【レゴ®の思考術】中高生の”大切なもの”とは? レゴ®ブロックで表現したらこうなった。
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【レゴ®の思考術】中高生の”大切なもの”とは? レゴ®ブロックで表現したらこうなった。

こども国連とソフトバンクによる「ソフトバンクみらい会議」開講!

「もっとも大切にしたいものは何ですか?」「実現したいけどできないことは?」

大人だって答えるのは難しい質問に、中高生が挑みました。

持続可能な社会を創る「人材」を育成するNGO団体「こども国連」と、通信会社である「ソフトバンク」がコラボレーション。先月、中高生を対象にワークショップ「ソフトバンクみらい会議」が行われました。

戦略を形にする思考術「レゴ®シリアスプレイ®」って?

人工知能(AI)やロボット、IoTなど、今後ますます成長が期待される分野に力を注いでいるソフトバンク。「未来の人材育成にも貢献したい」との想いから、今回のワークショップが実現しました。

子供たちが挑戦するのは、マサチューセッツ工科大学とレゴ社が共同開発した思考術「レゴ®シリアスプレイ®」。「レゴ®ブロック=子供のおもちゃ」というのは昔の話。NASAをはじめとする世界中のあらゆる企業が、レゴブロックを使って組織力や思考力を鍛えるプログラムを取り入れています。

どうして「レゴ®ブロック」なの?

「頭の中に思い描いたイメージを表現するには、言葉よりも形にした方が伝わりやすいんです」と話すのは、こども国連・事務局長の井澤友郭さん。

「たとえば『“壁”を表現してください』と言われたとき、言葉で違いを表現するのはちょっと難しいですよね。しかしレゴ®ブロックでは、意識せずとも作った人の数だけ色んな壁が出来上がります。モノを形づくることで、言語化できない深層心理までを表現することができると考えています」

今回、中高生たちに与えられたお題は2つ。さて、レゴ®ブロックで一体何を表現してくれたのでしょうか?

Q1「わたしが、いま一番大切にしていること」

まず最初のお題はこちら。大切なコトやモノ、ヒトでもなんでもOK。5人1組のグループに分かれて取り組みます。ただし、3つのお約束つきです。

3つの約束

1. THINKだけでなく、FEELをアウトプットしよう!

2. 正解などない。なんでもアリ!

3. 否定しない。違いを楽しもう!

出来た作品は1人ずつ、グループ内で発表します。「何をつくったか?」だけではなく、「なぜこのパーツは青色のブロックなのか?」「いつから大切に思うようになったのか?」など、お互いの作品について質問し合うことでより深い心理に迫ります。

作品その1『ずーっと応援し続けてます』

1人目の「大切にしていること」はこちら。グレーの板に赤、水色、オレンジなどのブロックが積まれています。炎と水と大地…でしょうか?果たしてこれが何なのか、皆目見当もつきません。

つくったのは松下 さきさん、高校1年生。

「これは『いっぱい色んなことではなく、1つのチームだけを応援し続ける気持ち』の大切さを表現したくて作りました。私は子供の頃から横浜ベイスターズの大ファンです。黒とオレンジが巨人、白と赤がカープ、青と水色がベイスターズのチームカラー。今シーズンは巨人を倒して、カープとの接戦の末、我らがベイスターズが優勝してほしいです。阪神を置こうか迷ったのですが、阪神は絶対倒せると思ったのであえて置きませんでした」

なるほど、水色のブロックが一番高く積んであるのは、“優勝”の意味だったのですね。ちなみに一番下のグレーは、ヤクルトと中日だそうです。野球好き(そして横浜ファン!)というのもかなり意外でしたが、まさかブロックが野球のチームカラーだったとは。現在、広島と阪神につづき横浜ベイスターズは第3位。さきさんのためにも残りの試合、頑張ってほしいですね!

作品その2『色々言われても負けないCAR』

2人目の「大切にしていること」はこちら。たくさんタイヤが付いていますね。車でしょうか? 上にも下にも付いています。一見シンプルなようで複雑なこちらの作品。どんな大切なことを表しているの?

つくったのは齊藤慶一郎さん、高校1年生。

「これは見ての通り、車です。自分が大切にしているものは特殊性というか…人とは違った部分、自分の個性です。車にはバラエティーの豊かさを表すために、色んな方向にタイヤを付けました。横にも縦にも、裏にも表にも動かせます。そして個性があると人から色々言われたりするので、あえて壊れやすく作りました。でもそれに潰されないように生きて行くのが、僕の人生の目標です」

まさかの、大切なもの is 思想のパターン。車であって車でないのです。『大切なものは車!』というその辺の成人男性とは全く違います。おっしゃる通り、人と違ったり同じだったり、それは大人になっても悩みの尽きない課題。これからの長い人生、自分をもって力強く生きていってほしいですね!

Q2「わたしが本当は実現したいと思っているけど、なかなか実現ができないコト」

続いてのお題はこちら。Q1でウォーミングアップをしたので、今度はさらに難易度の高いお題にチャレンジです。実現したいけど、できないこと…人生そんなことだらけな気もしますけど、中高生の皆さんはどう思っているのでしょうか? 右端で人型ロボットのPepperも心配そうに見守っています。

作品その3『最高の最期を探す旅へ』

1人目の「実現したいけどできないコト」はこちら。白い乗り物にレゴ®人形が乗っています。飛行機でしょうか?機体には金のコインが散らばっています。お金がもっと欲しい! ということでしょうか?シンプルですが興味深い作品です。

つくったのは出島 こころさん、中学3年生。

「やってみたいことは世界一周の一人旅です。でも、学校もあるしお金のこともあるし…なにより今は受験生だから。一人で行きたいのには理由があって、人生の最期を過ごす場所を探したいんです。だから今のうちから世界各地をまわって、一番良かった国で最高の最期を迎えたいです」

いろいろ飛び越えて老後のプランまで! 最高の老後を迎えるため、今から準備に余念がありません。決して『人生がつまらない』とかではなく、頑張った自分に最高のご褒美をあげたい! という明るいニュアンスで話していたのが印象的でした。ちなみに、いま一番行きたい場所はボリビアのウユニ塩湖だそう。

作品その4『楽園があればいいってもんじゃないの』

2人目の「実現したいけどできないコト」はこちら。2つのレゴ®島にハシゴが渡してあります。この橋を渡って向こう側へ行きたい!という具合でしょうか?橋の向こう側はなんだか居心地が良さそうです。これは一体どういうこと?

つくったのは鈴木千夢さん、中学3年生。

「私は現実とやりたいことを行き来できる別の世界がほしいな。手前のグレーと黄色のブロックは学校の門で、勉強とかやらなきゃいけない現実を表しています。はしごの向こうは楽園です。レゴ®人形は自分自身。現実に直面しているから身体は学校のほう、でも頭は楽園のほうを向けました」

なるほど、なんだかリアル。学校、部活、受験勉強…3年生はやることがいっぱいです。お疲れ様でございます。班のメンバーからの「楽園に行きっぱなしではだめなの?」という問いには、「楽園はあくまで一人の世界だから、現実世界の友達や家族に会えないのは寂しい。だから行き来できるようにした」とのこと。うんうん、分かるよ。頑張りたくないわけじゃないんだよね。分かります! 最後はなんだかすごく共感しちゃう作品でした。

「ソフトバンクみらい会議」乞うご期待!

最後は参加者とこども国連事務局スタッフのみんなで一緒に、ハイ、チーズ。

いかがでしたか? レゴ®ブロックを使うことで、本人さえ気がついていない深層心理に迫れる! これは大いにありそうですね。難しい年齢のお子さんのいるご家庭でも、この方法でコミュニケーションをとってみるのはありかもしれません。個人的には、口下手な彼氏・彼女、あるいは夫婦仲の冷え切ったパートナー同士で「私の好きなところは?」というお題を出し合ってみるのもありな気がしています。忘れかけていた大切な気持ちを取り戻せるかも。皆さんもぜひ、「レゴ®シリアスプレイ®」に挑戦してみてくださいね。レッツ・レゴ®ブローック!!

なお「ソフトバンクみらい会議」など、今後「こども国連」が開催するイベントの日程は、下記こども国連のホームページからチェックできます。

http://junec.gr.jp/

記者 斉藤 アリス

ロンドン生まれ、愛知県育ち。オーストリア人の父と日本人の母を持つ。明治大学農学部を卒業後、ロンドンの美大学院にてジャーナリズムを専攻し修士号を取得。現在モデルとして活動しながら、ライターとして執筆活動も行う。また、世界のカフェを巡るカフェマニアで「食べログのグルメ著名人」としても活動中。著書に世界10カ国107軒を訪れてまとめた書籍『斉藤アリスのときめきカフェめぐり』。2017年10月より、「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~」執筆活動を展開中。

【編集長鼎談】 ソフトバンク・向井誠さん、こども国連・井澤友郭さん レゴ®ブロックが中高生たちの言葉を引き出す「ソフトバンクみらい会議」

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

斉藤 アリス

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
まずは自分の“半径5m”から愛を広げていく。 エシカルウェディング経験者・沼田暁さんが考える社会貢献のかたち (前編)
独自記事 【 2020/3/2 】 Fashion
エシカルや社会貢献活動に関心があり、何か自分にできることをしたい。でも、いざ何かしようとしても「自分が役に立てることなんてあるのだろうか」と躊躇ってしまう人が多いのかもしれません。筆者である私も、そんな悩みが尽きない一人です。 悩める筆者がある“ウェディングドレス”をきっかけに出会ったのが、今回の主人公・沼田 暁(ぬま...
トップブランドの古着を藍染で蘇らせる”サスティナブル・ブランド” Indigo Love Ecoプロジェクト「BOKUWAKUMA」
独自記事 【 2020/2/10 】 Fashion
鮮やかでありながら深みもあり、様々に表情を変える藍色。 実はこれらの衣服は、本当なら捨てられてしまうかもしれなかった古着です。 ご紹介するのはシャネルやギャルソンの古着を藍染でリメイクする沖縄拠点のブランド「BOKUWAKUMA」。藍で染めることによって新たな命が吹き込まれより愛されるアイテムに蘇らせることで、ファッシ...
人が楽しむことをしたいーー。クリエーティブを仕事にする喜び。/木下舞耶(前編)
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
2019年6月に行われた「カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル」のセミナーに、一人の日本人女性が登壇した。広告会社でパラリンピックのプロジェクトに携わる木下舞耶さん。パラリンピックという障害者のスポーツの祭典を通じ、人々の意識、社会をも変えるコミュニケーションを標榜する。前編では、木下さんが歩んで来...
広告の祭典「カンヌライオンズ」にて開催されたパラリンピックの対談レポート
独自記事 【 2020/1/20 】 Work & Study
世界的な広告(クリエイティブ)の祭典「カンヌライオンズ」にて行われた電通の木下舞耶さん、国際パラリンピック委員会(IPC)のチーフ・マーケティング・コミュニケーションズ・オフィサー、クレイグ・スペンスさん、そしてパラリンピック金メダリストのマールー・ファン・ラインさんの対談の様子をレポートします。(記者:エシカちゃん)...
パラリンピックに懸ける思い【前編】/ 車いすテニス・船水梓緒里さん
独自記事 【 2020/1/6 】 Health & Beauty
車いすテニスを始めてわずか2年で世界国別選手権のジュニアクラス日本代表に選出され、その後2018年8月にはジュニアの世界ランキング1位となった船水梓緒里さん(三菱商事所属)。中学1年生の時、事故で車いす生活を余儀なくされ、人生に絶望しかけていた船水さんを救ったのが車いすテニスでした。 今回は来年の東京パラリンピックでの...
【ethica編集長対談】「ECOALF」創業者 ハビエル・ゴジェネーチェ氏
独自記事 【 2019/12/23 】 Fashion
スペインのファッションブランド「ECOALF」の日本第1号店が2020年3月、東京・神宮前にオープンすることになり、先日、都内でその発表会が行われました。 「ECOALF」は世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、環境を守りながらペットボトルや漁業用の網などといった海洋プラスチックごみを再生して作った機能的な衣類や靴、...
ファッションデザイナー石川俊介さん『背景が見えにくいファッション産業への疑問』
独自記事 【 2019/12/16 】 Fashion
エシカルなコーヒーの調達率 99 % を達成したことにちなみ、9月9日に全国のスターバックス店舗で2015年から行われている「99 キャンペーン」。特に、同キャンペーンが初めて実施された、中目黒の「スターバックス リザーブ®️ロースタリー 東京」では、バリスタによるコーヒーの生産過程についてのマイクパフォーマンスが行わ...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
「外」からの視点がとらえた、日本の美しさ 【国木田彩良・前編】
独自記事 【 2018/10/4 】 Art & Culture
明治時代の小説家・ジャーナリストの国木田独歩の玄孫であり、現在、モデルとして活躍中の国木田彩良さん。このたび谷崎潤一郎の『陰翳礼讃』を原案とする短編映画『IN-EI RAISAN(陰翳礼讃)』(高木マレイ監督)の茶人役で、女優に初挑戦しました。10月5日の映画公開を控え、2018年6月に建仁寺塔頭 両足院にて行われた映...
日本の良さを改めて実感!?  豪華舞台を楽しめる「日本博特別公演」の放映が決定!
独自記事 【 2020/6/15 】 Art & Culture
『ethica(エシカ)』6月号のテーマは、「エシカル世代」です。 新型コロナの影響で、ライブでエンターテイメントを楽しむ機会はほとんどなくなっていました。ようやく再開への道筋は見えてきたものの、実際にリアルな場に出かけてイベントなどを楽しめるのは、もう少し先になりそうです。そんな中、「エシカル世代」にも人気の2.5次...
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
「エシカルファッションってなに?」 ピープルツリーの場合
独自記事 【 2019/9/20 】 Fashion
日本とイギリスで展開するフェアトレード専門ブランド「ピープルツリー」。人にも地球にも良いライフスタイルを提唱するエシカルファッションのパイオニアともいえるその活動は、ethica編集部でも創刊以来、大先輩としてその歩みに倣って参りました。 エシカルな気づきをテーマに情報発信を続けてきた私たちethicaは今年6周年を迎...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
一杯のコーヒーから広がる「 99 」への想い 。
独自記事 【 2019/11/12 】 Food
エシカルなコーヒー豆の購買率 99 % を達成したことにちなみ、毎年9月9日に全国のスターバックス店舗で行われる「 99 キャンペーン」 キャンペーン開始から5年目となる今年、中目黒の「スターバックス リザーブ ® ロースタリー 東京 」ではじめての「 99 キャンペーン」イベントが実施されました。 前編につづき「 9...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
The Breakthrough Company GO クリエイティブディレクター 砥川直大さん(前編)
独自記事 【 2020/4/20 】 Fashion
世界中で脱プラスチックの動きが広がる中、ペットボトルや魚網などの海洋プラスチックごみを再生して作った衣類や靴、かばんなどを次々に発表。現在ヨーロッパを中心に大きな注目を集めているスペイン生まれのファッションブランドが「ECOALF」です。この3月、日本第1号店が東京・渋谷にオープンしましたが、開店にあたり「地球の資源を...
蜷川実花×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/7/13 】 Art & Culture
渋谷パルコのPARCO MUSEUM TOKYOで新作個展「東京 TOKYO/MIKA NINAGAWA」を開催した写真家で映画監督の蜷川実花さん。蜷川さんの新作写真集「東京 TOKYO」の刊行を記念して行われたもので、会場には「東京に生まれ育ち、この街しか住んだことがない」という蜷川さんが「大事なものすぎてなんだか手...

次の記事

グローバルな視点から読み解く日本の「道(DOU)」武道・芸道の達人たちの動きを最新技術で映像化
「ハリー・ポッター」の世界が体験出来る家7選! ~ハリー・ポッター20周年!あの魔法の世界を体験出来る家に泊まろう!~

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます