たまには「騒いだもん勝ち」なこともある!? エシカリスタVol.13 INHEELS共同代表 岡田有加さん
Blog
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram

たまには「騒いだもん勝ち」なこともある!?

あたしはこれがいいの!私はこれが嫌なの!と声を大にして騒ぎ立てたところであんまりいいことがないのは、経験済みの方が多いのでは?自分の要求を騒ぐよりも、建設的に話し合って話し合いで解決するのが大人。

ところが、最近ファッション業界では「消費者が騒いでブランドが動く」というパターンが目立ちます。これは、数少ない「騒いだもん勝ち」の構図かも?

記憶にあたらしいのは、最近動物愛護団体PETA(People for the Ethical Treatment of Animals)のビデオでアンゴラウールの残酷な生産方法が明らかにされたのをきっかけにH&Mがアンゴラウールの生産を中断したこと。その際Zaraは特に行動を起こさずに生産を続行しましたが、消費者からの圧力に根負けして約1か月後にアンゴラウールの生産を中止しました。

HMが生産中止を発表した際、ZARAもそうするべき!という署名を募るリンクがフェイスブックでシェアされており、私もサインし更に友人たちにシェアしました。その主張が聞き入れられた時には、「あ、ほんとに届くんだ・・・」と思ったと同時に、「騒いだかいがあったぜ!!」ととっても力強い気分になったことを覚えています。

それで思い出したのが去年4月の大事故、欧米ブランド向けに服を作っていたバングラディッシュの縫製工場Rana Plazaの崩壊事故。1129人もの犠牲者を出したこの大惨事のあと、多くのファッションブランドがバングラディッシュの工場の安全基準を定めた法的拘束力のある協定 (Accord on Fire and Building Safety in Bangladesh) にサインしました。いくつかのブランドは率先してサインしましたが、TOPSHOP等を擁するARCADIAグループ等、腰が重かったブランドの後押しをしたのは消費者。消費者からの要求・圧力でサインしたブランドが沢山あります。

安いこととデザインだけが服選びの判断基準でなくなってきていることが、消費者の「騒ぐ」力で巨大ブランドにも伝わり始めた2013年。2014年も、私達がおばあちゃんおじいちゃんになった時に後悔しない世界を作るため、ひとつひとつの選択を意識していきたいですね。

(写真は前述のRana Plazaで建物崩壊前に作られたことがほぼ確実なジーンズ。先日ロンドンに行った時に、PRIMARKのお店で買ってきました。10ポンド、約1700円。どこにでもありそうなジーンズですが、これを作った工場であんなことが起こっていると知ったら、騒ぎたくもなりますよね・・・。)

—お知らせ―

2/14日(金)13:30-16:00

一般財団法人対日貿易投資交流促進委員会(MIPRO

途上国商品輸入ビジネス支援セミナー<2人の女性起業家が語る『私の輸入ビジネス』>(参加費1000円)

INHEELS岡田が登壇、輸入ビジネスの経験談などをMIPRO貿易投資アドバイザー、エシカルアクセサリー販売のFeliz代表と共にお話させていただきます。

お申し込みは http://www.mipro.or.jp/Event/touroku/id/401

INHEELS共同代表  岡田有加さん

千葉県銚子市出身、慶応義塾大学総合政策学部卒業。大学卒業後外資会計事務所系コンサル ティングファームにてM&Aコンサルタントとして勤務。退職後渡英、ロンドンにて大手フェアトレードファッションブランドのホールセールエグゼク ティブを勤める傍ら夜間学校にてファッションデザイン、パターンカッティング等を学ぶ。英Environmental Justice FoundationにてデザイナーTシャツコレクションの担当を経て、2012年セクシーxクールなエシカルファッションブランドINHEELSを共同 代表の大山と共に起業。2012年アシックス33DREAMSエル・オンライン賞、2013年ソーシャルプロダクツアワード受賞。

ホームページ

オンラインショップ

Facebookページ

Twitter: @Yuka_INHEELS

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

日本初、ケニアから最短であなたのもとへ薔薇を届ける、アフリカの花屋さん。 ~エネルギーあふれるアフリカの薔薇で彩るエシカルウエディングも提案~
はじめまして! エシカリスタVol.14 アフリカの花屋 はぎうだめぐみさん

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます