あたらしい「当たり前」を作ります エシカリスタVol.15 Ethical Fashion Japan代表 竹村伊央さん
Blog
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram

 あたらしい「当たり前」を作ります

最近、「幸せの4か条」というものを知りました。みなさん何か知っていますか?

  ①愛されること

②褒められること

③役に立つこと

④必要とされること

これらが自分に起こることで人間は幸せを感じるそうです。

これって、ものすごくエシカルに通ずることではないのかな? と思いました。例えば、途上国の支援につながることを行っている会社だとすれば、支援 することで「役に立つ」し、現地のニーズを叶えれば現地の人々から「愛される」。それを継続させれば、「必要とされる」だろうし、そしてその行いを先進国 に伝えれば、「褒められる」。もしかしたら、エシカルというのは、人間が考えた最高級の幸せのかたちなのかもしれないと。

今までエシカルというのは、「誰かのために」というのがものすごく強くメッセージとして前に出ていたと思うんです。でも、この幸せの4か条を踏まえると、実は自分のためにやっているんじゃないかって思えたのですが、それが実は少しホッとしました。以前のブログで エシカルと掲げることで差別化をしてしまっているのではないか、と書いたと思います。私の頭の中でこの「差別化」がつっかかっていたんです。でも、この幸 せの4か条を知って安心しました。やはりビジネスにおいて、何かを達成したいという欲望は「自分が」とか「自分のために」というのが一番根底にあるのでは ないかと思います。たとえそれが「社長になりたい!」でも、「お金持ちになりたい!」「天下をとりたい!」でもなんでも良いんです。みんな自分が原動力で 自分のために働いているのに、エシカルの人間だけは「人のために!」というふうに受け取られるのが、どこかで引っかかっていました。

でも、これで、すっきりしました。エシカルをやっている人だって自分の幸せのために働いているんだって。これなら、エシカルな将来も切り開かれるこ とでしょう! だって、考えの根本的なところは今も昔も変わってなくて、やり方が変わっただけ。人間そんな急激な変化には対応できる人はそんなに多くない と思います。

先日、ミーティングの帰り道にお話していたときにお聞きした話で、最近の起業家さんには特に環境やエコをテーマに企業をする方が増えているそうで す。昔はそうした部類のものはボランティアとして区別され、趣味の範囲でしかなかったものが、いまはエコを使って商売するというところまで変化してきたと 関心しておられました。やはり社会が変われば環境も変わり、それに応じてやり方も変化していくのは当たり前。エシカルがこうして世の中に出始めたのも当た り前のことなんだなって納得できました。

本記事はETHICAL FASHION JAPANに2014年1月17日に掲載されたものです。http://www.ethicalfashionjapan.com/2014/01/happy/

☆★おしらせ★☆

EFJのサイトがプチリニューアルしました!これを記念して、1月中に新規読者登録をしていただいた方全員にEFJ STOREで使える15%OFFコードを発行中です。ぜひ、この機会に登録してみてくださいね。

 

Ethical Fashion Japan代表  竹村伊央さん

1982年名古屋市生まれ。高校卒 業と同時に渡英し、イギリスでエシカルファッションが興隆しつつある2005年より、エシカルファッションムーブメントを作り上げたブランドの1つ、 JUNKY STYLINGに勤務。またスタイリストとしても活躍し、エシカルを中心としたスタイリングも手がける。2010年帰国後、2012年にEthical Fashion Japanを設立。同年に「ファッション×社会問題」をコンセプトにしたエシカルファッション誌「Emagazine」をローンチするほか、2013年3 月の1周年イベントでは日本初のエシカルファッションのショッピングイベントをエシカルブランド14社と開催。ファッションとしてエシカルを根付かせるさ まざまな取り組みを行う。

Ethical Fashion Japan

twitter :@ethicalJP

Facebook

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

Safia’s Fair Trade World Vol.4 ピープル・ツリー サフィア・ミニーさん サフィアが考える2014年とは?
桜の花に未来を託して…… 「フラガール 3.11 -つながる絆-(講談社)」著者 清水一利さんのレポート

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます