ハーブティースタンドも店内にOPEN!美と健康への知見が深まる“ライブラリー”なセレクトショップ「BEAUTY LIBRARY」
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
ハーブティースタンドも店内にOPEN!美と健康への知見が深まる“ライブラリー”なセレクトショップ「BEAUTY LIBRARY」

インド原産のハーブ「バタフライピー」の鮮やかな青が印象的なハーブティー ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

今回訪れたのは、表参道駅B2出口より徒歩3分にある「BEAUTY LIBRARY(ビューティライブラリー)」。厳選されたナチュラルコスメやパーソナルケア製品、オーガニックウエアなどを多彩に揃え、女性の肌と心を癒してくれる、とっておきのショップです。ここで提案されるライフスタイルは、毎日を忙しく過ごす現代女性にこそ知ってほしいことばかり。エシカでは、オープン当初からご紹介(2015年4月25日版 /2016年8月30日版)していますが、新たにアパレル販売を開始するなど、一部リニューアルをしました。最新情報を中心にお届けしていきます。

図書館の本棚をイメージした空間に厳選されたオーガニックコスメが並ぶ ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

ハーブティースタンド『 Petrichor(ペトリコール)』

まずは、2017年6月24日にショップ内にオープンしたばかりのハーブティースタンド『Petrichor(ペトリコール)』に注目。ブルー、イエロー、レッドといった鮮やかな色彩のドリンクに目を奪われますが、すべてハーブの天然色によるもの。リラックスや美肌促進などの効能が期待できる独自のブレンドも要チェックです。なお、ペトリコールとは、雨の降り始めに地面から立ち上がる香りを表す言葉だそうです。買い物の合間に、かぐわしいハーブティーでホッとできるのは嬉しいですね。

ペトリコールのハーブティーの原料であるワイルドクラフトなハーブ ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

ハーブティー/ALL480円(ICE or HOT)。ブルーのハーブティーは“RURI” relax blend~ザワザワした一日の、穏やかなひとときに。~ Blend:バタフライピー/レモングラス/ペパーミント/リンデン Flavor:香り高いレモングラスとペパーミントのスッキリとした風味

フィトテラピー(植物療法)の発想でデリケートゾーンを優しくケア

自分を愛しむ女性にぜひ知ってほしいのが、『INTIME ORGANIQUE(アンティームオーガニック)』。植物研究の第一人者によって処方され、ハーブの組み合わせなど一つひとつにこだわって作られた、女性ならではのパーツをケアする製品です。なお、香りはすべて100%天然の精油によるもの。さらに、植物(花や果実の皮、樹皮、葉、種子など)から抽出された成分が肌のために様々なアプローチをします。デリケートな部分だからこそ、専用のウォッシュやクリームなどを用いながら自分の体に毎日触れて、自身の肌を知ることが正しいケアのスタートライン。どんな肌が自分のベストコンディションなのかを把握して、潤いのある日常をキープしましょう。

プライベートな空間でデリケートゾーンケア製品を選ぶことができます ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

アンティームオーガニック
http://intime-cosme.com/

纏うたびに癒されるオーガニックコットンのウェア

ショップ奥に位置するアンダーウェアのコーナーは、女性なら誰もが心ときめく場所です。見るからに柔らく、ふんわり包み込まれるようなオーガニックコットンのランジェリーやルームウェアは大人女子のリラックスタイムに最適。天然コットンの優しい生成り色も素敵ですが、可憐なピンクからスタイリッシュな黒までカラーバリエーションも魅力的。じつはこれらは植物を用いたナチュラルな手法で染色されているということにも驚かされます。

着るたびに柔らかく、心地よいナイトウェア「nanadecor」 ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

クランベリーやクチナシで染められたランジェリー「SkinAware」 ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

アパレル/取り扱いブランド

Skin Aware
http://skin-aware.com/

nanadecor
http://nanadecor.com/

注目商品もいち早く登場。美意識のアンテナが高まるショップ

ここは“新刊”にもいち早く触れられるライブラリー。しかも内容には徹底してこだわっていますから、日々進化するコスメやインナーケアなどのアイテムも安心して選ぶことができます。この時期のイチオシはさらりとした美容オイル系。とくに『WELEDA(ヴェレダ)』のシリーズは定番人気ですが、エイジングケアにも有効な「ざくろオイル」は今注目の逸品だそう。ショップ内にはテスターが用意されているので、自分の肌質やフィーリングに合うか気軽に試しながら選ぶことができます。

©TRANSMEDIA Co.,Ltd

<SHOPインフォメーション>

BEAUTY LIBRARY青山店
東京都港区北青山3-12-12 HOLON-R 1F
(東京メトロ表参道駅B2出口より徒歩3分)

11:00~20:00(不定休)
TEL 03-6805-1453

http://beautylibrary.jp

©TRANSMEDIA Co.,Ltd

<エシカ記事予告> 「センシュアリティケアと女性のからだ」

初対面でも相談しやすい雰囲気をまとっている南上さん。カウンセリングを希望する女性が多いのもうなづけます ©TRANSMEDIA Co.,Ltd

BEAUTY LIBRARY 青山店にて開催されたセミナー「センシュアリティケアと女性のからだ」と、その講師をつとめたフィトセラピスト(植物療法士)南上夕佳さんのお話をお届けします。

公開タイミングは、ethica編集部facebook・Twitter・Instagramでご案内させて頂きます。

https://www.facebook.com/ethica.jp

https://twitter.com/EthicaJp

https://www.instagram.com/ethica.jp

ーーBackstage from “ethica”ーー

今回は取材と撮影で数時間ショップ内で過ごさせていただきましたが、空間が心地良い香りで満たされているせいか、リラックスできて、もっとここに留まっていたいような気持ちになりました。店内に取り揃えられているアイテムは多種多様なのですが、すべての商品の成分や製造過程を厳しくチェックしてから取扱いをされているそうです。そのためスタッフの皆さんの知識も豊富。たくさん試しながら、そして相談しながらゆっくり買い物が楽しめます。

記者 小田 亮子

神奈川県出身。求人広告、結婚情報誌などの制作ディレクターを経てフリーランスに。現在おもにブライダル関連のレポートを「ゼクシィ」「ゼクシィPremier」にてディレクション。「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」ほか、エステティック、化粧品、ジュエリーなどの記事をライティング。三人姉妹の真ん中に育ち、女子高・女子大卒。趣味は愛猫(雌)との女子会。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

小田 亮子

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

フォトジェニックな「チェコで体験できる大自然」絶景スポットの数々
高島屋で開催!徹子の部屋で出会ったふたりが集めた素敵がいっぱい。トットちゃんグッズ、ビーズ刺繍商品なども販売 黒柳徹子 × 田川啓二「ステキ展」 2017年8月3日(木)から日本橋

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます