目黒雅叙園にて開催中「百段雛まつり~九州ひな紀行II~」 開催期間:2017年1月20日(金)~3月12日(日)
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
目黒雅叙園にて開催中「百段雛まつり~九州ひな紀行II~」

Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

目黒駅から歩いてわずかに数分、都心とは思えない閑静な場所に目黒雅叙園があります。
催し物会場はその園内。「百段階段」と言われ2009年に東京都の有形文化財に指定された目黒雅叙園に現存する唯一の木造建築の中。土地の起伏に合わせた建物の廊下が99段ありそこから百段階段と呼ばれ廊下の南側には7つの部屋があります。展示はその部屋の中で行われていました。各部屋には樹齢100年を超える床柱、そして天井や欄間には当代屈指の著名な作家達によって作り上げられた世界が展開されており今回の「雛まつり」の展示場として一層雅な雰囲気と幻想の空間を醸し出しています。

処で「雛まつり」や「お雛様」は私達にとって極く身近な存在ですが一体いつ頃から祭られていたのでしょう?

雛まつりの起源

その起源については諸説ありますが平安時代の中期(約1000年前)と言う説が多いようです。その頃の人達は三月の初めの巳の日に上巳(じょうし、じょうみ)の節句と言って無病息災を願うお祓いの行事をしていました。陰陽師(おんみょうじ、占い師)を呼んで天地の神に祈り、季節の食べ物を供え、人形(ひとがた)に自分の災厄を託して川や海に流す。一方その頃、上流階級の少女の間では“ひいな遊び”と言うのが行われていました。“ひいな”とは人形のことです。いわば“ままごと遊び”ですが長い年月の間にこうした行事と遊びが重なり合って今のような「雛まつり」となったようです。

イベントの背景と見どころ

今回の「雛まつり」イベントは8回目。過去7回の開催で延べ40万人の来場者を記録した都内最大級の雛人形展です。対象となる地域は九州。7県12地域より約1,000体のお雛様が参加しています。有力大名が多かった九州には各藩ゆかりのひな人形があり普段なかなか見ることが出来ません。雛人形の愛好者の方は無論、その他、日本文化を味わいたいあなたにもお薦めのイベントです。以下、見どころ1~4。

1.圧巻の800体の座敷雛!雛が見た日本の祭りを再現(漁樵の間)

福岡県飯塚市の伊藤伝右衛門(炭鉱王)邸では、20畳の座敷いっぱいに雛人形を飾る「座敷雛」が例年展示されているそうです。今回は百段階段の中でも最も煌びやかな座敷「漁樵の間」で”雛がみた日本の祭り“をテーマに800体の人形で再現しています。「京都祇園祭の山鉾行事」や「博多祇園山笠行事」を始め「青森ねぶた祭り」など日本全国の有数な祭りを「雛たち」が楽しむ様子を見ることができます。

驚いたことに小さな人形の一挙手一投足まで細かに作られていました。
日本文化を肌で感じることが出来る展示です。

2.特別展示!柳原白蓮と村岡花子の愛したお雛様(草丘の間)

柳原白蓮は大正時代を代表する歌人ですが明治、大正、昭和という激動の時代を逞しく生き抜いた開明的な女性でもあります。奇縁なことに筑豊の炭鉱王「伊藤伝右衛門」の元に嫁ぎながらその後自らの愛を貫き通しました。その白蓮が愛した“有職雛”と彼女の無二の親友、村岡花子(翻訳家,児童文学者)ゆかりの雛人形と雛道具が展示されています。

3.蓁姫(しんひめ)の古今雛と貴重な道具を一挙公開(清方の間)

寛政の改革で知られる松平定信の娘蓁姫が嫁いだ先は平安時代から続く長崎の名家、松浦家です。今回は輿入れの際に持参した、お雛様や雛道具、蓁姫が使用していた道具などを展示しています。当時の美術工芸の最高峰とも言われる精微な雛道具や実際の道具を間近に見る機会は中々ありません。

4.薩摩藩72万石の地に伝わる薩摩糸びな(星光の間)

今まで見てきたものは正に絢爛豪華なお雛様が多いのですがこれはまた、一味違ったお雛様。あの大藩「薩摩」の糸びな。江戸初期から作られ始めたという鹿児島の伝統工芸品です。子供が健康に育つようにとの願いを込めて,髪には強く丈夫な麻糸が使われています。体には一本の竹が使われ、顔がないのが特徴。素朴で愛らしいお雛様と言うことで目につきました。

以上、4つの座敷を中心に話をしてきましたがこれ以外にも沢山の見るべきものがあります。まだまだ時間がありますのでご自分の目で楽しまれては如何でしょう。

ーーBackstage from “ethica”ーー

取材をしながら頭に浮かんだ一冊の本がありました。確か「縮み志向の日本人」と言ったかと思いますが“何でも小さくすることが得意の日本人”の意味です。小さくてしっかりしているお雛様は正に日本人の真骨頂でしょうか??

ペンネーム:T.J

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethia編集部

人に驚きや感動を与える仕事がしたかった 【編集長対談】(株)グリップセカンド FARM TO PARK RACINES マネージャー 柳岡律子
コラボレーション 【 2017/4/28 】 Work & Study
昨年4月、池袋駅近くに南池袋公園がリニューアルオープンしました。広々とした芝生が整備された都心の真ん中とは思えないロケーションの良さが自慢の、誰にも居心地のいい公園です。 そして、この公園の傍らにあるオシャレなカフェレストランが「RacinesFARM to PARK」(ラシーヌ)。新しく生まれ変わった南池袋公園のシン...
飲食業の経験はなくても、レストランを運営するチームなら作れる 【編集長対談】(株)グリップセカンド 代表取締役 金子信也
コラボレーション 【 2017/4/26 】 Food
昨年4月、池袋駅近くに南池袋公園がリニューアルオープンしました。広々とした芝生が整備された都心の真ん中とは思えないロケーションの良さが自慢の、誰にも居心地のいい公園です。 そして、この公園の傍らにあるオシャレなカフェレストランが「RacinesFARM to PARK」(ラシーヌ)。新しく生まれ変わった南池袋公園のシン...
<ethicaコラボ企画> 今年のGWは【ニュージーランドのエコ&オーガニックを巡る旅7日間】はいかがでしょう。 ~インスタグラマー必見!『フォトコンテスト』開催~
コラボレーション 【 2017/2/20 】 Work & Study
エコ先進国でもあるニュージーランド。そのエシカルなライフスタイルに触れる旅を、『H.I.S. 』とwebマガジン『ethica(エシカ)』のコラボ企画として発売。現地のエコ生活を肌で感じて学べる7日間(2017年4月29日~5月5日)。今度のゴールデンウイークは、“楽しかった”だけではない、特別な旅を選んでみては。
今どき女子のエシカルライフの入口は“ありちゃん”。鎌田安里紗さんプロデュース【ニュージーランドのエコ&オーガニックを巡る旅】発表イベントをリポート(前編)
コラボレーション 【 2017/2/16 】 Work & Study
鎌田安里紗さんプロデュース、そしてH.I.S.企画のツアーと聞けば、素敵なライフスタイルが学べる充実した旅の予感。実際に今回のイベントに集まっているのは8割が若い女性で、大学生が目立ちました。彼女たちに参加きっかけを聞くと、みんな“ありちゃん”!今どき女子のエシカル意識も探りました。
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
都心のオアシスで「ニュージーランドフェア」 南池袋公園「Racines FARM to PARK」
コラボレーション 【 2017/5/11 】 Food
天候に恵まれたゴールデンウィークの3日間、池袋からほど近い都心の公園では、青々とした広い芝生の上で家族連れやカップルなど多くの人々が思い思いに楽しみ、明るい笑い声でいっぱいになりました。 これは5月3日から5日、豊島区の南池袋公園で開催された「ニュージーランドフェア」の一幕。 このイベントはニュージーランドの魅力をもっ...
都心のオアシスで「ニュージーランドフェア」 南池袋公園「Racines FARM to PARK」
コラボレーション 【 2017/5/11 】 Food
青山学院大学2年生の嶋村苑香さん 会場の100%ニュージーランド産生はちみつ専門店「ピービーズ」のブースでは、青山学院大学2年生の嶋村苑香さんがサークル(バスケットボール)仲間とアルバイトしていました。同店のオーナーで、はちみつ研究家の嶋村賢次さんのお嬢さんです。 ここでの一番人気は、はちみつで優しい甘さを引き出した、...

次の記事

伝統工芸とファッションをつなぎ「未来の伝統」の種をまく 【独占取材】生駒芳子さん ethica(エシカ)独占インタビュー(前編) 提供:シチズン時計
「君の名は。」ファン必見、約300点の制作資料が見られる展覧会が開催決定!

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます