出版社、本屋さん、そして学生の町、神田町で “Meat Charge” (ミート・チャージ) 女性に嬉しい。NYスタイルのミートダイニング「BUTCHER’S MOTHER」潜入リポート
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
出版社、本屋さん、そして学生の町、神田町で “Meat Charge” (ミート・チャージ)

出版社の町、本屋さんの町、そして学生の町、神田神保町に新しいレストランがオープンしました。
名前は「BUTCHER’S MOTHER」(ブッチャーズ マザー)。
アクセスはとても簡単で神保町の交差点から九段下の方向へ向かって左側。歩いて30秒、一階にファミリーマートがあります。そのビルの3階。

このお店のコンセプトは“Meat Charge”、ちょつと分かりにくいのでご説明します。
良く燃料を入れることを「Energy Charge」などと言いますがこれはその“肉“版。しっかり肉を食べてエネルギーを補給しようと言うわけです。上質な赤身肉の量り売りがあったり色とりどりの日替わりお惣菜やサラダを提供するセルフ形式のダイニングです。

所で「BUTCHER’S MOTHER」とはどこから来たのでしょう?

若い店員の方がこんな風に説明してくれました。

「ニューヨークのマンハッタン島のダウンタウンにミート パッキング ディストリクトと言う一角があります。実際に存在する『精肉加工業者』の街です。さて想像してください。その街角にある一軒の肉屋。そこに元気いっぱいの女主人がいます。この人が『BUTCHER’S MOTHER』です。そんなことをイメージしながらこのお店はお客様にサービスをします。」

例えばニューヨーカーのサーロインと並んで人気のあるリブアイをお客様の前でカットし、グリルして提供するほかローストサーロインやポークチョップなど食べ応えのあるメインも提供するそうです。

お店の客席は45席。ニューヨークの雰囲気を味わえる簡素でそれでいて洒落た佇まい。どんなお客様が来られるかを聞いたところ、「場所柄、昼はオフィスワーカー、夜は友人や親しい方々のカジュアル ディナーになるように思います」との返事でした。お店を作るのは資金を持っている会社か個人ですが、そこに息吹を吹き込むのはお客様次第だと思います。

一度訪ねてみられたら如何でしょう?

思わず、ほっこりするようなアットホームな内観。

ご来場者:藤田佳奈美さん(出版社勤務)

ご来場者:宮田愛子さん(出版社勤務)

カスタムサラダは4種をチョイスできるデリスタイル。

ご来場者インタビュー

1、試食のご感想

2、あなたにとって「私によくて、世界にイイ。」

新橋雅美さんインタビューコメント

1、大阪ホルモン焼肉ふたごの系列であるだけに、お肉はとてもおいしかったです!私は、お肉よりも、デリがとても気に入りました。お値段が良心的の割には、料理がとてもおいしく、他店では食べたことのない独自の味付けで、また、沢山の種類があり、全部食べてみたくなりました!店員さんの対応も、とても爽やかで、感じがよく、店内も、NYスタイルで、綺麗で、おしゃれでよかったです。女性が、一人でも、ふらっと入れるな。。。と思いました。

2、おいしいものを食べると、とても幸福感が生まれます。おいしいものを食べるということは、私も、ハッピー、みんなもハッピーな気分にしてくれ、何事もいい方向に繋がると思っております。

ーーBackstage from “ethica”ーー

セルフサービスで必要な分だけ、好きな肉を量り売りでオーダーするミートダイニングというスタイル。これなら女性一人からでも気軽にお肉料理を楽しめますね。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

ethica編集部

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

ジル・スチュアートの世界観が味わえる。関西初のカフェに注目! オシャレ女子に今話題の ”私にイイ” スポットをご紹介
新しい概念、価値を生み出す建築に魅せられて 【特別協力】藤本壮介建築設計事務所 ethica(エシカ)独占インタビュー(前編) 提供:シチズン時計

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます