デザイン先端都市プラハ ~ドキドキが止まらない~
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
デザイン先端都市プラハ ~ドキドキが止まらない~

写真提供:チェコ政府観光局

チェコについて、これまで2回紹介してきました。1回目(2017年7月11日版)は知られざるチェコの観光名所「魅惑のオロモウツ」。プラハに次ぐ第2の観光名所であり17~18世紀の芸術様式である「バロック建築」を街の至る所で見出すことが出来ます。2回目(2017年7月19日版は趣向を変えて「チェコで体験できる大自然」の中から数か所を選んで情報をお届けしました。そして3回目、いよいよ「千年の都、プラハ」に戻って知る人ぞ知るデザイン都市プラハに関する情報をお送りします。

ここ数年、秋になると多くの国際的デザイナー達がプラハに集まって来ます。紅葉に彩られた季節が彼らにインスピレーションを与えるからでしょうか?

芸術の秋は是非プラハへ。

この時期に催される展示会ではオリジナリティー溢れる国際的なデザインの作品を見たり購入したり、或いは数世紀の年月を誇る街並みに投影されるプロジェクション・マッピングなども楽しむことが出来ます。

今回はこの秋にプラハで催されるイベント三つをご案内しますので興味のある方はURLを通して更に詳しい情報をご覧ください。

写真提供:チェコ政府観光局

プラハ・ファッション・ウィーク 2017.9.1-9.8

国際的に活躍するヨーロッパのデザイナーの最新アイディアをファッション・ショーでチェックしてみませんか?今年で7年目となるチェコ共和国最大のファッションイベント「プラハ・ファッション・ウィーク」では、厳選されたデザイナー達の作品をご紹介。時代の先を行くデザイナー達が次期コレクションを初めて発表するこのイベントには、チェコ国内からだけでなく、海外からも多くの有名人がその作品をチェックしに訪れます。ファッション・ウィーク開催期間中に行われる様々なサイドイベントも見逃せません!
http://www.czechtourism.com/jp/e/prague-fashion-week-1/

シグナル・フェスティバル 2017.10.12-10.15

眩く光るプラハを見てみたいと思いませんか?10月の4日間、この歴史的な町が光の芸術で現代的に変貌します。毎年35万人以上が訪れるこの国際的なプロジェクション・マッピングと照明芸術の国際フェスティバルは、チェコだけでなく、世界中の人気を集めています。英国の日刊紙「ガーディアン」は「シグナル・フェスティバル」をこの種のイベントの世界トップ10にランク付しました。ダンシング・ハウス、旧市街広場・聖ルドミラ教会、カレル橋、カンパ・ミュージアム、ペトジーン展望台、メトロノーム、ステゥジェレツキー島、クレメンティヌム、ミール広場など20か所以上の有名観光名所に設置されたインスタレーションを巡ってみてください。ほとんどのインスタレーションは無料でご覧いただけます!
http://www.czechtourism.com/jp/e/prague-signal-festival/

デザインブロック・プラハ 2017.10.26-10.30

20年前に始まった「デザインブロック・プラハ」は、中央ヨーロッパで最大のファッションとデザインのショーです。毎年50万人以上のデザイン関係者たちが、新しくよみがえったトレンディな産業地帯にやってきます。そして200名以上のクリエーターによる宝飾、服飾、家具、照明、ヨーロッパのトップデザイナーによる産業デザイン、実用デザインなどのディスプレイにチェックをいれます。
http://www.czechtourism.com/jp/e/designblok-prague/

以上、今回はチェコのちょっと違った側面につき書いてみました。
まだまだ同国については知らないことが多いのでこれからも色々調べてお送りするつもりです。ご期待ください。

ーーBackstage from “ethica”ーー

チェコについては“調べれば調べるほど興味が沸いてくる国”と言わざるを得ません。プラハの観光名所については今回も書けませんでした。「世界で一番美しい街」と言う評価もあるようです。出来れば近い中に書いてみたいと思っています。

ペンネーム:T.J

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

高島屋で開催!徹子の部屋で出会ったふたりが集めた素敵がいっぱい。トットちゃんグッズ、ビーズ刺繍商品なども販売 黒柳徹子 × 田川啓二「ステキ展」 2017年8月3日(木)から日本橋
国内初!GINZA SIXに現れた「VOGUE LOUNGE」ってどんなところ? 「Food for the Fashionable」(おしゃれな人のための料理)をコンセプトにした最高にシックな空間をご紹介

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます