ナイトヨガを楽しもう♪ 普段は入ることのできない神宮球場の広大な芝生が大自然の中でヨガをしているような解放感。 人気の「ゆるスポ」も体験会開催!
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
ナイトヨガを楽しもう♪ 普段は入ることのできない神宮球場の広大な芝生が大自然の中でヨガをしているような解放感。

皆さんは今、健康で毎日の生活を楽しんでおられますか?

2016年の日本人の平均寿命は男性が80.98歳、女性が87.14歳でいずれも過去最高を更新しています。国際比較では男女とも香港についで世界2位の座をしめており人口比から言えば実質的に第1位と言っても過言ではないでしょう。

処で平均寿命とは別に「健康寿命」といった概念があります。WHOが2000年に提唱した概念で平均寿命から日常的、継続的に医療、介護に依存して生きる期間を除いた期間。つまり、一人で医療や介護に依存せず生きて生活できる期間が健康寿命です。

長く生きることも大切ですが誰の世話にもならず生活出来る、あるいは生活をエンジョイ出来ることは極めて意義のあることと言えましょう。この健康寿命を延ばす方法としては「適切な食事と適切な運動、そして適切な睡眠が大事」と言われています。厚生労働省では、健康に対する国民の一人ひとりの自覚を高め、健康作りを推進していくため、毎年9月を「健康増進普及月間」と定めて、地方自治体とともに様々な活動を展開しています。このプロジェクトは「スマート・ライフ・プロジェクト」と呼ばれ“健康寿命を伸ばそう!”をスローガンに国民全体が人生の最後まで元気に健康で楽しく毎日が送れることを目標とした国民運動と位置ずけられています。

スマートライフフェスタ~ココロもカラダもリフレッシュ~

日頃の運動不足解消や健康意識の向上を目的とした上記のイベントが来る9月16日(土)に開催されます。年齢や運動経験の有無にかかわらず,誰もが楽しめるスポーツとして昨今話題の「ゆるスポ」の体験会や、普段は入れない神宮球場のグラウンドを利用したナイトヨガ体験等、心身ともにリフレッシュができる無料運動プログラムなども用意されているようです。また、当日は高木美智代厚生労働副大臣(予定)、元女子マラソン選手(いきいき健康大使)有森裕子さんなどが登壇する予定です。

開催概要

名称:「スマートライフフェスタ~ココロもカラダもリフレッシュ~」

日時: 2017年9月16日(土)

(第1部)ゆるスポ体験 15:00~18:00(開場14:00)
(第2部)ナイトヨガ体験19:30~20:30(開場19:00)

会場:
(第1部)神宮室内球技場
(第2部)神宮球場(新宿区霞ヶ丘町3-1)

登壇者: 高木美智代厚生労働副大臣<予定>

ゲスト: 有森裕子氏、ブラインドサッカー選手加藤健人氏

内容:
15:00~18:00ゆるスポ体験会
19:30~ ナイトヨガ体験開始、厚生労働副大臣挨拶<予定>
19:35~ 有森裕子氏挨拶
19:00~ フォトセッション

元女子マラソン選手/いきいき健康大使 有森裕子氏

(第1部)ゆるスポ体験会

ゆるスポは「スポーツ弱者を世界からなくす」を合言葉に年齢や性別、運動経験、障害の有無にかかわらず同じように楽しむことが出来る新たなスポーツ。

時間: 15:00~18:00

会場: 神宮室内球技場

参加費: 無料(定員約100名)

実施競技:
ブラックホール卓球
ベビーバスケット
せんたくテニス
スポーツかるた
ブラインドサッカーシュート体験

(第2部)ナイトヨガ体験

神宮球場の敷地を利用した、ナイトヨガ体験。普段は入ることの出来ないグラウンド内でのヨガ体験は都会にいながらも、自然の中でヨガをしているような解放感が味わえます。屋外球場で約1500人でヨガをする様子は圧巻。

時間: 19:30~20:30(開場19:00)

会場: 神宮球場

参加費: 無料(定員約1500名)
※参加資格18歳以上の方

持ち物
人工芝の上でヨガを行います。ヨガマットやビニールシート、バスタオルなど敷物をお持ちください。

ヨガインストラクター 梅澤友里香氏

以上、今回は健康増進に関するイベントへのご案内でした。気候も良くなる9月、神宮の杜を満喫されてはいかがでしょう。

 

お申し込みは特設サイトから
http://www.smartlife.go.jp/restorative

ーーBackstage from “ethica”ーー

国民の平均寿命が男女とも世界で2位の日本。その要因はどこにあるか、いろいろな見方があるのでしょうが筆者には和食と四季が大いにかかわりがあるような気がします。日本人で良かった。

ペンネーム:T.J

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...

次の記事

感性とロジックを掛け合わせるアイデアソン「茶ッカソン」が世界を変える 【編集長対談】 伊藤園・角野賢一さん(後編)
ファッション? アート? レディー・ガガ愛用ヒールレスシューズのルーツを探る 【編集長対談】 アーティスト 舘鼻則孝さん

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます