DIYで古い部屋をオシャレに楽しく! 3つの簡単アイデア
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
DIYで古い部屋をオシャレに楽しく! 3つの簡単アイデア

Cherry Blossom Branch - Wall Decal/Some rights reserved by Vinyl Design 引用元:http://www.flickr.com/photos/vinyldesign/3383811108/

「家が古いから引っ越そうかな」「この家具、もう飽きたから捨てようかな」と迷っている皆さんに提案があります。DIY(Do it yourself、自分で手直し)をしてみませんか? 新しいものにするよりも愛着のある部屋にできるかもしれませんよ。今回は、簡単な方法を3つ紹介します。

chalk dots+chalkboard+decor+miu miu swallows -door/Some Rights Reserved by Maegan Tintari 引用元:http://www.flickr.com/photos/lovemaegan/4695008059/

子ども部屋にもおすすめ! 黒板になっちゃうペンキを使うDIY

最近オシャレなお店の前に、黒板が置いてあってメッセージが書かれていることってありますよね。書かれている内容によって雰囲気が変わってくる黒板。そんな黒板を日常に取り入れてみませんか。

「黒板ペンキ」は、塗った面が黒板に変わってしまう優れもの。たとえば古い冷蔵庫に塗ったり、古いタンスに塗ったり、ドアに塗ったりと、いろんな使い方ができます。

wave of life at 4am/Some Rights Reserved by daren 引用元:http://www.flickr.com/photos/epac_island/2375021630/in/photostream/

黒板に変わった面にチョークでイラストを描けば、それこそ日替わりで違った柄を楽しむことも可能。なかには、壁一面に黒板ペンキを塗って絵を描いてしまう、なんていう強者も。「黒板ペンキ」といっても様々な色があるので、いろいろな楽しみ方ができそうです。

子どもが壁に絵を描きたくなったらすぐに書けるし、伝言板代わりに使うこともできます。ちょっと手をかけることによって古い家具や家が新たな楽しみ方を提供してくれる、魅力的なDIY方法です。

質感も変えられる! カッティングシートで手軽に楽しく

ペンキを塗るのはちょっと大変という場合は、カッティングシートを使うのもおススメ。糊付きのシートで、様々な色や模様があり、木目調や大理石調のものを使えば、質感も変えることができます。

シートはシールタイプのもの、接着剤を利用して貼付けるタイプのものがありますが、シールタイプのものの方が簡単に施行できます。汚れたドアをきれいに直したり、台所や洗面所の古びた戸棚を木目調にして暖かみを出したり、家具の色を変えたりしてみてはいかがでしょうか。

Wall Stickers/Some rights reserved by teamstickergiant 引用元:http://www.flickr.com/photos/stickergiant/3808229956/

遊び心を発揮して! シールステッカーで家を楽しくオシャレに

手軽に雰囲気を変えたい場合は、シールステッカーを使ってみるのはいかがでしょうか。壁にウォールステッカーを貼れば、模様替えというほど手をかけなくても気軽にイメージチェンジができてしまいます。古い家具に貼るのも、イメージが変わって良いもの。

Toilet humour/Some rights reserved by Brett Jordan 引用元:http://www.flickr.com/photos/x1brett/4481271046/

自分でシールを切り取って使うなら、アイデア次第でどんな雰囲気にもできてしまいます。トイレのタンクに住人を仕込んだり、電源スイッチの小人が節電を促すようにしたりと、楽しい工夫をするのも良さそうです。

いろんなアイデアを知りたいという場合や、もっとDIYを楽しみたいというときは、DIY専用のSNS、「セルフリフォーム.com」をのぞいてみてはいかがでしょうか? たくさんの人が自分のセルフリフォームの手順を写真付きで載せているので、見ているだけでアイデアが広がりそうです。

古い家具や部屋だからこそ、DIYも思い切ってできるというもの。まだまだ使えるものを安易に諦めず、ちょっと知恵を絞れば、今までよりも愛着の持てる部屋になるかもしれません。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)〜
http://www.ethica.jp

FelixSayaka

人に驚きや感動を与える仕事がしたかった 【編集長対談】(株)グリップセカンド FARM TO PARK RACINES マネージャー 柳岡律子
コラボレーション 【 2017/4/28 】 Work & Study
昨年4月、池袋駅近くに南池袋公園がリニューアルオープンしました。広々とした芝生が整備された都心の真ん中とは思えないロケーションの良さが自慢の、誰にも居心地のいい公園です。 そして、この公園の傍らにあるオシャレなカフェレストランが「RacinesFARM to PARK」(ラシーヌ)。新しく生まれ変わった南池袋公園のシン...
飲食業の経験はなくても、レストランを運営するチームなら作れる 【編集長対談】(株)グリップセカンド 代表取締役 金子信也
コラボレーション 【 2017/4/26 】 Food
昨年4月、池袋駅近くに南池袋公園がリニューアルオープンしました。広々とした芝生が整備された都心の真ん中とは思えないロケーションの良さが自慢の、誰にも居心地のいい公園です。 そして、この公園の傍らにあるオシャレなカフェレストランが「RacinesFARM to PARK」(ラシーヌ)。新しく生まれ変わった南池袋公園のシン...
<ethicaコラボ企画> 今年のGWは【ニュージーランドのエコ&オーガニックを巡る旅7日間】はいかがでしょう。 ~インスタグラマー必見!『フォトコンテスト』開催~
コラボレーション 【 2017/2/20 】 Work & Study
エコ先進国でもあるニュージーランド。そのエシカルなライフスタイルに触れる旅を、『H.I.S. 』とwebマガジン『ethica(エシカ)』のコラボ企画として発売。現地のエコ生活を肌で感じて学べる7日間(2017年4月29日~5月5日)。今度のゴールデンウイークは、“楽しかった”だけではない、特別な旅を選んでみては。
今どき女子のエシカルライフの入口は“ありちゃん”。鎌田安里紗さんプロデュース【ニュージーランドのエコ&オーガニックを巡る旅】発表イベントをリポート(前編)
コラボレーション 【 2017/2/16 】 Work & Study
鎌田安里紗さんプロデュース、そしてH.I.S.企画のツアーと聞けば、素敵なライフスタイルが学べる充実した旅の予感。実際に今回のイベントに集まっているのは8割が若い女性で、大学生が目立ちました。彼女たちに参加きっかけを聞くと、みんな“ありちゃん”!今どき女子のエシカル意識も探りました。
都心のオアシスで「ニュージーランドフェア」 南池袋公園「Racines FARM to PARK」
コラボレーション 【 2017/5/11 】 Food
天候に恵まれたゴールデンウィークの3日間、池袋からほど近い都心の公園では、青々とした広い芝生の上で家族連れやカップルなど多くの人々が思い思いに楽しみ、明るい笑い声でいっぱいになりました。 これは5月3日から5日、豊島区の南池袋公園で開催された「ニュージーランドフェア」の一幕。 このイベントはニュージーランドの魅力をもっ...

次の記事

子どものころになりたかった職業を、1日体験してみませんか?
うっそうと茂る熱帯雨林の中で自然に育ったコーヒーはいかが?

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます