5月3日~5日、池袋にニュージーランドがやってくる! ラムチョップBBQやマルシェでNZの魅力を満喫しよう♪ 【ethica限定しおりを先着1万名にプレゼント】
コラボレーション
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
5月3日~5日、池袋にニュージーランドがやってくる! ラムチョップBBQやマルシェでNZの魅力を満喫しよう♪ 【ethica限定しおりを先着1万名にプレゼント】

~都会のオアシス「南池袋公園」×カフェレストラン「RACINES」×「ニュージーランド」コラボフェア~

世界中から「安心」「おいしい」と高い評価を得ているニュージーランドの食品。大自然に育まれた農産物・食肉・乳製品・海産物の提供は、食べる楽しみだけではなく、サスティナビリティ、トレーサビリティの視点からも注目をされています。GWのフェアでは、南池袋公園にニュージーランド・マルシェが出現。BBQコーナーもイチオシです。飛行機に乗らずに、NZの魅力を味わいに行きましょう!

MINAMI IKEBUKURO PARK opening movie from Minami Ikebukuro PARK on Vimeo.

【ラムチョップ・バーベキューコーナー】

香ばしい匂いに誘われるBBQコーナー。NZのラムは恵まれた自然環境の中で飼育されるうえ、わずか4~6カ月ほどで出荷されるため、臭みがなくて柔らかいのが特徴。ラムは苦手という人にこそぜひ食べてほしい逸品食材です。羊肉に含まれるカルニチンは脂肪燃焼効果もあり、今大注目のヘルシーなお肉です。ワイン片手にラムチョップを頬張る至福のひとときを!

【ニュージーランド・マルシェ】~出品アイテムの一部を紹介~

マヌカハニー

NZといえば、この蜂蜜。殺菌効果が高く、活性強度が高いスーパーフードです。マヌカの木は先住民マウリ族が薬木として利用してきたもので、その蜂蜜は現在ではNZの家庭には必ず置いてあるというほどの生活必需品。今回のマルシェでは本場のマヌカハニーやマヌカキャンディーが手に入ります。

ワイン

高品質のワイン生産地として世界から認められているNZ。ブドウは国内各地の様々な条件下、土壌で栽培されるため、味や特徴はバラエティ豊か。珍しいキウイのワインもあります。

ピーナッツバター

ピーナッツと塩だけで作られる「ピックス」のピーナッツバター。砂糖や添加物を使用しない自然の甘さと香ばしさが特徴です。濃厚な風味があり、パンに塗るだけで特別なごちそうに。

ハニどら

ニュージーランド産の蜂蜜を取り扱う専門店「PBees(ピービーズ)」。蜂蜜をたっぷり練り込んだハニどらはクチコミでも大人気。とろけるような甘さですが、なんと砂糖不使用のスイーツです。

キャンドル

NZ発のライフスタイルフレグランスブランド「Ecoya(エコヤ)」。そのキャンドルに使用されているワックスは100%大豆由来。そこにNZの植物や果実が持つ自然な香りが配合されています。

ほかにも、オリーブオイル、チョコレート、クッキー、雑貨など、様々な特産品が並びます。自然を何よりも大切にするNZらしいオーガニックでエシカルな商品は、気持ちまで健康的にしてくれますよ。

【ワークショップ】

カフェ店内にて、天然の蜂の巣を精製した蜜蝋(みつろう)を使ったキャンドル作りにも挑戦できます。各日14:00~・15:30~の2回開催(各回先着10名)※蜜蝋作り体験:1人500円

ethica(エシカ)×ニュージーランド大使館 コラボ企画

フェア来場者(先着1万名)にethica(エシカ) とNZ大使館商務部がコラボして作った限定しおりをプレゼント。公園の青空の下で読書を楽しみたい人は、ぜひゲットしておきましょう。

「ethica(エシカ)」オリジナルしおり イラスト:shiho

「ethica(エシカ)」オリジナルしおり イラスト:MIMI YAMANAKA

【インフォメーション】
■場所:南池袋公園(豊島区南池袋2-21-1)
■日時:2017年5月3日~5月5日 11:00~18:00 ※3日のみ物販13:00~開始
■主催:ニュージーランド大使館 商務部
■イベント問合せ:03-5478-9668
■協力:株式会社グリップセカンド

ーーBackstage from “ethica”ーー

リニューアルされたばかりの気持ち良い公園ですから、ふらっと訪れて、ニュージーランドの魅力を体感してみてはいかがでしょう。これだけ多彩な本場の特産品にふれられる機会は貴重です。なお、フェアは5月3日~5日まで開催ですが、ラムチョップBBQコーナーのみ5月1日から始まるそうです。絶品のラム肉をじっくり堪能するなら、平日の5月1日&2日が狙い目かもしれませんよ。あまりの美味しさに、連日で通いたくなるかもしれませんが。

記者 小田 亮子

神奈川県出身。求人広告、結婚情報誌などの制作ディレクターを経てフリーランスに。現在おもにブライダル関連のレポートを「ゼクシィ」「ゼクシィPremier」にてディレクション。「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」ほか、エステティック、化粧品、ジュエリーなどの記事をライティング。三人姉妹の真ん中に育ち、女子高・女子大卒。趣味は愛猫(雌)との女子会。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

小田 亮子

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

人に驚きや感動を与える仕事がしたかった 【編集長対談】(株)グリップセカンド FARM TO PARK RACINES マネージャー 柳岡律子
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます