国内初!GINZA SIXに現れた「VOGUE LOUNGE」ってどんなところ? 「Food for the Fashionable」(おしゃれな人のための料理)をコンセプトにした最高にシックな空間をご紹介
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
国内初!GINZA SIXに現れた「VOGUE LOUNGE」ってどんなところ?

VOGUEを代表するブランドを身に纏うモデル達のパネル Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

ファッション誌の王座に君臨しているといっても過言ではない『VOGUE』、みなさんの中にも愛読されている方は多いと思います。

今回ご紹介する『VOGUE LOUNGE』とは、VOGUEが世界中で展開している、ファッショニスタのためのレストランラウンジ。今まで6カ国でオープンし、今後も世界中のあちこちの都市への進出を予定している期間限定の大人気イベントです。

このたびGINZA SIXの緑あふれる屋上庭園にて、日本で初めて、そして東アジアで初めてこのVOGUE LOUNGEがオープンしました。どんなイベントなのか、少しご紹介したいと思います。

銀座の真ん中に現れた緑あふれる空間

GINZA SIXってどんなところ?

銀座駅A3出口より徒歩2分と、アクセス抜群なGINZA SIXは今年4月にオープンしたばかり。上海や香港の高級デパートを彷彿とさせるモダンで豪華な、銀座最大級の商業施設です。誰もが憧れる高級ブランドはもちろんのこと、銀座を敬遠しがちな若い世代も呼び込もうと、CONVERSEやDIESEL、BEAMS、Vivienne Westwoodなど若者に大人気のブランドを取り揃えているのも特徴のひとつ。

VOGUE LOUNGEがオープンしたのはこのGINZA SIXの屋上、実はデートにもおすすめの憩いの空間です。桜の木が植えられているので、来年の春にはお花見にもうってつけかもしれません。これから定番コースになるかもしれない素敵な穴場スポットなのです。

*GINZA SIXについて、ethicaバックナンバーから詳しくご覧頂けます。(2017年4月20日版 /  2017年5月14日版

インスタグラム映え間違いなしのスペース盛り沢山!

VOGUE LOUNGEってどんなイベント?

VOGUE LOUNGEは、VOGUEの世界を体現したとびきりファッショナブルなレストランです。展開するのはVOGUE JAPANを発刊するコンデナスト・ジャパン。VOGUEの他、GlamourやWIREDなど名だたるメディアを保有するプレミアムメディアカンパニーで、出版社という枠組みを超えたマルチなメディアを提供しています。

また、監修はコンデナスト・インターナショナル・レストランのGARY ROBINSON氏。英国王室では最も若いヘッドシェフに選ばれたこともある同氏は、アメリカの首都ワシントンD.C.にあるイギリス大使館でエグゼクティブシェフを務め、 オバマ元大統領やクリントン元大統領にも料理を提供したこともある経験豊かなシェフとのこと。VOGUE LOUNGEでは洗練された雰囲気だけでなく、目も舌も肥えたファッショニスタの期待に十分応える、旬で粋なお料理が待っているということなのです!

『VOGUE LOUNGE』への意気込みを語るVOGUE LOUNGE GINZA SIX 監修 GARY ROBINSON(ギャリー ロビンソン)氏 Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

どんなお料理が楽しめるの?

季節に合わせたスペシャルメニューは、クローズとなる7月28日(金)〜10月29日(日)までの3ヶ月間、ひと月ごとに変わる予定だそうです。8月は、色鮮やかで涼しげな夏らしいラインナップを揃えており、好みに応じて、前菜、アラカルト、デザートの3つのセットメニューから選ぶことができます。

夏らしい涼しげなドリンクメニューも豊富 Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

桃の冷たいスムージーミント風味とトマトのガスパッチョスムージー Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

ソーセージとブイヨン(温製) Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

かき氷はマンゴー・フランボワーズ・抹茶の3種を用意 Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

トマトのガスパッチョ、国産牛ローストビーフのスモーブローなど、フレンチフュージョンされたユニークなプレートが何とも豪華。メニューはウェブサイトにて公開されていますので、事前にチェックすることもできますよ。

また、使用されているテーブルウェアは英国王室御用達ブランドのウェッジウッド「ジオ」。ミニマルでシックなシリーズは和洋どんなお料理も美しく引き立ててくれます。細部まで楽しませてくれる完成度はさすがVOGUEといったところでしょうか。

GRAND Chef 石井 之悠(イシイ シュウ) Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

気になるお値段は?

さて、銀座の一等地でVOGUEのラウンジ…と聞くとお財布片手に身構えてしまうのは筆者だけではないはず(?)。

気になるお値段ですが、前菜となるSMALL PLATEは2,500円、アラカルトはベジーなお料理が800円から、ちょっとボリューミーなお料理は2,000円〜6,000円、デザートは1,000円〜1,500円と、4,300円〜10,000円ほどで本格的なお料理と贅沢な空間を堪能できる、かなりお得なお値段となっています。何と言っても銀座です、コーヒー1杯1,500円の街ですから、普段銀座に足を運ばないという方も気軽にトライできるのがありがたい。

(ちなみに、アラカルトにはキャビア10,000〜20,000円というメニューも用意されています。お試しあれ!)

コンデナスト・ジャパン マーケティング部 菊井 直人 Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

レストランだけでなく、他にもヨガクラスなどのスペシャルイベントが行われています。美しさは健康からと言いますが、VOGUE LOUNGEをそのきっかけにしてみてはいかがでしょうか。

日が暮れるといっそうラグジュアリーな雰囲気に

ゆったりくつろげる贅沢な空間

VOGUEの世界が体験できるのは今だけ!

先日のオープニングイベントにてお伺いしたGARY ROBINSON氏のお話によると、コンデナストの洗練されたサービスを体験できるのはとても貴重なチャンスなのだそう。同社は世界的に展開していながら、家族のような密な運営を基盤とするプライベートカンパニーだそうで、単独での海外進出はリスクもあり難しいことなのだとか。特に一流のレストランが軒を連ねる東京での展開は、今回のような日本側のサポートなくして実現は難しいのだそうです。

このようなイベントの実現はまたとないチャンスだそう VOGUE LOUNGE GINZA SIX 監修 GARY ROBINSON(ギャリー ロビンソン) Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

同氏は今回の東京イベントを足がかりにして、中国や韓国への更なる展開を期待しているとのことでしたが、ということは、今回のVOGUE LOUNGEを見逃してしまうと、日本国内で次に巡り会えるのはいつになるかわからない、ということなのかもしれません。

私事ながら筆者は2015年のノーマ来訪の機会を逃し今でも時々「くやしい!」と思い返す日々を過ごしております…。期間限定というのは何かと残酷なものですので、行こうか行くまいか迷っている方、おしゃれなもの・ことが好きな都会派の方は、ちょっと人に自慢できる特別な思い出を作ってみてはいかがでしょうか。

【概要】

名称: 「VOGUE LOUNGE GINZA SIX」
開催日程:2017年7月28日(金)〜10月29日(日)までの3ヶ月間
開催時間:11:00~23:00 ※ラストオーダー 22:00
開催場所:東京都中央区銀座6丁目10-1 GINZA SIXガーデン(屋上庭園)
公式サイト:https://www.vogue.co.jp/voguelounge/
主催:コンデナスト・ジャパン
監修:Condé Nast International Restaurants
協賛:アサヒビール株式会社
施設サポート:GINZA SIX
運営:バリューマネジメント株式会社 「THE GRAND GINZA」

※雨、 風、 震災等の理由により 予告なしに休業となる場合があります。
※貸切やイベント等で入場制限が行われる場合があります。
※8月28日は、 GINZA SIXは全館休業日となります。

本格的なお料理と贅沢な空間を体験 Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

ーーBackstage from “ethica”ーー

初めてGINZA SIXオープンの話を聞いた時に、「今までの銀座とは違う場所を目指しているらしい」と耳にしました。今回のVOGUE LOUNGEも、思わず銀座に行きたくなるような素敵なイベントですよね。ここを銀ブラ(※銀座をブラブラするという俗語です)の出発地点にしてもいいかもしれません。9月の新しいメニューも楽しみにしています。

ethica編集部 :ミミ

東京生まれ東京育ちのアラサーです。多摩美術大学卒業後、ディレクター業・イラストレーター業に従事。2016年よりethica編集部に参加。アート、旅、グルメ、ファッションのほか、歴史や教育などの社会的な出来事に関心があります。好きな街は青山とソウル。アメリカと中国に在住経験あり。現代人が輝けるライフスタイルを重視した記事を発信します!

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ミミ

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
トップブランドの古着を藍染で蘇らせる”サスティナブル・ブランド” Indigo Love Ecoプロジェクト「BOKUWAKUMA」
独自記事 【 2020/2/10 】 Fashion
鮮やかでありながら深みもあり、様々に表情を変える藍色。 実はこれらの衣服は、本当なら捨てられてしまうかもしれなかった古着です。 ご紹介するのはシャネルやギャルソンの古着を藍染でリメイクする沖縄拠点のブランド「BOKUWAKUMA」。藍で染めることによって新たな命が吹き込まれより愛されるアイテムに蘇らせることで、ファッシ...
人が楽しむことをしたいーー。クリエーティブを仕事にする喜び。/木下舞耶(前編)
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
2019年6月に行われた「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」のセミナーに、一人の日本人女性が登壇した。広告会社でパラリンピックのプロジェクトに携わる木下舞耶さん。パラリンピックという障害者のスポーツの祭典を通じ、人々の意識、社会をも変えるコミュニケーションを標榜する。前編では、木下さんが歩んで来...
広告の祭典「カンヌライオンズ」にて開催されたパラリンピックの対談レポート
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
世界的な広告(クリエイティブ)の祭典「カンヌライオンズ」にて行われた電通の木下舞耶さん、国際パラリンピック委員会(IPC)のチーフ・マーケティング・コミュニケーションズ・オフィサー、クレイグ・スペンスさん、そしてパラリンピック金メダリストのマールー・ファン・ラインさんの対談の様子をレポートします。(記者:エシカちゃん)...
パラリンピックに懸ける思い【前編】/ 車いすテニス・船水梓緒里さん
独自記事 【 2020/1/6 】 Health & Beauty
車いすテニスを始めてわずか2年で世界国別選手権のジュニアクラス日本代表に選出され、その後2018年8月にはジュニアの世界ランキング1位となった船水梓緒里さん(三菱商事所属)。中学1年生の時、事故で車いす生活を余儀なくされ、人生に絶望しかけていた船水さんを救ったのが車いすテニスでした。 今回は来年の東京パラリンピックでの...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
日本の良さを改めて実感!?  豪華舞台を楽しめる「日本博特別公演」の放映が決定!
独自記事 【 2020/6/15 】 Art & Culture
『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。 新型コロナの影響で、ライブでエンターテイメントを楽しむ機会はほとんどなくなっていました。ようやく再開への道筋は見えてきたものの、実際にリアルな場に出かけてイベントなどを楽しめるのは、もう少し先になりそうです。そんな中、「エシカル世代」にも人気の2.5次...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

デザイン先端都市プラハ ~ドキドキが止まらない~
花魁道中、電子煙管にかき氷 真夏の表参道で温故知新の展覧会 「舘鼻則孝 リ・シンク展」レポート

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます