真夜中の太陽の国フィンランド白夜を満喫するおすすめスポット7選をご紹介 ~人気ショップとコラボしたStopOverFinland(フィンランド寄り道旅)ディスカウント キャンペーンも開催中~
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
真夜中の太陽の国フィンランド白夜を満喫するおすすめスポット7選をご紹介

写真提供:フィンランド政府観光局

フィンランドと言う国

正式名「フィンランド共和国」、通称フィンランド。
西はスウェーデン、北はノルウェー、東はロシアと隣接し南はフィンランド湾を挟んでエストニアに対峙する北欧諸国の一つというのが同国の地理的位置。

別の特徴を解説しますと人口とGDPの規模が日本の北海道とほぼ同じ、1980年代以降農業と林業中心の経済体制から携帯電話の生産量が世界1位、ハイテク産業を基幹とする工業先進国へと進化、150年前からある老舗企業ノキア(NOKIA)やLinuxは皆さんもご存知かと思います。OECDのレビューによれば“世界で最も競争的であり、かつ市民は人生に満足している国の一つ”と報告されています。

そして忘れてはならないのが大自然の美しさ。沢山の河川、湖、そしてオーロラ。
これからは白夜の季節、首都ヘルシンキでも23時頃まで陽が落ちることはありません。その素晴らしい自然を体験頂くためにVisit Finland(フィンランド政府観光局)がおすすめのスポットを紹介してくれます。

写真提供:フィンランド政府観光局

フィンランドの夏を満喫するおすすめスポット7選!

1. ルカ・クーサモ:オウランカ国立公園でラフティング&トレッキング、サウナ体験

フィンランド北部の人気のリゾート、 ルカ村の近くには、 たくさんの自然公園があります。 中でもオウランカ国立公園は、 フィンランドを代表する国立公園です。 夏には、 カヌーで緩急に富んだ川でラフティングを楽しんだり、 カルフンキエッロス(クマの道)と呼ばれる有名なトレッキングコースをたどるのがおすすめ。 また、 この地域では、 昔ながらのスモークサウナを含む様々なタイプのサウナや木造の豪華なサマーコテージでの滞在を楽しむこともできます。 ルカ村はフィンランドの人が心に描く「夏の情景」をまさに体感できる場所なのです。 さらにフォトジェニックな風景は、 世界の写真好きも魅了します。 空港があるクーサモへはヘルシンキから飛行機で1時間30分ほどで行けます。

http://www.visitfinland.com/ja/kiji/experience-the-finnish-national-park/

http://www.visitfinland.com/ja/mystay/2896/

写真提供:フィンランド政府観光局

2. オーランド諸島:群島を巡りながらスウェーデン語圏独特の文化に触れてみる

フィンランドの中にありながらスウェーデン語圏自治領であるオーランド諸島は、 ヘルシンキから飛行機、 あるいはヘルシンキ、 トゥルクからフェリーで首都マリエハムンまで行くことができます。 オーランド諸島には、 約6,500の島が存在しますが、 そのうち人が住んでいるのは、 約60の島だけです。 おすすめはサイクリングでの群島巡り。 美しい風景、 平坦な道、 そして、 交通量の少なさ、 と、 オーランド諸島はまさにサイクリングにうってつけの場所です。 橋やフェリーを利用して、 島から島への移動も簡単です。 20世紀に造られた木造の貨物船であるポンメルン号を覗いてみるのもよいでしょう。 実は、 このオーランド諸島が自治領として確立された背景については、 当時国際連盟の事務次長であった新渡戸稲造が大きく関わっています。

http://www.visitfinland.com/ja/kiji/o-rando-de-shima-meguri/

http://www.visitfinland.com/ja/mystay/13233/

写真提供:フィンランド政府観光局

3. ポルヴォーでかわいいもの探し、 トーヴェ・ヤンソンゆかりの地を巡る

ポルヴォーはヘルシンキからバスで1時間ほどの木造のかわいいパステルの旧市街が広がる街です。 木造のパステルの家々には、 かわいいものがいっぱい。 また、 ポルヴォーは、 ムーミンの生みの親として知られるトーヴェ・ヤンソンゆかりの地としても有名です。 トーヴェ・ヤンソンが夏の家として使用していたコテージがあるクルーブハルを初めとする島々で構成されるペッリンゲ諸島や、 「ムーミンパパ海へ行く」の舞台になった場所と言われるショーデスコール島などの群島もポルヴォーの見どころのひとつ。 群島の美しい自然を眺めたり、 トーヴェがしていたようなコテージ・ライフを楽しみながらムーミンやトーヴェ・ヤンソンへ思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

http://www.visitfinland.com/ja/kiji/tove-jansson-no-umibeno-ashiatowo-tadoru/

http://www.visitfinland.com/ja/mystay/31734/

写真提供:フィンランド政府観光局

4. ヌークシオ国立公園でベリー摘み

首都ヘルシンキから約1時間で行くことができるヌークシオ国立公園は、 ヘルシンキ市民の憩いの場です。 夏場は、 ベリー摘みがおすすめ。 フィンランドのベリーは白夜によって夏の長い日の光に照らされて、 とても栄養価が高いのが特徴。 また、 ベリーの種類もブルーベリー、 クランベリー、 クラウドベリー、 リンゴンベリー(コケモモ)と様々な種類があります。 フィンランドには、 自然享受権があり、 森の中を自由に歩いて、 ベリーやきのこといった森の幸を楽しむ権利が誰にもあります。 ベリー摘みでは、 そんな自然と共に生きるフィンランド人の生き方を垣間見ることができるでしょう。 また、 8月26日は、 12月6日のフィンランド独立100周年までちょうど100日を記念したネイチャー・デイが開催されます(ネイチャー・デイ自体は2017年中4回開催されます。 )。

http://www.visitfinland.com/ja/kiji/experience-the-finnish-national-park/

http://www.visitfinland.com/ja/mystay/4677/

写真提供:フィンランド政府観光局

5. セウラサーリの夏至祭で恋愛力がアップ?

夏至祭(ユハンヌス)は、 フィンランドの人にとって大切な祝日の一つで、 盛大にお祝いをします。 今年は、 イブである6/23、 6/24が夏至祭の祝日です。 セウラサーリは、 ヘルシンキ郊外に浮かぶ島の一つで、 夏の間のみ、 野外博物館となっています。 伝統的な木造建築の建物がフィンランド各地から移築されており、 レトロな雰囲気と自然を楽しむことができます。 夏至祭の日には、 コッコと呼ばれる松明が焚かれ、 民族衣装を着た人々が伝統音楽を演奏したり、 ダンスを楽しむことができます。 また、 夏至祭には、 恋や結婚にまつわるおまじないがたくさんあり、 結婚式が多く行われる日でもあります。 未婚の若い女性が7つの花を集めて夏至の夜に枕の下に置いて寝ると、 夢に未来のフィアンセが現れる、 という白夜にまつわる言い伝えが昔から信じられています。 恋愛力アップも兼ねてこの特別な日にフィンランドを訪れてみるのはいかがでしょうか。

http://www.visitfinland.com/ja/kiji/midsummer-sizukanisugosu-soretomo-oosawagi/

http://www.visitfinland.com/ja/mystay/1922/

写真提供:フィンランド政府観光局

6. サヴォンリンナの古城でオペラ鑑賞、 クルーズ体験、 アザラシ・ウォッチング

サヴォンリンナは、 ヘルシンキから北東へ電車で4時間ほどの場所にある湖水地方にある街です。 見どころは、 街のシンボルとなっているオラヴィ城。 そして、 夏の間にこの中世のお城で1ヶ月間開かれるオペラ・フェスティバルは、 フィンランドのみならず世界中で有名です。 20世紀初めにフィンランドのナショナリズムの高まりと共に始まったオペラ・フェスティバルは、 戦争などにより、 50年ほど中断されていましたが、 1967年から再開され、 現在も多くの人々を惹きつけて止みません。 また、 夏場はサイマー湖のクルージングもおすすめ。 沈まない太陽に照らされるオラヴィ城を湖から眺めることができます。 さらに、 サイマー湖には、 絶滅危惧種であるサイマーワモンアザラシが生息しています。 運が良ければ、 かわいらしいアザラシに出会えるかもしれません。

http://www.visitfinland.com/ja/mystay/2239/

http://www.visitfinland.com/ja/mystay/31827/

写真提供:フィンランド政府観光局

7. コリ国立公園、 フィンランド人の心の故郷を訪れてみる

ロシア国境にほど近いフィンランド東部カレリア地方にあるコリは、 フィンランドの人にとってのいわば「心の故郷」と言える場所です。 ウッコ・コリの丘の上からピエリネン湖を臨む光景は、 まさに日本人にとっての「富士山」のような光景。 ごつごつとした岩肌、 針葉樹の木々、 その合間に見える美しい湖とそこに浮かぶ島々。 これらの光景は多くの芸術家にインスピレーションを与えてきました。 フィンランドを代表する作曲家であるシベリウスの交響詩「フィンランディア」もまた、 ここカレリア地方を題材としています。 フィンランドの国民的叙事詩であるカレワラもこのカレリア地方の伝承をルーツとしています。 フィンランド語で書かれたカレワラは、 フィンランド人のアイデンティティーの形成にも大きな影響を与えたと言われています。 フィンランド独立100周年を迎える今年、 フィンランドらしさを求めて旅に出てみてはいかがでしょうか。 フィンランドのソウルフードとも言えるカレリア・パイにもぜひトライしてみてください。

http://www.visitfinland.com/ja/kiji/finlando-no-juudai-zekkei/

http://www.visitfinland.com/ja/mystay/31934/

写真提供:フィンランド政府観光局

Visit Finland からの特別なサービス

Visit Finlandは、ヨーロッパ都市への乗り換え地点として、最大5日間まで気軽にフィンランドに立ち寄ることが可能となるStopOver Finland(フィンランド寄り道旅)プログラムを実施しています。その一環としてヘルシンキ市内の18もの最新デザイン&ファッションショップと提携し、10~20%のディスカウントを受けることができるキャンペーンを5月から実施中です。お店またはオンラインで会計時にStopOver Finland(ストップオーバー・フィンランド)と言うと割引が運用されます。

適用されるお店の詳細は以下の通り。

StopOver Finland ディスカウントストアーを一気にご紹介!!

Samuji House (ファッション)
Erottajankatu 9 B (中庭)
00130 Helsinki, Finland
http://www.samuji.com
http://www.visitfinland.com/ja/mystay/5226/

 


Mai Niemi Design House & Online shop
(ファッション、 アクセサリー)
Katariinankatu 4 B
00100 Helsinki,
http://www.mainiemi.com

 


Samuji Shop Espa (ファッション)
Pohjoisesplanadi 37
00100 Helsinki, Finland
http://www.samuji.com

 


Taiga Colors (テキスタイル・デザイン、
クッションカバー、 雑貨)
Unioninkatu 28
00100 Helsinki
http://www.taigacolors.fi/english/
http://www.visitfinland.com/ja/mystay/6084/

 


Anna Ruohonen Paris (ファッション)
Annankatu 13
00120 Helsinki
https://www.annaruohonen.com/
http://www.visitfinland.com/ja/mystay/6585/

 


Moomin.com (ムーミン関連グッズ)
https://www.moomin.com
https://shop.moomin.com/

 


Aarikka Shop Helsinki & Aarikka
online Shop (ファッション、 アクセサリー、
テーブルウェア、 インテリア)
Pohjoisesplanadi 27
00100 Helsinki
https://www.aarikka.com/
http://www.visitfinland.com/ja/mystay/5052/

 


Box Jewellery by Pioni Design & 
Keski-Pomppu (ジュエリー)
Korkeavuorenkatu 5
00150 Helsinki
http://www.box-jewelry.com/
http://www.visitfinland.com/ja/mystay/6121/
http://www.visitfinland.com/ja/mystay/11059/

 


Lapuan Kankurit (テキスタイル製品)
Katariinankatu 2
00170 Helsinki
https://www.lapuankankurit.fi/
http://lapuankankurit.jp/
http://www.visitfinland.com/ja/mystay/6150/

 


Lumi Accessories Oy (レザーバッグ、 シューズ)
Aleksanterinkatu 28
00170 Helsinki
http://www.lumiaccessories.com
http://www.visitfinland.com/ja/mystay/5166/

 


Ivana Helsinki Flagship Store (ファッション)
Uudenmaankatu 1500120 Helsinki
http://www.ivanahelsinki.com/

 


Andiata Oy (ファッション)
Pohjoisesplanadi 25-27
00100 Helsinki
http://www.andiata.fi

 


Gemmi (毛皮・ファッション)
Kluuvikatu 4
00100 Helsinki
http://www.gemmi.fi/

 


Brand Vejits / HIMO (ファッション)
Fleminginkatu 7
00530 Helsinki
http://www.vejits.com

 


Vestiarium (ファッション)
Eerikinkatu 21
00180 Helsinki
https://www.vestiarium.net/

 


Feathr.com (壁紙、 ファブリック・デザイン)
https://www.feathr.com/
http://www.feathr.com

 


Myssyfarmi (オーガニック毛糸製品)
https://www.myssyfarmi.fi/

 


Kalevala Koru (ジュエリー)
http://www.kalevalajewelry.com/global/

 


最後に

今年も夏休みがやって来ます。皆さんそれぞれに企画をお持ちでしょうが北欧の自然を満喫するのも良い思い出に繋がるのではないでしょうか?
広大な森の中を歩いていく姿を創造すると豊かな気分に包まれるような気がします。

ーーBackstage from “ethica”ーー

20年ほど前にフィンランドへ行ったことがあります。チェコへ出張した帰りに寄ったのですが都心を離れるとすぐ大きな森がありました。手つかずと言った感じで濃い緑色をしていました。肺の中まで綺麗になったような気がしたのを覚えています。

ペンネーム:T.J

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

メルセデス・ベンツ × 京都府 京都オークションin Tokyo を開催! ~若手職人17名による「一点もの」をライブオークションで販売~
知られざるチェコ観光の名所「魅惑のオロモウツ」 ~個性と伝統にあふれたかってのモラヴィア王国の首都~

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます