目黒雅叙園にて開催中「百段雛まつり~九州ひな紀行II~」 開催期間:2017年1月20日(金)~3月12日(日)
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
目黒雅叙園にて開催中「百段雛まつり~九州ひな紀行II~」

Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

目黒駅から歩いてわずかに数分、都心とは思えない閑静な場所に目黒雅叙園があります。
催し物会場はその園内。「百段階段」と言われ2009年に東京都の有形文化財に指定された目黒雅叙園に現存する唯一の木造建築の中。土地の起伏に合わせた建物の廊下が99段ありそこから百段階段と呼ばれ廊下の南側には7つの部屋があります。展示はその部屋の中で行われていました。各部屋には樹齢100年を超える床柱、そして天井や欄間には当代屈指の著名な作家達によって作り上げられた世界が展開されており今回の「雛まつり」の展示場として一層雅な雰囲気と幻想の空間を醸し出しています。

処で「雛まつり」や「お雛様」は私達にとって極く身近な存在ですが一体いつ頃から祭られていたのでしょう?

雛まつりの起源

その起源については諸説ありますが平安時代の中期(約1000年前)と言う説が多いようです。その頃の人達は三月の初めの巳の日に上巳(じょうし、じょうみ)の節句と言って無病息災を願うお祓いの行事をしていました。陰陽師(おんみょうじ、占い師)を呼んで天地の神に祈り、季節の食べ物を供え、人形(ひとがた)に自分の災厄を託して川や海に流す。一方その頃、上流階級の少女の間では“ひいな遊び”と言うのが行われていました。“ひいな”とは人形のことです。いわば“ままごと遊び”ですが長い年月の間にこうした行事と遊びが重なり合って今のような「雛まつり」となったようです。

イベントの背景と見どころ

今回の「雛まつり」イベントは8回目。過去7回の開催で延べ40万人の来場者を記録した都内最大級の雛人形展です。対象となる地域は九州。7県12地域より約1,000体のお雛様が参加しています。有力大名が多かった九州には各藩ゆかりのひな人形があり普段なかなか見ることが出来ません。雛人形の愛好者の方は無論、その他、日本文化を味わいたいあなたにもお薦めのイベントです。以下、見どころ1~4。

1.圧巻の800体の座敷雛!雛が見た日本の祭りを再現(漁樵の間)

福岡県飯塚市の伊藤伝右衛門(炭鉱王)邸では、20畳の座敷いっぱいに雛人形を飾る「座敷雛」が例年展示されているそうです。今回は百段階段の中でも最も煌びやかな座敷「漁樵の間」で”雛がみた日本の祭り“をテーマに800体の人形で再現しています。「京都祇園祭の山鉾行事」や「博多祇園山笠行事」を始め「青森ねぶた祭り」など日本全国の有数な祭りを「雛たち」が楽しむ様子を見ることができます。

驚いたことに小さな人形の一挙手一投足まで細かに作られていました。
日本文化を肌で感じることが出来る展示です。

2.特別展示!柳原白蓮と村岡花子の愛したお雛様(草丘の間)

柳原白蓮は大正時代を代表する歌人ですが明治、大正、昭和という激動の時代を逞しく生き抜いた開明的な女性でもあります。奇縁なことに筑豊の炭鉱王「伊藤伝右衛門」の元に嫁ぎながらその後自らの愛を貫き通しました。その白蓮が愛した“有職雛”と彼女の無二の親友、村岡花子(翻訳家,児童文学者)ゆかりの雛人形と雛道具が展示されています。

3.蓁姫(しんひめ)の古今雛と貴重な道具を一挙公開(清方の間)

寛政の改革で知られる松平定信の娘蓁姫が嫁いだ先は平安時代から続く長崎の名家、松浦家です。今回は輿入れの際に持参した、お雛様や雛道具、蓁姫が使用していた道具などを展示しています。当時の美術工芸の最高峰とも言われる精微な雛道具や実際の道具を間近に見る機会は中々ありません。

4.薩摩藩72万石の地に伝わる薩摩糸びな(星光の間)

今まで見てきたものは正に絢爛豪華なお雛様が多いのですがこれはまた、一味違ったお雛様。あの大藩「薩摩」の糸びな。江戸初期から作られ始めたという鹿児島の伝統工芸品です。子供が健康に育つようにとの願いを込めて,髪には強く丈夫な麻糸が使われています。体には一本の竹が使われ、顔がないのが特徴。素朴で愛らしいお雛様と言うことで目につきました。

以上、4つの座敷を中心に話をしてきましたがこれ以外にも沢山の見るべきものがあります。まだまだ時間がありますのでご自分の目で楽しまれては如何でしょう。

ーーBackstage from “ethica”ーー

取材をしながら頭に浮かんだ一冊の本がありました。確か「縮み志向の日本人」と言ったかと思いますが“何でも小さくすることが得意の日本人”の意味です。小さくてしっかりしているお雛様は正に日本人の真骨頂でしょうか??

ペンネーム:T.J

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethia編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
インターネット教養番組『家族で学ぶSDGs』シーズン2 第二話の見どころをご紹介
独自記事 【 2022/12/5 】 Work & Study
11月7日(月)より配信がスタートした、SDGsやエシカルについて学べるインターネット教養番組『家族で学ぶSDGs』シーズン2!「森キミ」ことモデルの森貴美子さんと、環境系エンターテイナーのWoWキツネザルさんが共演して、身近な話題や気づきから、持続可能なアクションやサステナブルについて考えを深めます。今回は、12月5...
SDGsやエシカルについて学べるインターネット教養番組のシーズン2がスタート!
独自記事 【 2022/11/7 】 Work & Study
持続可能な開発目標(SDGs)が国連サミットで採択された2015年から7年。サステナブルやSDGsといった価値観は耳に馴染んできたものの、まだまだ知らないことがたくさんありそうな奥の深い世界です。エシカでは、「森キミ」ことモデルの森貴美子さんと、環境系エンターテイナーのWoWキツネザルさんが共演するSDGsやエシカルに...
テーマは、ナチュラルモダン『自立した女性』に向けたインナーウェア デザイナー石山麻子さん
独自記事 【 2022/9/19 】 Fashion
株式会社ワコールが展開する、人にも自然にもやさしいを目指すインナーウェアライン「ナチュレクチュール」。オーガニックコットン100%のラインアップが注目を集め、肌あたりやシルエットの美しさが話題になっています。その期待に応える形で、今年9月に新作グループも加わりました。やさしさを突き詰めた製品は、どのような想いや経緯から...
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

伝統工芸とファッションをつなぎ「未来の伝統」の種をまく 【独占取材】生駒芳子さん ethica(エシカ)独占インタビュー(前編) 提供:シチズン時計
「君の名は。」ファン必見、約300点の制作資料が見られる展覧会が開催決定!

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます