レディ・ガガやマドンナを手掛けたスタイリストとコラボした、新しい世界観をイケアが発信
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
レディ・ガガやマドンナを手掛けたスタイリストとコラボした、新しい世界観をイケアが発信

日本にも大勢のファンがいるスウェーデン発祥のインテリアショップイケア。手の届く価格帯で“サスティナブルな暮らし”を提案してくれるイケアですが、エコな取り組みから人道支援まで、その事業は多岐にわたります。今回は、そんなイケアの少し新しい側面に注目してみました。

世界的スタイリスト「ベア・アカーランド」とコラボした、アバンギャルドなコレクション

レディー・ガガ、マドンナ、ビヨンセなどを手掛けるセレブリティスタイリスト「ベア・アカーランド」とイケアがコラボレーションしたアイテムが来春販売スタートに。北欧家具といえばナチュラルなイメージですが、今回発表されたアイテムはどれもエキセントリックでアバンギャルド!飾り方しだいで、お部屋の印象をガラリと変えてくれそうです。ハット型の小物入れやリアルな手の形のディスプレイなどは、使い方も自分しだい。ハットに花を活けたり、手にジュエリーやスカーフをかけても楽しそうです。

ベア・アカーランドとコラボした限定コレクション「OMEDELBAR」。真っ赤なリップのクッションやガラスのシルクハットなど、インテリアのアクセントとして活躍してくれそう。家具を買い替えずに、お部屋のテイストを変えたいと考えている人も要チェックです。

人気デザイン会社「HAY」のデザイナーともコラボレーション

デンマークの人気デザイン会社HAYとの協業も、大きな話題になっています。今回発表された新シリーズ「YPPERLIG」は、都会的でミニマルなデザインが特徴で、日本のコンパクトな住宅にも似合いそう。2017年10月から発売開始予定なので、インテリア好きは必見です。

HAYとコラボした新シリーズ「YPPERLIG(イッペルリグ)」は、家族みんなが共有するリビングルームにフォーカスしてデザインされました。高品質な素材をいかした直線的なフォルムと優しい色合いが特徴です

日本の8歳の女の子もデザイナーに?

イケアはインテリアだけでなく、子どものオモチャも世界中で大人気です。日本では、神戸の8歳の女の子が描いたフクロウの絵がソフトトイ(ぬいぐるみ)になって発売された話がニュースになりました。ちなみに、この女の子はフクロウが飼いたかったそうですが、実現が難しそうなので絵に描いてみたそうです。

手描きの不揃い感がユニークで愛らしいフクロウのソフトトイ。表情もいい味を醸し出しています

いずれもイケアの企業理念や柔軟な発想により商品化が実現したものです。手頃な価格に注目が集まりがちですが、私たち消費者の「あったら嬉しい」を叶えてくれる姿勢にも心ひかれます。

記者発表の際にソフトトイを紹介するイケア・ジャパン代表取締役社長 ヘレン・フォン・ライス氏

サスティナブルな暮らしを掲げる【イケア】×【ethica】

ともにサスティナブルな暮らしをテーマに掲げるイケアとethica(エシカ)。2015年の編集長対談に始まり、今までイケアの取り組みを多数紹介してきました。

イケアが展開するソーシャルグッドなキャンペーン

宇野薫(総合格闘家) 「昔から好きで普通にやっていたことがエコにつながった。 意識して始めたことではありません」

村上萌(ライフスタイルプロデューサー・NEXWEEKEND代表)「挫折を味わったからこそ、今の私がある」

今回ご紹介したコラボレーションのニュースをはじめ、毎年発表される事業計画は斬新で革新的。そして、つねに環境や健康的な暮らしを考慮した商品開発も、特筆すべき点だと思います。ehicaは今後もイケアの動きに注目していきます。

記者 小田 亮子

神奈川県出身。求人広告、結婚情報誌などの制作ディレクターを経てフリーランスに。現在おもにブライダル関連のレポートを「ゼクシィ」「ゼクシィPremier」にてディレクション。「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」ほか、エステティック、化粧品、ジュエリーなどの記事をライティング。三人姉妹の真ん中に育ち、女子高・女子大卒。趣味は愛猫(雌)との女子会。

ーーBackstage from “ethica”ーー

8月の記者発表会では、イケア・ジャパン代表取締役社長 ヘレン・フォン・ライス氏が2018年度のビジネス展開についてスピーチされました。そのなかで、600点以上の商品の価格を下げるというお話が。消費に安心感をもたらすことで、日本経済に貢献したいとのこと。低価格で良いものを提供してくれる企業努力に感謝です。

限定コレクション「OMEDELBAR」は来春から販売スタート。フォトジェニックなアイテムですので、インスタグラマーにもおすすめです

(前編)犬猫との暮らしの中でインテリアをもっと楽しむ。イケアがペット用品に参入。

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

小田 亮子

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

犬猫との暮らしの中でインテリアをもっと楽しむ。イケアがペット用品に参入。
「ブルーノート東京」と「無印良品キャンプ場」がコラボしてお米の有名ブランド「魚沼コシヒカリ」の産地で一夜限りの野外レストランをオープン BLUENOTE TOKYO × MUJI CAMPGROUND「大人のPREMIUM DINNER2017」&「PREMIUM BREAKFAST」

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます