ニコライ・バーグマンさん監修、モダンでシックなメンズネクタイが登場!
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
ニコライ・バーグマンさん監修、モダンでシックなメンズネクタイが登場!

日本で大活躍中のフラワーアーティスト、ニコライ・バーグマンさんがデザイン監修を行った、ビジネスにもドレスにも似合うメンズネクタイが登場します。

1947年創業というネクタイメーカーの老舗、永島服飾株式会社とニコライ・バーグマンさんとのコラボレーションによって生まれた今回のメンズネクタイシリーズ『Blooming Tie by Nicolai Bergmann (ブルーミング タイ by ニコライ・バーグマン)』は、イタリア最高峰のファブリックメーカーがプリントを手がけた生地を使用し品質にもこだわりと自信が伺えます。

なんといっても目に冴える鮮やかで上品なフラワーパターンは、これからの新しい季節の足取りをちょっと軽やかにしてくれそう。寒い季節や梅雨のあいだももちろん、雨の日、曇りの日にも映えそうな美しい色合いです。

ニコライ バーグマン フラワーズ & デザインといえば、細部にまでこだわる日本の感性と北欧のテイストを融合させたフラワーアレンジメントで、東京でもう知らない方はほとんどいないのではないかというほど有名ですよね。コンテンポラリーなスタイルの中に伝統美を備えた、大胆でありながら繊細な作品に魅了される方はたくさんいらっしゃると思います。またお花だけでなく、北欧らしい生き方、子どもの養育環境のヒントになるような書籍やアイテムも人気です。

そんな美しい生き方のアイディアを牽引するニコライ・バーグマンさんが「毎日気軽に楽しんでいただきたい」と思いを込め、パターンデザインも自ら行ったというこだわりのネクタイとのこと。

お値段もなかなかお手頃で、お祝いごとなどに贈っても喜んでもらえるのではないでしょうか。ぜひともチェックしてみてくださいね♪

販売開始: 2017年1⽉末〜
商品詳細: プリントネクタイ(イタリア生地使用) / ジャガードネクタイ(イタリア生地使用) / 日本製
商品展開: 全21種類/ 各2〜4色
価格: ¥10,800 (税込) 〜
展開場所: 全国有名百貨店、インターネット販売

<商品に関するお問合せ先>

永島服飾株式会社
〒164-0013 東京都中野区弥生町二丁目25番13号 永島壱号ビル5階
TEL:03-5342-0771 (代表) / FAX:03-5342-0330
担当:乾(イヌイ)・山元(ヤマモト) (※敬称略)

ーーBackstage from “ethica”ーー

何を隠そうわたしもニコライ・バーグマンファンのひとりなのですが、何年か前に読んだ彼の本で、日本に来て活動を始めたばかりのころ、仏花である菊の花をアレンジに用いて怒られたことがあると書いてあって、とても興味深く感じたことがあります。改めて見ると、菊の花って慎ましくて上品な色あいで、アレンジに使わないのが惜しいほど美しいですよね。昨年、福岡の大宰府天満宮で展覧会が開催されましたが、いつか仏閣を舞台に、菊を用いた彼のアートが見れる日をひそかに楽しみにしているのです。

ペンネーム:M. M.

これまでのニコライ・バーグマンさんに関する記事はこちらから

<ethica編集長対談> ニコライ・バーグマン『伝統花伝』シャングリ・ラ ホテル 東京

ニコライ・バーグマン展覧会「伝統花伝」シャングリ・ラ ホテル 東京の27階で9月25日16時まで開催中。

<ethica編集長対談> ニコライ・バーグマン氏を独占インタビュー

ニコライ・バーグマン氏が力強くも美しい奄美群島の大自然を写真とフラワーアートの世界で表現

 

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

安物を何度も買いつなぐより、高価でも長く使える一生ものを。 Let's Begin!1000円から始まる”一生もの”特集は『Begin 3月号』で!
元サッカー日本代表監督、フィリップ・トルシエ氏が日本へ贈るワインがついに解禁

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます