「オニツカタイガー」から“エシカル”をテーマにした伊勢丹限定シューズを発売
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
「オニツカタイガー」から“エシカル”をテーマにした伊勢丹限定シューズを発売

写真提供:アシックスジャパン株式会社

アシックスジャパン傘下の有名ブランド「オニツカタイガー」と聞けばスポーツシューズを愛する人は勿論、足元のファッションに気を使う人にも充分なインパクトがあります。

その「オニツカタイガー」が人気シリーズ「NIPPON MADE(ニッポン メイド)」からスリッポンでありながらスニーカーとしても履けるユニークなシューズ「MEXICO SLIP-ON DELUXE(メキシコ スリッポン デラックス)を5月17日から伊勢丹本店メンズ館、5月31日より国内の「オニツカタイガー」の一部直営店で販売します。

新製品のコンセプト

今回の発売は三越伊勢丹グループの「人と自然の心地よい関係性を創造するために、未来に持続可能な社会の実現のため先進的なモノ・コトを提案する「グローバル グリーンキャンペーン」の開催にあわせて企画されました。

この商品は日本の職人技術を追求した「NIPPON MADE(ニッポン メイド)」シリーズからの新作で、スリッポンでありながら、付属の靴ひもを通してスニーカーとしても履けると言った二通りの楽しみ方があることは前述した通りです。

アッパー(甲被)とベロ部をゴムバンドでつなぎ甲部分に伸縮性を持たせることでスリッポンのように靴ひもを通さなくても簡単に着脱できるように工夫されています。

アッパーのホワイト部やオニツカタイガーストライプは兵庫県の伝統工芸である、化学品を用いず自然の恵みだけで作るエコな皮革“姫路白なめし”(*1)を採用し、サイドのグレー部分は地球環境にも人にも優しい天然素材の紙糸繊維(*2)を採用。環境に優しいリサイクル素材を選定したエシカルなシューズの在り方を提案した商品となっています。

*1:牛などの原皮を脱毛し、塩と菜種油で揉み上げ天日にさらして動物本来の肌色に仕上げる皮。

*2:三また、楮(こうぞ)、麻など原料に紙を抄き、その紙を細かく裁断して撚りをかけて糸にしたもの。抄織紙と呼ばれ古くから日本で作られていた紙糸繊維。皮に比べ、軽いのが特徴。

商品の概要
品名 :MEXICOSLIP-ONDELUXE
品番 :TH7X2Q
価格 :26,000円+税
カラー:ソフトグレーXクリーム
サイズ:25.5~28.0cm(0.5cm刻み)、29.0cm
素材 :アッパー:天然繊維、合成繊維X天然皮革
アウターソール:ゴム底
生産国:日本

写真提供:アシックスジャパン株式会社

オニツカタイガーの魅力

ご存知の人もあるかと思いますが同ブランドは1949年に鬼塚喜八郎氏によって創られました。「オニツカ」の名はここから来ています。

創業以来、バスケットボールを皮切りにランニングシューズなど、高校の運動部を軸として拡散して行きオリンピック日本代表のシューズを手掛けると急成長、「オニツカタイガー」を履いた選手によるオリンピックメダル獲得ラッシュも影響して世界に認められるブランドとして確固たる地位を築いて行きました。

現在ではヨーロッパを中心に世界各地で爆発的な人気を博し、日本国内の直営ショップが外国人観光客で連日賑わっています。

このような人気ブランドの「新製品」を一度ごらんになるか出来れば履き心地を試して頂きたいものです。

ーーBackstage from “ethica”ーー

「オニツカタイガー」の商品群を見ているとやや奇抜なデザインのものからオーソドックスなものまで極めて多種多様な商品が見受けられます。
記事を書くために色々調べているうちにすっかり魅了されました。
近い中に是非、試してみようと考えています。

ペンネーム:T.J

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

手土産にぴったり、GINZA SIXで見つけたスーパーフードを使ったメレンゲ菓子
今年70周年を迎えるカンヌ国際映画祭。「第一話」1998年 – ラブストーリーの誕生 ショパールの輝かしいパートナーシップを通じた20年におよぶ映画界へのオマージュ

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます