「第三話」2013年 – サステナブル・ラグジュアリーへの旅:美が倫理とひとつになる時 【カンヌ国際映画祭】 ショパールの輝かしいパートナーシップを通じた20年におよぶ映画界へのオマージュ
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
「第三話」2013年 – サステナブル・ラグジュアリーへの旅:美が倫理とひとつになる時 【カンヌ国際映画祭】

attends the "Ismael's Ghosts (Les Fantomes d'Ismael)" screening and Opening Gala during the 70th annual Cannes Film Festival at Palais des Festivals on May 17, 2017 in Cannes, France.

今年70周年を迎えるカンヌ国際映画祭。そして、この祭典とショパールのパートナーシップは、今年で20年目を数えます。第一話第二話につづき、情熱に満ちた豊かなコラボレーションの歴史を振り返ります。

さらに、巻末では、インタビュー映像(木村拓哉・杉咲花・三池崇史監督)をご紹介します。

「キャロライン・ショイフレ」写真提供:Chopard

2013年 – サステナブル・ラグジュアリーへの旅:美が倫理とひとつになる時

5月17日、ショパール・ルーフトップでの昼食時に、キャロライン・ショイフレは、エコ・エイジのクリエイティブ・ディレクターであり、グリーン・カーペット・チャレンジ(GCC)の創設者であるリヴィア・ファースとともに、サステナブル・ラグジュアリーへの旅となる“ジャーニー”の創設を発表します。この大規模なプロジェクトでは、持続可能な発展をラグジュアリーの世界で推進するさまざまな行動が実施されます。この機会に、ショパールは倫理に適う方法で生み出された初のハイジュエリーコレクション“グリーン カーペット”を発表しました。カフブレスレット、それに合うピアスは“Fairmined(フェアマインド)”の認定を受けたゴールドで作られ、そこにはRJC(責任ある宝飾のための評議会)から認証を受けたダイヤモンドがあしらわれていました。その夜、自らも倫理の推進に強い情熱を表明しているマリオン・コティヤールが、これらのジュエリーをまとって会場の階段を上ったのです。

次回予告

「第四話」2014年 – パルム・ドールにも倫理の波

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

「第二話」2001年 – ショパール・トロフィーの創設 【カンヌ国際映画祭】 ショパールの輝かしいパートナーシップを通じた20年におよぶ映画界へのオマージュ
「第四話」2014年 – パルム・ドールにも倫理の波 【カンヌ国際映画祭】 ショパールの輝かしいパートナーシップを通じた20年におよぶ映画界へのオマージュ

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます