今、エレガントな平和主義者「サプール」に注目が。写真展「THE SAPEUR/コンゴで出会った世界一おしゃれなジェントルマン」開催 4月19日~5月31日・湯布院ホテル森のテラス内「ラベンダークラブ」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
今、エレガントな平和主義者「サプール」に注目が。写真展「THE SAPEUR/コンゴで出会った世界一おしゃれなジェントルマン」開催

(C)CHANO

皆さんは「サプール」をご存じですか?

サプールとは、世界で最も貧しい国の一つであるアフリカのコンゴで、平均月収3万円程度にもかかわらず、高級ブランドに身を包み、軽快なステップで街を闊歩するエレガントな人たち。彼らは「服が汚れるから争わない」、「ファッションは自分らしさを表現する武器」と主張する平和主義者でもあります。

(C)CHANO

昨年、渋谷西武百貨店でも開催され人気を博した写真展

そんなサプールたちに魅せられ、日本人カメラマンとして初めて現地に飛んで特写したSAP CHANOさんの写真展「THE SAPEUR/コンゴで出会った世界一おしゃれなジェントルマン」が4月19日から5月31日まで大分県由布市の湯布院ホテル森のテラス内カフェ&ギャラリー「ラベンダークラブ」で開かれます。

この写真展は昨年3月、渋谷西武百貨店で開催され、入場に1時間を要するなど人気を博したもの。九州では初めての開催となる今回は、新作の「日本を旅するサプール」を含め約100点が紹介されます。

(C)CHANO

(C)CHANO

(C)CHANO

CHANOさんは大学卒業と同時にフリーランスとして活動を開始。アメリカで仕事をした後、沖縄に移住して現在は広告写真とサプールをライフワークにしています。

DJ sarasaさんとのコラボイベントも展開

最近では「THE SAPEUR」のダイジェスト版写真展を渋谷のレストランバーで開催。サプールに感銘を受けたDJ sarasaさんとのコラボイベントも行っています。

DJ sarasaさんについて

日本はもとより、アジア各国を含め、世界を股にかけるDJとして現在活動中。映画『RIZE』や『Block Party』の国内配給に携わった。Funk、Disco、Soul、BreakbeatsやHouseもクロスオーバーさせる独自の選曲とDJスキルで、
コアなリスナーを中心に高い評価を受けている。さらに東京を代表する新世代のファッションアイコンとしてさまざまな雑誌でその着こなしが、ストリートからも高い支持を得ている。

<参照>
http://www.clubberia.com/ja/artists/1583-DJ-SARASA/
http://www.waxpoetics.jp/blogs/sarasa/2014/04/29/4875/

CHANOさん にとっての「私によくて、世界にイイ。」

最後に、CHANOさんにとっての「私によくて、世界にイイ。」についてお伺いしました。

「世界にはまだまだ知らないことがたくさんあります。イイこともワルイコトも。
でも知るべきことはただひとつ。それを見て笑顔がこぼれるか?それを聞いてハッピーになれるか?それを伝えてみんなが喜ぶか?
誰だって辛い時、悲しい時はあるけれど、どんな時でも笑顔になれるような映像を世界中で撮影し、皆さんに届けることが私にとって最大のイイことで、きっと地球も笑ってるに違いないと信じているんです。。」SAP CHANO

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

ethica編集部

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

日本初!ファン・ゴッホ美術館との国際共同プロジェクト ゴッホ展 巡りゆく日本の夢
得意なコト×好きなコトで社会貢献。日本初のオンライン寄付サイトを立ち上げた40歳の転機とは? 【編集長対談】(公社)アニマル・ドネーション代表理事 西平衣里さん (財)クリステル・ヴィ・アンサンブル主催「Foster ACADEMY」登壇者取材記事(前編)

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます