今年70周年を迎えるカンヌ国際映画祭。「第一話」1998年 – ラブストーリーの誕生 ショパールの輝かしいパートナーシップを通じた20年におよぶ映画界へのオマージュ
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
今年70周年を迎えるカンヌ国際映画祭。「第一話」1998年 – ラブストーリーの誕生

attends the "Ismael's Ghosts (Les Fantomes d'Ismael)" screening and Opening Gala during the 70th annual Cannes Film Festival at Palais des Festivals on May 17, 2017 in Cannes, France.

今年70周年を迎えるカンヌ国際映画祭。そして、この祭典とショパールのパートナーシップは、今年で20年目を数えます。1998年、当時同映画祭の会長を務めていたピエール・ヴィオ氏が、ショパールの共同社長であるキャロライン・ショイフレにパルム・ドールのリデザインを依頼して以来、ラグジュアリーメゾンとして名高いショパールと映画界の憧れの祭典が、心に残るクリエーションと忘れられない瞬間に彩られた歴史を、ともに歩み始めることとなりました。情熱に満ちた豊かなコラボレーションの歴史を振り返ります。

「エヴァ・ハーツィゴヴァ」2017年5月17日カンヌ映画際にて 写真提供:Chopard

1998年 – ラブストーリーの誕生

この年の5月23日、ウォッチ&ジュエリーのブランド、ショパールはカンヌのクロワゼット通りにブティックをオープンしました。そのテープカットの際にキャロライン・ショイフレの傍らには、華々しいカンヌの魅力にオマージュを添える美しいふたりの女性 – カーラ・ブルーニとエヴァ・ハーツィゴヴァ – の姿がありました。

その翌日、パレ・デ・フェスティバルに居合わせた観客と数百万というテレビ視聴者の目の前で、ショパールの共同社長兼アーティスティックディレクターのデザインした新しいパルム・ドールがそのベールを脱ぎました。この年のカンヌ国際映画祭の審査委員長マーティン・スコセッシおよび審査員たちは、全員一致でテオ・アンゲロプロスの『永遠と一日』をパルム・ドールに選びました。そしてショパールのジュエリーをまとって厳かなまでに麗しい女優コン・リーがアンゲロプロスにトロフィーを授与したのでした。

このふたつの出来事が、その後続いていくことになるパートナーシップの始まりを印象づけました。卓越性と創造性、美と魅力のシンボル、ショパールとカンヌ国際映画祭がこの時ひとつに結び付き、永遠のつながりを約束したのです。

次回予告

「第二話」2001年 – ショパール・トロフィーの創設

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
自分の体験を、自分の言葉で伝えていきたい 【三原勇希・後編】
sponsored 【 2018/7/31 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さんに、ethica編集長・大谷がインタビュー。前編では三原さんの生い立ちや性格についてうかがいました。後編では、引き続きラジオDJのお話や、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを視察したボルネオ...

次の記事

「オニツカタイガー」から“エシカル”をテーマにした伊勢丹限定シューズを発売
「第二話」2001年 – ショパール・トロフィーの創設 【カンヌ国際映画祭】 ショパールの輝かしいパートナーシップを通じた20年におよぶ映画界へのオマージュ

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます