「第二話」2001年 – ショパール・トロフィーの創設 【カンヌ国際映画祭】 ショパールの輝かしいパートナーシップを通じた20年におよぶ映画界へのオマージュ
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
「第二話」2001年 – ショパール・トロフィーの創設 【カンヌ国際映画祭】

attends the "Ismael's Ghosts (Les Fantomes d'Ismael)" screening and Opening Gala during the 70th annual Cannes Film Festival at Palais des Festivals on May 17, 2017 in Cannes, France.

今年70周年を迎えるカンヌ国際映画祭。そして、この祭典とショパールのパートナーシップは、今年で20年目を数えます。第一話につづき、情熱に満ちた豊かなコラボレーションの歴史を振り返ります。

さらに、巻末では、記者発表(マリオン・コティヤール)の様子や、クールなフォトコール映像(モニカ・ベルッチ)をご紹介します。

「マリオン・コティヤール」2017年5月17日カンヌ映画際にて 写真提供:Chopard

2001年 – ショパール・トロフィーの創設

ショパールは、世界の映画制作を支援したいと願うキャロライン・ショイフレの情熱に導かれ、カンヌ国際映画祭とともに映画界の新星に授与するショパール・トロフィーを創設しました。オドレイ・トトゥからマリオン・コティヤール、レア・セドゥ、ダイアン・クルーガーからジャック・オコンネル、さらにはガエル・ガルシア・ベルナル、ニールス・シュナイダーまで、メゾンは将来に有望な映画界の才能を発掘する力を発揮しています。2016年は、ベル・パウリー、ジョン・ボイエガがこの賞を受賞しています。

 

2007年 – レッド カーペット コレクションの発表

カンヌ国際映画祭の60周年、そしてショパールと同映画祭のパートナーシップ締結10周年を称え、キャロライン・ショイフレは、60点のハイジュエリーで構成されるレッド カーペット コレクションをデザインしました。パレ・デ・フェスティバルへと向かうあの伝説の階段を一歩一歩上っていく女優たちを彩ることを使命とした夢のように美しいジュエリーは、多彩な素材にさまざまな宝石を融合させます。2007年以来、ショパールは年を重ねるごとにコレクションにジュエリーをひとつ加え、映画祭の開催数と同じ数のジュエリーを作るというチャレンジに挑んでいます。こうして70周年を迎える2017年、レッド カーペット コレクションは70点のジュエリーを提案するのです。

次回予告

2013年 – サステナブル・ラグジュアリーへの旅:美が倫理とひとつになる時

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
自分の体験を、自分の言葉で伝えていきたい 【三原勇希・後編】
sponsored 【 2018/7/31 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さんに、ethica編集長・大谷がインタビュー。前編では三原さんの生い立ちや性格についてうかがいました。後編では、引き続きラジオDJのお話や、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを視察したボルネオ...

次の記事

今年70周年を迎えるカンヌ国際映画祭。「第一話」1998年 – ラブストーリーの誕生 ショパールの輝かしいパートナーシップを通じた20年におよぶ映画界へのオマージュ
「第三話」2013年 – サステナブル・ラグジュアリーへの旅:美が倫理とひとつになる時 【カンヌ国際映画祭】 ショパールの輝かしいパートナーシップを通じた20年におよぶ映画界へのオマージュ

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます