ムーミンに出会い、北欧のライフスタイルを体験!「メッツァ」(森)が飯能市に。 2018年秋にメッツァビレッジ、2019年春にムーミンバレーパークがオープン! 【記者発表会リポート】
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
ムーミンに出会い、北欧のライフスタイルを体験!「メッツァ」(森)が飯能市に。

ムーミン屋敷

ムーミンについてどの程度ご存知でしょうか?

勿論、この記事を読まれる人は名前は当然としてあの愛らしい姿をすぐに思い浮かべることが出来ると思います。でも詳しく知りたいという人のために、先ずご説明しましょう。

ムーミンとは?

正式名称「ムーミン トロール」、略称「「ムーミン」。元々は北欧の民間に伝承されてきた妖精の一種です。地域や時代によって巨人だったり小人だったり様々なバリエーションがあるようですが作家で画家でもあるフィンランドのトーベ ヤンセンが今のようなキャラクターを生み出しました。

1945年に小説として登場しその後漫画となり更には絵本、そして二次著作としてテレビのアニメーションが作られ世界的に有名となり愛されるようになりました。日本では1972年にフジテレビ系列(カルピスまんが劇場、のちの世界名作劇場)で放送され爆発的な人気を博しました。

テレビ主題歌のくだり

「ね〜え。ム〜ミン。こっち、むいて。」

が耳から離れない方も多いのではないでしょうか?

その後、劇場用のアニメーション映画が作られたり歌の本、さらにはCD、ゲームなどにも展開されて行きました。

所で、今回その「ムーミン」を中心テーマとする「メッツァ」(森)がフィンランド以外初めて埼玉県の飯能市にオープンすることになり12月6日(火)に“ザ プリンスパークタワー東京”で記者発表会が行われました。

(C)Moomin Characters TM

「北欧のライフスタイルを体験してください。」(記者発表会)

司会を担当する女性が3人のキーマンを紹介しました。

はじめに、フィンテック グローバル(株)代表取締役 玉井信光(たまいのぶみつ)氏の挨拶。

「昨年の6月にこのプロジェクトの概要を発表して以来、人材を開発し関係者の多大なご協力を頂き本日の発表に至りました。色々な方にご尽力頂きましたが飯能市の関係者に特に感謝します。飯能市の観光がさらに強化されることを願っています。飯能市の“地方創生”にご協力出来ればと考えています。」

次に、飯能市長 大久保勝(おおくぼまさる)氏の挨拶。

「本日はメッツァ記者発表会に沢山ご参加頂きありがとうございます。2015年6月30日”海の日“にメッツァの発表をしてより1年半となります。飯能市を選んで貰ったことに感謝しております。心を一つにして頑張りたい。メッツァは東京より特急で39分、そこから3キロ、1時間以内で到着できます。その他色々な手段もあります。今日の発表は世界の人達に喜んで貰えると思う。感謝と期待の気持ちです。」

さらに、駐日フィンランド大使からのお祝いのメッセージがあり

(株)ムーミン物語 代表取締役 ロバート ハースト氏の挨拶。

「メッツァの紹介をすることが出来て大変うれしい。メッツァは、(1)メッツァビレッジと、(2)ムーミンバレーパークの二つのゾーンから構成されております。まさに“This is メッツァ”。小さな発見に満ちた北欧のライフスタイルを体験してください。」

見事な日本語です。

そして、最も重要な「メッツァ」の紹介があり、フォトセッションに移りました。可愛いキャラクターが出て来ました。「ムーミン」と「スノークのお嬢さん」です。カメラマンが一斉にざわつきました。

メッツァビレッジ宿泊

メッツァ とは?

何回も登場した言葉“メッツァ”、あらためてご紹介します。

埼玉県飯能市の宮沢湖の周りに東京ドーム5倍の広大な森が開発中です。これがメッツァ。二つのゾーンにわかれて一方が「メッツァビレッジ」もう一方が「ムーミンバレーパーク」といいます。

ではそれぞれの特徴をご紹介しましょう。

“メッツァビレッジ”

心の豊かさにつながる北欧のライフスタイルが体験できるゾーン。入場無料。自然が豊かな公園でそれを身近に感じることが出来る施設やアクティビティを展開。新鮮な地元野菜や工芸品なども購入できる。宿泊施設も計画中。

ムーミンバレーパークエントランス

“ムーミンバレーパーク”

ムーミン一家とその仲間たちと出会うことが出来るゾーン。ムーミン一家が暮らす屋敷や、ムーミンの物語が追体験が出来る。物語のなかで登場する灯台や水浴び小屋なども作られる予定。大型のギフトショップやレストランなども計画されています。

さて色々ご紹介してきましたがこのプロジェクトには別の側面もあるようです。

飯能市の”地方創生“と言う話はすでにしましたが、その一環として「飯能市のふるさと納税」として”ムーミン基金”が創設されました。その他、地域振興並びに教育振興の向上を目的としてフィンテック グローバル会社と駿河台大学が基本協定を締結しました。

我々もこの“地方創生”を応援したいものです。

最後に「メッツァのコンセプト」についてふれてみます。

メッツァビレッジマーケット

メッツァのコンセプト

小さな発見が導く心の豊かさ。
自分の殻を破って挑戦する。創るために試行錯誤してみる。
良く観察し自分なりのこたえを探してみる。未知なるものを自由に想像する。
家族や仲間と協力し経験を共有する。心も体も解き放ちリラックスする。

北欧時間が流れる森と湖での体験を通して、豊かさの本質に気ずき、日常へと持ち帰れる場所。それがメッツァのめざす姿です。

Photo gallery

ムーミンバレーパークアトラクション

ムーミンバレーパークアトラクション

ムーミンバレーパーク水浴び小屋

ムーミンバレーパーク灯台

ムーミン屋敷

ーーBackstage from “ethica”ーー

北欧には嘗て何回か行ったことがありますが夏は夜10時でも外が明るく一方冬は朝9時ごろやっと明ける。不思議な自然の妙。今回の“メッツァ”のオープンにはまだ時間があるようですので折々、情報をお届けしたいと思います。

ペンネーム:T.J

関連映像(YouTubeからピックアップ)

・ムーミンの世界と北欧の暮らし・・・テーマパークで体験(ANN NEWS)

・「メッツァ」ティザームービー

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethia編集部

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

第68回カンヌ映画祭を振り返る。【女優・長澤まさみ編】
トヨタの究極のエコカー“MIRAI”に乗車しました! 【エコプロ2016レポート】

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます