もっと素直にありのままで!本音のバレンタインが話題です。
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
もっと素直にありのままで!本音のバレンタインが話題です。

画像提供:松屋銀座

今年もやってきたバレンタイン・シーズン。みなさま、準備はいかがでしょうか?チョコをいただく方も、そわそわしてしまう頃かと存じます。
筆者が小さい頃は、バレンタインデーといえば女の子が好きな人にチョコを渡して、告白するなんていう一大イベントがメインでしたが、その後「友チョコ」が流行り、今では気軽で楽しいバレンタインチョコも当たり前になりましたよね。

バレンタインをさらに楽しいきっかけに!ということで、松屋銀座から今年の「盛り上がる」バレンタインをご紹介したいと思います。

その1:「漫画サイネージ」でバレンタイン漫画の登場人物に!

人気のバレンタインチョコが揃い踏み、毎年賑わう松屋銀座ですが、8階GINZA バレンタイン アベニューで税込1,000円以上(合算可)お買い物をしたひとは、オリジナルバレンタイン漫画の登場人物になることができちゃいます。

「本命チョコ篇」「義理チョコ篇」「友チョコ篇」の3つのストーリーからお好みの漫画をセレクトした後、サイネージの前でポーズを取れば完成。お手持ちのスマートフォンにダウンロードして友達とシェアして楽しみましょう!

画像提供:松屋銀座

その2:チョコに貼って本音を主張!「花くまゆうさく画・本音シール」をプレゼント!

シュールな笑いで人気の漫画家・イラストレーター、花くまゆうさくさんによる、 松屋銀座オリジナルの“本音”シール。 「本気にしないでねー!」や「恋愛禁止!いつまでも友達!」など、もらった相手と笑いあえる内容になっています。こちらはGINZA バレンタイン アベニューにて税込 5, 000円以上(合算可)お買い物した方の中から、先着5,000名がもらえるとのこと。チョコに貼って、相手の反応を楽しんでみましょう!

写真提供:松屋銀座

毎年この時期の街中は、会社の上司や同僚、恋人、父親、兄弟とチョコのランクをさまざまに変えたと思しき大荷物の女性をたくさん見かけます。お金もけっこうかかってしまうんですよね…。

ただの義理、シリアスな本命というだけでなく、笑えるきっかけも盛り込んだ、楽しいバレンタインをぜひお過ごしくださいね♪

ーーBackstage from “ethica”ーー

最近、Twitter上でバーチャルチョコを送り合うサービス「バレンタインポスト」(ネスレ)を楽しんでいます。本物のチョコはもらえないけれど、工夫を凝らしたチョコの名前に思わずクスッとしたり、ジーンとしてしまう、そんなささやかなバレンタインの楽しみ。まだまだいろんな可能性があるなあと思います。

ペンネーム:M. M.

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

きっかけは感謝の気持ち。バーチャル提案書でハワイ旅行を実現しよう ハワイ旅行のきっかけは、「友人、家族からの誘い」(35.2%)
今どき女子のエシカルライフの入口は“ありちゃん”。鎌田安里紗さんプロデュース【ニュージーランドのエコ&オーガニックを巡る旅】発表イベントをリポート(前編) 今年のGW【4月29日(土)出発】NZツアーは『ethica(エシカ)』連動企画としてフォトコンテスト開催

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます