きっかけは感謝の気持ち。バーチャル提案書でハワイ旅行を実現しよう ハワイ旅行のきっかけは、「友人、家族からの誘い」(35.2%)
Pick Up! PR
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
きっかけは感謝の気持ち。バーチャル提案書でハワイ旅行を実現しよう

およそ150年前から日系人が移り住み、歴史的にも日本と馴染み深い南国の島、ハワイ。旅行で訪れたことのある方も非常に多いのではないかと思います。

ハワイ州観光局が調べたところによると、ハワイへ訪れる旅行客の60%がリピーターなのだそうです。一度ハワイへ訪れたら、半数以上の人は必ずハワイの虜になってしまうということなのです。このたび同局は、まだハワイを知らない人に「一度目」のきっかけを提供するべく、514,080通りもの旅行プランからその人らしいハワイ旅行を計画できるシステム、『ごほうび、ハワイ。』を発表しました。これがなかなか簡単で、心あたたまるのです!

私によくて、家族にイイ。身近な人に、ワクワクとノビノビを提案してみよう

いつも頑張っている自分へのごほうびにハワイ旅行もいいものですよね。しかしもちろん、ごほうびは自分だけのものではありません。いつも家族のために尽くしてくれる両親に親孝行をしたい。夫や妻にごほうびがしたい。いつも支えてくれる恋人、親友を喜ばせたい。美しいハワイで身も心も癒して、楽しい思い出を作ってほしい!そんなきっかけづくりを提案してくれるのが「ごほうび、ハワイ。」なのです。プレゼンした相手が、「たしかに、自分へのごほうびもアリかな」と感じてくれたら成功です。

さっそくやってみました!親友との友情を祝うグルメ旅行計画

プレゼン資料?企画提案書?ちょっと手間がかかりそう…いいえ、大丈夫です。さっそく筆者も試してみましたが、1分くらいで作れてしまいました。まずはキャンペーンページ「ごほうび、ハワイ。」(http://gohoubi-hawaii.com/)から「プレゼン資料を作ろう!」ボタンをクリックして、ごほうびをあげたい相手の名前を入力したら、後はイメージする旅行にふさわしいキーワードを選ぶだけ。

わたしは十数年来の親友「もえ」さんに、グルメなハワイ旅行を提案したいと思います。ハワイのことを何も知らないわたしが、あっという間にプレゼン資料を作れました。

いつも旅行先の治安を気にするもえさんに合わせて心配ごともチェック。あとはシミュレーターが自動でわたしにぴったりの企画書を作ってくれました。

できました。表紙は自分で選べますが、わたしは勝手に選んでいただきました。

まずは導入…。この自動で挿入された愛情たっぷりの殺し文句でおそらくもえさんは爆笑すると思います。

グルメが気になるけど何も知らないという筆者のような企画者でも、具体的な内容になるので、私自身も興味が湧いてきます。実際の旅行でもチェックすること間違いないですね。

治安についてのヒントもちゃんと入っていました。

魅力的なプレゼンを作って家族、恋人、お友達をハワイへ誘ってみよう

ハワイ旅行のきっかけは、「友人、家族からの誘い」(35.2%)、「友人、家族のハワイ体験を聞いて」(18%)が主であり、「友人や家族」からのお誘いや口コミによる影響力が高い」と、ハワイ州観光局局次長のミツエ・ヴァーレイさんは述べています。
「ごほうび、ハワイ。」を使って身近にいるあの人好みのハワイ旅行計画を作ったら、ハワイ旅行が実現するかもしれません。

さらにキャンペーンサイトでは、作った「ごほうび、ハワイ案」を公開できるようになっており、今後、「ごほうび、ハワイ案」を公開した方の中から抽選でハワイ往復航空券が当たるキャンペーンも実施される予定だとか。また、ハワイへの直行便が就航する5都市(札幌、東京、名古屋、大阪、福岡)にて、一般の参加者によるプレゼン大会も予定されているそうですよ。

「ごほうび」のきっかけづくり、ぜひトライしてみてくださいね。

ーーBackstage from “ethica”ーー

アメリカのテレビドラマ『ハワイ・ファイブ・オー』を観ている筆者ですが、ハワイ旅行は今まで考えたこともありませんでした。しかしプレゼンを作ってみたら、自分自身も想像を膨らませながら楽しく旅行計画できてしまいました。家族や恋人はもちろんですが、友情のごほうびとはなかなか粋なアイディアですよね。

ペンネーム:M. M.

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

元サッカー日本代表監督、フィリップ・トルシエ氏が日本へ贈るワインがついに解禁
もっと素直にありのままで!本音のバレンタインが話題です。

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます