高島屋で開催!徹子の部屋で出会ったふたりが集めた素敵がいっぱい。トットちゃんグッズ、ビーズ刺繍商品なども販売 黒柳徹子 × 田川啓二「ステキ展」 2017年8月3日(木)から日本橋
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
高島屋で開催!徹子の部屋で出会ったふたりが集めた素敵がいっぱい。トットちゃんグッズ、ビーズ刺繍商品なども販売

写真提供:高島屋

女優、タレント、声優、司会者、エッセィスト、ユニセフ親善大使、平和運動家、愛称トットちゃん。ここまで言えばすでにお分かりでしょう。マルチタレントの黒柳 徹子さん。
日本でのテレビ誕生と同時に生まれたテレビタレントの先駆けとして長年に渉り第一線で活躍し超長寿番組「徹子の部屋」を司会、同一司会者によるトーク番組としては世界記録を保持しています。

写真提供:高島屋

ビーズ刺繍のカリスマ 田川 啓二さん

一方は田川 啓二(たがわ けいじ)さん、日本が世界に誇るファッションデザイナー。ビーズ刺繍のカリスマと言われビーズ刺繍によるドレスや着物、絵画、小物、インテリアをはじめ、ジュエリー、時計、食器など多岐にわたる分野でデザインを手掛けています。

この二人の出会いは、2002年田川さんの「徹子の部屋」への出演がきっかけ。それ以来、ドレスや衣装の制作、イベント出演等、様々な場面で交流が続いています。二人とも美しいもの、素敵なものが大好きで、そのコレクションは、着物、布地、工芸品アンティークなど多方面に及んでいます。

今回、この二人が時代を問わず「SU・TE・KI!」と思えるものの素晴らしさを皆さんに知って欲しい、あるいは将来に残したいと思い日本橋高島屋の協力を得てトットちゃんグッズ、ビーズ刺繍商品などを展示、販売することになりました。

異なる分野の第一線で活躍し、美しいものに触れてきた二人の審美眼にかなった、数十年に渉るコレクションは見ものだと思います。真夏のひと時、一服の清涼剤になるのでは。

黒柳徹子 × 田川啓二 ステキ展

会期:2017年8月3日(木)~16日(水)14日間。
入場時間:午前10時30分~午後7時(午後7時30分閉場)最終日、8月16日(水)は午後5時30分まで。(午後6時閉場)
会場:日本橋高島屋8階ホール
入場料:(税込み)一般800円、大学・高校生600円、中学生以下無料
主催:テレビ朝日、テレビ朝日映像

<巡回予定>
京都高島屋:2017年9月13日(水)~25日(月)他

なお、8階展示スペースに併設された特設ショップでは、SU・TE・KI !展

オリジナルグッズ、トットちゃんグッズ、ビーズ刺繍商品などバラエティー豊かな商品が用意されているようです。

<問い合わせ先>
日本橋高島屋 03-3211-4111(代表)

写真提供:高島屋

ーーBackstage from “ethica”ーー

今年の夏は格別に暑いようです。どのように過ごすかはそれぞれの思いによりますが涼しいデパートで見ごたえのあるものを見ながら涼をとるのも一手段。今回お知らせしたイベントも計画の中に入れられては。

ペンネーム.: T.J

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...

次の記事

ハーブティースタンドも店内にOPEN!美と健康への知見が深まる“ライブラリー”なセレクトショップ「BEAUTY LIBRARY」
デザイン先端都市プラハ ~ドキドキが止まらない~

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます