ハーレー愛好家たちが作るボランティア団体「ハーレーサンタCLUB」 児童虐待防止を訴える「クリスマス・トイラン・パレード」開催
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
ハーレー愛好家たちが作るボランティア団体「ハーレーサンタCLUB」

クリスマスを目前に控えた12月23日、サンタクロースの衣装を着た人たちが乗ったハーレーダビッドソンのオートバイなど220台が児童虐待防止を訴えながら都内を走る「クリスマス・トイラン・パレード」が行われました。
今回で10回目を数えるこの恒例イベントを主催したのは、ハーレー愛好家たちが作るボランティア団体「ハーレーサンタCLUB」。2008年に始まり、翌年の09年までは年1回でしたが、年々参加希望者が増え、道路交通法の関係で1回に参加できる台数に制限があるため、10年からは毎年11月23日と12月23日の2回開催となりました。

児童虐待防止を訴える「クリスマス・トイラン・パレード」

そもそもこのイベントは、現在、同グループの代表を務める峰たかしさんたちが中心となり、アメリカでハーレー愛好家が孤児たちにオモチャを届ける「トイ・ラン」に倣って、2000年から児童養護施設への訪問を始めたのがきっかけです。

「今、日本には実親や継父、継母など家族から虐待を受けた約3万人もの子供が施設に保護されているという現実がありますが、これは氷山の一角で、おそらくその何倍もの子供たちが虐待を受けているといわれています。この事実を1人でも多くの人に知ってもらいたい、そして、そうした子供たちを早期発見し、保護したいというのが私たちの願いなのです」(峰さん)

サンタ姿のライダーが操るハーレーが大集結!

イベント当日、220台のバイクは明治神宮外苑の絵画館前を出発し、表参道、六本木を通り、芝公園までを車列を組んで走りながら、児童虐待をなくそうと訴えました。

またパレードと合わせて、当日、同グループの別動隊が練馬、足立の両区内にある児童養護施設を訪問、子供たちにお菓子のプレゼントを届けた他、名古屋、福岡でも同様のパレードが実施され、多くの人々から注目を浴びていました。

さまざまな機会を通じて虐待児童を支援

「ハーレーサンタCLUB」の活動は、何もこの日だけではありません。年間を通じて虐待児童のための活動を行っています。その一つが「お仕事ってなあ~に?」と題した施設児童の就職支援イベントです。

これは施設にいる小学校3年生までの子供を対象にしたもので、施設の子供たちは、そのほとんどが18歳になると施設を出て就職しますが、大人との接点がなく父親の背中を見て育ってこなかった施設の子供たちは、父親から職業を感じ取る機会がないままに就職してしまいます。

そのため、多くの子供たちは就職してもすぐに離職し転職を繰り返して生活が荒み、最悪の場合は、悪い大人に騙されて犯罪に手を染めたりといった環境に陥ってしまうことさえあります。そこで、こうした子供たちに、遊びの中から仕事について学ぶ機会を与えることを目的に行っているのが「お仕事ってなあ~に?」です。

「ここでは、大工やパティシエ、ネイルアーティストなどといったプロを招き、一緒に竹馬や竹とんぼを作ったり、ケーキを作ったりしながら、子供たちを誉めてあげるのです。虐待を受けてきた子供たちは、大人から怒られることはあっても誉められることはほとんどありません。だからこそ、怒っている大人ばかりではないことを教え、このイベントを通じて仕事に興味を持ってもらえればと思っています」(峰さん)

この他、同グループでは、施設の子供たちをキャンプ場に連れていき、バーベキューを体験させるなどの活動も行っており、さまざまな機会を設けて、どうしても人間関係が希薄になりがちな虐待児童たちの支援を続けています。

12月23日を全世界が子供を可愛がる日に…
諸外国に比べて平和だと思われている日本で、児童虐待がこれほど多いことにショックを感じた方も多いでしょう。
「この運動が広がって、毎年12月23日は全世界が子供を可愛がる日になればいいですね。簡単には実現できない夢ではありますが、いつか実現できればと思っています」(峰さん)
関心を持った方は、ぜひ次回のパレードに参加してみてはいかがでしょうか?

 

■ハーレーサンタCLUB
03-3565-6565
http://toyrun.jp/

記者  清水 一利(しみずかずとし)
55年千葉県市川市生まれ。明治大学文学部(史学地理学科日本史専攻)を卒業後、79年、株式会社電通PRセンター(現・株式会社電通パブリックリレーションズ)に入社。クライアント各社のパブリシティ業務、PRイベントの企画・運営などに携わる。86年、同社退社後、87年、編集プロダクション・フリークスを主宰。新聞、雑誌(週刊誌・月刊誌)およびPR誌・一般書籍の企画・取材・執筆活動に従事。12年「フラガール3.11~つながる絆」(講談社)、13年「SOS!500人を救え~3.11石巻市立病院の5日間」(三一書房)を刊行。

清水 一利

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

フランス人のクリスマス:クリスマスツリーに思いを込めて エシカが贈るXmas2013 VOL.7 ethica from paris
高校生からのメッセージ エシカリスタVol.12 原田さとみさん

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます