【レゴ®の思考術】中高生の”大切なもの”とは? レゴ®ブロックで表現したらこうなった。
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【レゴ®の思考術】中高生の”大切なもの”とは? レゴ®ブロックで表現したらこうなった。

こども国連とソフトバンクによる「ソフトバンクみらい会議」開講!

「もっとも大切にしたいものは何ですか?」「実現したいけどできないことは?」

大人だって答えるのは難しい質問に、中高生が挑みました。

持続可能な社会を創る「人材」を育成するNGO団体「こども国連」と、通信会社である「ソフトバンク」がコラボレーション。先月、中高生を対象にワークショップ「ソフトバンクみらい会議」が行われました。

戦略を形にする思考術「レゴ®シリアスプレイ®」って?

人工知能(AI)やロボット、IoTなど、今後ますます成長が期待される分野に力を注いでいるソフトバンク。「未来の人材育成にも貢献したい」との想いから、今回のワークショップが実現しました。

子供たちが挑戦するのは、マサチューセッツ工科大学とレゴ社が共同開発した思考術「レゴ®シリアスプレイ®」。「レゴ®ブロック=子供のおもちゃ」というのは昔の話。NASAをはじめとする世界中のあらゆる企業が、レゴブロックを使って組織力や思考力を鍛えるプログラムを取り入れています。

どうして「レゴ®ブロック」なの?

「頭の中に思い描いたイメージを表現するには、言葉よりも形にした方が伝わりやすいんです」と話すのは、こども国連・事務局長の井澤友郭さん。

「たとえば『“壁”を表現してください』と言われたとき、言葉で違いを表現するのはちょっと難しいですよね。しかしレゴ®ブロックでは、意識せずとも作った人の数だけ色んな壁が出来上がります。モノを形づくることで、言語化できない深層心理までを表現することができると考えています」

今回、中高生たちに与えられたお題は2つ。さて、レゴ®ブロックで一体何を表現してくれたのでしょうか?

Q1「わたしが、いま一番大切にしていること」

まず最初のお題はこちら。大切なコトやモノ、ヒトでもなんでもOK。5人1組のグループに分かれて取り組みます。ただし、3つのお約束つきです。

3つの約束

1. THINKだけでなく、FEELをアウトプットしよう!

2. 正解などない。なんでもアリ!

3. 否定しない。違いを楽しもう!

出来た作品は1人ずつ、グループ内で発表します。「何をつくったか?」だけではなく、「なぜこのパーツは青色のブロックなのか?」「いつから大切に思うようになったのか?」など、お互いの作品について質問し合うことでより深い心理に迫ります。

作品その1『ずーっと応援し続けてます』

1人目の「大切にしていること」はこちら。グレーの板に赤、水色、オレンジなどのブロックが積まれています。炎と水と大地…でしょうか?果たしてこれが何なのか、皆目見当もつきません。

つくったのは松下 さきさん、高校1年生。

「これは『いっぱい色んなことではなく、1つのチームだけを応援し続ける気持ち』の大切さを表現したくて作りました。私は子供の頃から横浜ベイスターズの大ファンです。黒とオレンジが巨人、白と赤がカープ、青と水色がベイスターズのチームカラー。今シーズンは巨人を倒して、カープとの接戦の末、我らがベイスターズが優勝してほしいです。阪神を置こうか迷ったのですが、阪神は絶対倒せると思ったのであえて置きませんでした」

なるほど、水色のブロックが一番高く積んであるのは、“優勝”の意味だったのですね。ちなみに一番下のグレーは、ヤクルトと中日だそうです。野球好き(そして横浜ファン!)というのもかなり意外でしたが、まさかブロックが野球のチームカラーだったとは。現在、広島と阪神につづき横浜ベイスターズは第3位。さきさんのためにも残りの試合、頑張ってほしいですね!

作品その2『色々言われても負けないCAR』

2人目の「大切にしていること」はこちら。たくさんタイヤが付いていますね。車でしょうか? 上にも下にも付いています。一見シンプルなようで複雑なこちらの作品。どんな大切なことを表しているの?

つくったのは齊藤慶一郎さん、高校1年生。

「これは見ての通り、車です。自分が大切にしているものは特殊性というか…人とは違った部分、自分の個性です。車にはバラエティーの豊かさを表すために、色んな方向にタイヤを付けました。横にも縦にも、裏にも表にも動かせます。そして個性があると人から色々言われたりするので、あえて壊れやすく作りました。でもそれに潰されないように生きて行くのが、僕の人生の目標です」

まさかの、大切なもの is 思想のパターン。車であって車でないのです。『大切なものは車!』というその辺の成人男性とは全く違います。おっしゃる通り、人と違ったり同じだったり、それは大人になっても悩みの尽きない課題。これからの長い人生、自分をもって力強く生きていってほしいですね!

Q2「わたしが本当は実現したいと思っているけど、なかなか実現ができないコト」

続いてのお題はこちら。Q1でウォーミングアップをしたので、今度はさらに難易度の高いお題にチャレンジです。実現したいけど、できないこと…人生そんなことだらけな気もしますけど、中高生の皆さんはどう思っているのでしょうか? 右端で人型ロボットのPepperも心配そうに見守っています。

作品その3『最高の最期を探す旅へ』

1人目の「実現したいけどできないコト」はこちら。白い乗り物にレゴ®人形が乗っています。飛行機でしょうか?機体には金のコインが散らばっています。お金がもっと欲しい! ということでしょうか?シンプルですが興味深い作品です。

つくったのは出島 こころさん、中学3年生。

「やってみたいことは世界一周の一人旅です。でも、学校もあるしお金のこともあるし…なにより今は受験生だから。一人で行きたいのには理由があって、人生の最期を過ごす場所を探したいんです。だから今のうちから世界各地をまわって、一番良かった国で最高の最期を迎えたいです」

いろいろ飛び越えて老後のプランまで! 最高の老後を迎えるため、今から準備に余念がありません。決して『人生がつまらない』とかではなく、頑張った自分に最高のご褒美をあげたい! という明るいニュアンスで話していたのが印象的でした。ちなみに、いま一番行きたい場所はボリビアのウユニ塩湖だそう。

作品その4『楽園があればいいってもんじゃないの』

2人目の「実現したいけどできないコト」はこちら。2つのレゴ®島にハシゴが渡してあります。この橋を渡って向こう側へ行きたい!という具合でしょうか?橋の向こう側はなんだか居心地が良さそうです。これは一体どういうこと?

つくったのは鈴木千夢さん、中学3年生。

「私は現実とやりたいことを行き来できる別の世界がほしいな。手前のグレーと黄色のブロックは学校の門で、勉強とかやらなきゃいけない現実を表しています。はしごの向こうは楽園です。レゴ®人形は自分自身。現実に直面しているから身体は学校のほう、でも頭は楽園のほうを向けました」

なるほど、なんだかリアル。学校、部活、受験勉強…3年生はやることがいっぱいです。お疲れ様でございます。班のメンバーからの「楽園に行きっぱなしではだめなの?」という問いには、「楽園はあくまで一人の世界だから、現実世界の友達や家族に会えないのは寂しい。だから行き来できるようにした」とのこと。うんうん、分かるよ。頑張りたくないわけじゃないんだよね。分かります! 最後はなんだかすごく共感しちゃう作品でした。

「ソフトバンクみらい会議」乞うご期待!

最後は参加者とこども国連事務局スタッフのみんなで一緒に、ハイ、チーズ。

いかがでしたか? レゴ®ブロックを使うことで、本人さえ気がついていない深層心理に迫れる! これは大いにありそうですね。難しい年齢のお子さんのいるご家庭でも、この方法でコミュニケーションをとってみるのはありかもしれません。個人的には、口下手な彼氏・彼女、あるいは夫婦仲の冷え切ったパートナー同士で「私の好きなところは?」というお題を出し合ってみるのもありな気がしています。忘れかけていた大切な気持ちを取り戻せるかも。皆さんもぜひ、「レゴ®シリアスプレイ®」に挑戦してみてくださいね。レッツ・レゴ®ブローック!!

なお「ソフトバンクみらい会議」など、今後「こども国連」が開催するイベントの日程は、下記こども国連のホームページからチェックできます。

http://junec.gr.jp/

記者 斉藤 アリス

ロンドン生まれ、愛知県育ち。オーストリア人の父と日本人の母を持つ。明治大学農学部を卒業後、ロンドンの美大学院にてジャーナリズムを専攻し修士号を取得。現在モデルとして活動しながら、ライターとして執筆活動も行う。また、世界のカフェを巡るカフェマニアで「食べログのグルメ著名人」としても活動中。著書に世界10カ国107軒を訪れてまとめた書籍『斉藤アリスのときめきカフェめぐり』。2017年10月より、「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~」執筆活動を展開中。

【編集長鼎談】 ソフトバンク・向井誠さん、こども国連・井澤友郭さん レゴ®ブロックが中高生たちの言葉を引き出す「ソフトバンクみらい会議」

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

斉藤 アリス

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

グローバルな視点から読み解く日本の「道(DOU)」武道・芸道の達人たちの動きを最新技術で映像化
「ハリー・ポッター」の世界が体験出来る家7選! ~ハリー・ポッター20周年!あの魔法の世界を体験出来る家に泊まろう!~

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます