台湾は第二の故郷?長澤まさみさんが台湾観光誘致のイメージキャラクターに! 身長168cmの長身を活かしたファッションに注目! 【シリーズ】トラベル 
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
台湾は第二の故郷?長澤まさみさんが台湾観光誘致のイメージキャラクターに!

長澤 まさみさんと言えばTVや映画でお馴染みの美人女優ですが、単に美しいと言うだけではなく極めて個性的でそれがまた観る人を魅了しています。
その出自を辿ってみると1987年生まれで本名も同じ。父親は元サッカー日本代表でジュビロ磐田の初代監督を務めた長澤和明氏。

1999年、第5回東宝「シンデレラ」オーディションに応募し35,153人の中から史上最年少(12歳)でグランプリに選ばれ芸能界入りを果たしました。
その後、数々のTVドラマや映画に出演し今日に至っています。

最近のTVではNHK大河ドラマ「真田丸」の中で“きり”役を演じてドラマに花を添えています。
その彼女がこの度「台湾観光局新キャンペーン」のイメージキャラクターとして登場しました。

台湾観光局新キャンペーン発表会

11月16日(水)に六本木ヒルズ 大屋根プラザで記者発表があり、関係者の挨拶、彼女の登場、そして双方からこのキャンペーンに関する紹介などが行われました。

発表会はまず台北駐日経済代表処代表 謝長廷(シャ チョウテイ)氏の挨拶から始まりました。「台湾への観光誘致では日本人の特に女性が重要。お陰様で毎年観光客数は伸びて来ている。その理由として考えられるのは“台湾人の信頼性”と“グルメ”と分析しています。代表的なグルメは“小籠包”と“カキ氷”、」と言った内容でした。

次に台湾観光局国際組 組長の林坤源(リンタンゲン)氏の挨拶。「この度新しいCMを制作、タイトルは“Meet Colors!台湾”。台湾の観光スポットを色で表現し、その色を通して希望や楽しさを感じて欲しい。台湾旅行の良い点はリラックス出来てホッとすること、安心、安全のスポットです」というお話でした。

台湾のゆるキャラ”台湾オーベア”

そしていよいよ長澤さんの登場です。

その長澤さんの登場にあわせたように変わったキャラクターも現れました。
台湾のゆるキャラ“台湾オーベア”。熊のキャラクターです。
熊は何か持っています。それは“盾”でした。この度のイメージキャラクターを認定するもので林組長から長澤さんに渡されました。

(左)台湾のゆるキャラ“台湾オーベア”  (右)長澤まさみ

身長168cmの長身を活かしたファッションに注目!

今回は、黒いシックなオーバーコートとドレスで現れた長澤さん、それを見る多くの人が過ぎし日のエピソードを思い浮かべるに違いありません。それは世界的に有名なカンヌの映画祭(*)で彼女の素晴らしいドレス姿が話題となったことです。

第68回カンヌ国際映画祭でコンペティション部門にノミネートされた『海街diary』で次女を演じた長澤さんは『ステラ マッカートニー(STELLA McCARTNEY)』の15-16AWコレクションのドレスに『ショパール(Chopard)』のイヤリングを着用し、レッドカーペットに登場。胸元で深いグリーンと鮮やかなブルーで切り返したドレスを纏った姿は美しく、注目を浴びました。

詳しくは、次回の『ethica(エシカ)』で、カンヌ国際映画祭の振り返り記事を展開予定です。

*カンヌ国際映画祭とは

カンヌ国際映画祭はベルリン国際映画祭、ヴェネツィア国際映画祭と併せ、世界三大映画祭の一つである。併設されている国際見本市(マーケット)もMIFED、American Film Marketと並び世界三大マーケットのひとつである。マーケットには例年800社、数千人の映画製作者(プロデューサー)、バイヤー、俳優などが揃い、世界各国から集まる映画配給会社へ新作映画を売り込むプロモーションの場となっている。とりわけ、世界三大映画祭と世界三大マーケットが同時に開催されるのはカンヌだけであるため、世界中のマスメディアから多大な注目が集まり、毎回全世界から数多くの俳優、映画製作者が出席する(出典:カンヌ国際映画祭 – Wikipedia)

写真提供:Chopard

第二の故郷?長澤まさみさんと台湾

司会者とのヤリトリという形で長澤さんと台湾との関りが話されて行きます。「台湾ドラマ“ショコラ”に出演して台湾とはとても縁が深い。TVドラマの他に映画にも出演しています。その関係で台湾に沢山の友人が出来ました。彼らが日本に来た時にはガイドも引き受けています。自分の印象では台湾の人々はとても温かくて、そして優しい国、とにかく自然も人も温かくて優しい。今回のCM撮影の時にも友人と会うことが出来ました。そして食事やホテルで一杯やりました。チョットの北京語と英語、そして日本語でコミュニケーションをとりました。ドラマ制作で5か月ほど日本と台湾の間を行き来したので台湾に沢山の友人ができ、台湾へ来ると “お帰り” と言われます」。

台湾の中で一番美しい所は?美味しい食べ物は?

そして司会者の「台湾の中で一番美しい所はどこだと思いますか?」という問いに“リーユエタン”と答えました。これは台湾中部にある美しい湖のことだそうです。

彼女に言わせると台湾は空気が澄んでいて、時に、景色が幻想的にみえるとのことです。

そして絶賛したのは食べ物。まず第一は“フードージャン”(温かい豆乳)。そして“台湾冷麺”これは安くて美味しい。次に小籠包は定番。街の中のカジュアルなお店がお薦め。そして手軽に食べられる“焼き小籠包”、」食べ物の話は尽きません。

長澤まさみさんの「願掛け」と「願い事」

次に彼女の「願掛け体験」というイベントがありました。司会者の「どんな願いを掛けますか?」という問いに「これからも沢山、人に会えたら嬉しい」と答えました。ジャオペーという台湾占いで見事に“願いが叶う”と出ました。

今度は彼女の「願い事」を書いた台湾のランタンが登場。願いは「1月から始まる舞台が成功しますように」。

最後に長澤さんから皆さんへのメッセージは「何度も台湾へ行きました。台湾のすばらしさを身を以って感じています。すばらしい自然と優しい人たちに会ってください」と言うものでした。

その後、フォトセッションが続き、関係者と長澤さん、そして台湾オーベアとのツーショットなどもあり「台湾観光局新キャンペーン」は終了しました。

因みに長澤さんをキャラクターとする新CMは12月から放映されるようです。

どんな反響がでるのか今から楽しみですね。

ーーBackstage from “ethica”ーー

ヨーロッパ人として最初に台湾を見たのはポルトガルの船員だと言われています。
その彼は台湾を「イル フォルモサ(麗しの島)」と呼んだそうです。。
「イル」ではなく「イリャ」が正しいという方もいますが、どちらにせよ、台湾は昔から美しい島であったようです。

(T.J)

関連映像(YouTubeからピックアップ)

・長澤まさみ、真っ赤なリップ&ピンヒール “大人な”ブラックコーデ披露 台湾観光局新キャンペーン発表会1

・長澤まさみ、台湾は第二の故郷? 現地の友達「お帰りって迎えてくれます」 台湾観光局新キャンペーン発表会2

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

「遊ぶこと」は子どもの基本的人権。森理世さん(ミス・ユニバース2007年世界大会優勝者)とイケアのフレドリクソンさんに「どんな遊びをしていたか?」伺いしました。 【シリーズ】ソーシャルグッド 【LET‘S PLAYすべての子どもに遊ぶ自由を】
第68回カンヌ映画祭を振り返る。【女優・長澤まさみ編】

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます