スポンジ・ボブの世界を体感できるイベント「東武百貨店 池袋店」にて開催決定! 3月23日(木)~4月4日(火)「WE LOVE SpongeBob~スポンジボブ&フレンズ~」
イベント
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
スポンジ・ボブの世界を体感できるイベント「東武百貨店 池袋店」にて開催決定!

画像提供:バイアコム・ネットワークス・ジャパン株式会社

子供から大人まで世界中で愛されている人気アニメ作品「スポンジ・ボブ」の世界が体感できるイベント「WE LOVE SpongeBob~スポンジ・ボブ&フレンズ」が開催されます。スポンジ・ボブと愉快な仲間が住むお馴染みの海底都市「ビキニタウン」をイメージした世界の中で、スポンジ・ボブが自分の好きなものや”お気に入り“を紹介してくれます。

子供から大人まで愛されるアニメキャラクターは世界中に沢山ありますが「スポンジ・ボブ」はまさにその一つ。1999年にアメリカで発表され日本でも翌2000年から放送が開始されました。NHKの衛星放送をはじめ同教育テレビ、MTVジャパンやNHK Eテレでも放映され数多くのファンを魅了して来ています。

お馴染みのシーンを再現

今回のイベントは来場者が「ビキニタウン」を巡り、アニメに登場する“あのシーン”の中で沢山のボブの仲間と出会い、素敵な体験を通じて来場者ご自身が“お気に入り”を見つけて貰えるよう工夫されています。

会場内には「クラゲ畑」やスポンジ・ボブが住む「パイナップルの家」、職場である「カニカーニ」などお馴染みのシーンを再現したエリアが広がり、スポンジ・ボブの大親友パトリックを始め、ゲイリー・イカルド・プランクトン・カーニさんなど個性あふれるキャラクター達も登場するそうです。

その他にも、キャラクターみんなの大好物「カーニバーガー」の展示や「秘密のレシピ」に隠された仕掛け、特大トリックアートなど思わず笑えて来るギミックなども展開されます。

「ARアプリ」を活用したデジタルコンテンツも!

その他、「ARアプリ」を活用したデジタルコンテンツも楽しむことが出来るようです。イベント会場でしか入手できないフォトフレームをダウンロードすると、アニメのワンシーンと合成した写真を撮影することができ、その写真はすぐにTwitter,Facebook.InstagramなどSNSで簡単にシェアも可能。加えて来場者が「どのキャラクタータイプか?」が分かる「キャラクター診断」もあり若い女性にも楽しめるコンテンツが満載です。

「ARアプリ」は来場者ご自身のスマートフォンを、会場内に設定したQRコードに読み込み、ダウンロードして起動するだけで簡単に楽しむことができるようです。

物販コーナーでは、イベント会場オリジナルグッズのほか豊富なラインナップも取り揃えられておりこれも楽しみの一つ。一度たずねて見られたら如何でしょう?

以下はイベントの概要です。

<イベント概要>

WE LOVE SpongeBob ~スポンジ・ボブ&フレンズ~
主催: 東武百貨店 http://www.tobu-dept.jp/ikebukuro/
企画協力: バイアコム・ネットワークス・ジャパン株式会社
会期: 2017年3月23日(木)~4月4日(火)
開催時間: 午前10時~午後8時(最終日は午後6時閉場)最終入場は閉場時間の30分前まで。
会場: 東武百貨店 池袋店 8階催事場
入場料: 大人(中学生以上)500円 子供(4歳~小学生)300円 3歳以下無料(障がい者手帳ご提示で、ご本人様とご同伴者1名まで入場無料)

公式フェイスブック: http://www.facebook.com/spongebob/
キャラPa!: http://sp.walkerplus.com/charapa/
ニコロデオン: http://www.nickjapan.com/character/spongebob/

ーーBackstage from “ethica”ーー

世の中には数々のアニメキャラクターがありますが世代を超えて生き残っていくものには矢張り何らかの共通点があるのでしょう。
「スポンジ・ボブ」には愛すべき沢山の仲間がいます。そして彼のキャラクター。
前向きで楽観的で無邪気で一生懸命。その姿が多くのファンを創り出しているような気がします。

ペンネーム:T.J

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

ケニアの母子へ支援のバトン。サスティナブルな自立に繋げるカギは【チーム日本】 「創薬型製薬企業として社会とともに成長し続ける」塩野義製薬(株)
本当の美しさとは?ーー女性チームの情熱が開花した「CITIZEN L Ambiluna」のストーリー 【対談】生駒芳子さん×櫻井沙織さん ethica(エシカ)独占インタビュー(後編) 提供:シチズン時計

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます