犬猫との暮らしの中でインテリアをもっと楽しむ。イケアがペット用品に参入。
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
犬猫との暮らしの中でインテリアをもっと楽しむ。イケアがペット用品に参入。

イケアで販売されている可愛らしい人形用ベッド、ご存知ですか。それを猫や小型犬用のベッドとして使うのが人気だそうです。ほかにも、子供用のソフトトイをペットにプレゼントする人も多いそう。これは、イケアの製品が丈夫で安全性にも優れているから。そんなイケアが本格的にペット用品の販売に参入するというから、ペットを飼っている人は見逃せません。

イケアらしさを感じる「ペット用品」販売スタート

ひと昔前だと、犬猫の寝床は古い毛布やタオル、ダンボールなどでこしらえる、という感覚が一般的でした。今はオシャレで可愛いペット用品が多く販売されていますが、インテリア性と価格に満足のいくものを探すのは、やはり大変です。

いよいよイケアがペット用品の販売に本格参入するというのは、ペットオーナーにとっては嬉しいニュース。犬猫用のソファベッドなどの商品をメインに、日本、フランス、イタリアから導入を開始します。

新商品の「ペットのベッド」を見てみると、躯体はお手入れがしやすそうなシンプルなデザインで、クッションのカラーや柄でアクセントをつけています。また、クッション内部の詰め物を自由に調整できるなど、実用性にもこだわるイケアらしい工夫が凝らされています。

ペットと一緒にイケアのソファやベッドでくつろぐ時間を想像すると、嬉しくなりますね。愛するペットと自分のために、リラックスできる素敵な居住空間をつくりたいものです。

カスタマイズできるのも魅力のひとつ

ペットを多頭飼いしている場合、先述の人形用ベッドを2段ベッドにカスタマイズして使うというのも人気だそう。ほかにも、SNS上にはDIY後の画像がたくさんアップされています。イケアの製品はミニマルなデザインが多く、かつ丈夫なので、アイデア次第でオリジナルのペット用品が作りやすいのでしょう。

今回発表されたペット用品も、カスタマイズが楽しめる余白があります。多彩なテキスタイルもイケアの魅力ですので、このペット用ソファベッドと組み合せれば、より素敵なペットスペースが完成。あれこれコーディネートを考えるのも、楽しい時間です。

ひと工夫でペットがもっと安心できるクッションに

ペット用クッションの中に、飼い主さんのお古の衣類を入れるのもおすすめです。ペットは大好きな人の匂いに安心感を覚えるので、着古したセーターやシャツなどでふかふかにしてあげれば、さらに心地よい居場所の完成。長時間のお留守番やペットホテルにあずける際にも、このクッションが役立つはずです。いつも人間の布団やまくらの上で寝たがる犬や猫にお困りの人も、ぜひお試しを。

古着や使い古しの毛布などをリサイクルすれば、ペットがもっと安心できるクッションに。中身がへたってきたら気兼ねなく交換できるのも嬉しいポイント。エコなペット用品と言えます

飼い主さんの匂いとペット自身の匂いが混じっている場所が、最高に安心できる場所。また、お手入れがしやすいので清潔に保てます

記者 小田 亮子

神奈川県出身。求人広告、結婚情報誌などの制作ディレクターを経てフリーランスに。現在おもにブライダル関連のレポートを「ゼクシィ」「ゼクシィPremier」にてディレクション。「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」ほか、エステティック、化粧品、ジュエリーなどの記事をライティング。三人姉妹の真ん中に育ち、女子高・女子大卒。趣味は愛猫(雌)との女子会。

ーーBackstage from “ethica”ーー

完全室内飼いが主流の猫や小型犬は、家の中が世界のすべて。少しでも居心地の良い空間を作ってあげるのが飼い主の役割であり、楽しみでもあります。猫飼いの私も、今回のニュースは嬉しいかぎり。イケアに足を運ぶ回数が激増しそうです。ちなみに、ネット販売やアプリ配信も行っていますので、こちらも要チェックです。

今回の記者発表会では、ソファなど人気アイテムの値下げも大きな話題に。限られた予算内で、ペット用品との組み合わせを考えながら楽しく選べます

<エシカ記事予告> レディ・ガガやマドンナを手掛けたスタイリストとコラボした、新しい世界観をイケアが発信

レディ・ガガやマドンナを手掛けたスタイリストとコラボした、新しい世界観をイケアが発信

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

小田 亮子

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
デビュー20周年を迎え、ますます輝く相川七瀬さんに注目
独自記事 【 2014/12/29 】 Art & Culture
ガールズポップ全盛の時代に、ちょっと不良っぽいイメージで圧倒的な存在感を示した女性ロックシンガー相川七瀬さん。1995年に「夢見る少女じゃいられない」でデビューして以来、2015年で20年を迎える相川さんは、東日本大震災や紀伊半島大水害の復興支援チャリティライブに参加するなど社会的な活動にも積極的に取り組んでいます。今...
新しい環境に跳び込んでいくことが楽しい【三原勇希・前編】
sponsored 【 2018/7/21 】 Art & Culture
ラジオ番組「INTRO-JUICE 802」(FM802)のレギュラーDJを務めるタレントの三原勇希さん。今春、同局のスポンサーを務めるサラヤ株式会社の環境保全プロジェクトを取材するため、ボルネオを訪問されました。ローティーン雑誌のモデルを経て人気DJとして活躍中の三原さんに、ethica編集長・大谷がロングインタビュ...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...

次の記事

日本ユニセフ協会&博報堂DYグループの有志メンバーに聞きました。「私によくて、世界にイイ。」とは? ~安全な水を世界の子どもたちに~ TAP PROJECT JAPAN【インタビュー編】
レディ・ガガやマドンナを手掛けたスタイリストとコラボした、新しい世界観をイケアが発信

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます