で創り出され継承されてきたことなどの話がありました。

次に玉露のふるまい。

京都府茶生産協議会会長の吉田利一(よしだ りいち)氏が来場者の中からステージで5人に玉露をふるまいました。会場の方々にも、日本茶インストラクターの方々から玉露がふるまわれました。5人の中には早稲田大学の江上教授、女優の秋吉久美子さんなどが含まれています。

秋吉さんがこんな質問をしました。

「京都のお茶は歴史的なものですからエスプレッソ文化が発展したヨーロッパのイタリア辺りがその良さを理解してくれるのでしょうか?」

これに対し吉田氏は「それもそうですが、今はフランスの人達がもっとも理解しています」との答え。

また、お茶のおもてなしをしながら「美味しいお茶を入れるにはお茶の葉を多くしてお湯を少なくすることです」とのアドバイスもありました。

最後は呈茶。裏千家業躰(ぎょうてい)の金澤宗達(かなざわ そうたつ)氏よりご説明がされる中、会場を埋める多くの人達に「亥の子餅」と宇治の抹茶がふるまわれました。

会話の中で「11月は茶人にとって正月のようなもの。

何故かと言うとその年に摘まれ茶壺に入れられたお茶を取り出しお茶を嗜む『口切り』の季節だからです」。

京都府 城福健陽副知事 Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA) 

京都府副知事 城福健陽(じょうふく たけはる)氏に『ethica(エシカ)』が個別インタビュー

最後に忙しいスケジュールの中,城福副知事にインタビューを申し込むと如何にも気軽に応諾があり、次の様な話を聞くことが出来ました。

「今、お茶は世界的な商品になっていますが色々な品種があって見極めが難しく実は危機感を持っています。宇治のお茶は大変な手間と暇を掛けて作っているので、

とにかく皆さん、是非宇治にきて京都の味を味わって欲しい。」

そして最後に「皆さんが宇治に来てくださることを心よりお待ちしています」との話でした。

「お茶の京都」の取り組みは、これからも展開されるようです。

ご興味のある皆さん、乞うご期待。

 

後日、「宇治抹茶を世界のブランドに!」のリポートを公開予定です。

公開タイミングは、ethica編集部facebook・Twitter・Instagramでご案内させて頂きます。

https://www.facebook.com/ethica.jp

https://twitter.com/EthicaJp

https://www.instagram.com/ethica.jp

 

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

東京丸の内仲通りでお茶壺道中(前編)
12月3日(土)にJ:COMテレビで放送決定!『AUGUSTA CAMP 2016 PRODUCED BY 秦 基博』 〜ライブ会場では「ethica(エシカ)」もコラボ!来場者全員にAugusta Camp限定冊子「サラヤとボルネオの話」をプレゼント〜

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます