“本しゃべりすと”が語る、「バレンタインには本を贈ろう!」 エシカが提案するバレンタイン2014<特集①前編>
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
“本しゃべりすと”が語る、「バレンタインには本を贈ろう!」

「本を贈ったり、贈られたり。互いに好奇心やワクワクする世界を広げていける……そんな世の中って、とても楽しいと思うんですよ。バレンタインはプレゼントにうってつけの日。男性にはもちろん、女性に対してだって『面白かったから、よかったら読んでみて』と、気軽に贈ってみませんか?」

そんな風に語るのは、“本しゃべりすと”の奥村知花さん。フリーランスで書籍PRに携わるほか、本のあるライフスタイルをさまざまな形で提案している。

いつかどこかで芽吹くかも? それが楽しい

「本って、自分で読み進めなければ楽しめない。言ってみれば能動的なエンタテインメントですよね。だからこそ、自分に刺さる一節が見つかるし、何年も経った後でふと思い出す一節なんかもある。誰かから贈られた本のことを、ある日、ふと思い出すのも楽しいと思うんですよ。そんな未来を思い浮かべながら、いつどこで芽吹くのか誰もが判らない(笑)、小さな種を蒔くような……いたずらっぽい気分で本を選んでみてほしいのです」

バレンタインに本を贈りあう。「読む」という行為によって蒔かれた種は、そのうち忘れられたりもする。いつか芽吹くのか、あるいは埋まったままなのかも判らないけれど、うまくすれば芽吹いた若葉が世界中に溢れていく……そんな夢想も楽しめるのだ。

「何気なく読んだ本の一節が、どうにも心に刺さるとき。よく考えてみたら、今の自分に重なる状況だったり、直面している壁を超える糸口になったりしているんです。自分が贈った本が、誰かにとってそんな役割を果たすかもしれないというのもワクワクします。本なんて文庫本であれば一冊数百円、気軽に贈れます。もちろん、チョコを添えて贈るのもいいですよね」

 

本についてしゃべる人?

ところで、奥村さんの名刺にある見慣れない肩書き、“本しゃべりすと”とは一体?

「フリーランスでのPR業務を始めた頃、名刺には“書籍PR”とだけ書いていたんです。けれども、あるとき『それじゃあよく判らないよ。本を作る人なのか何なのか……』と指摘されて。出版社の依頼で新刊をPRする仕事がメインですが、パブリシティと言っても一般的には判りにくいですし。本紹介の記事を書かせていただく連載も始めていましたが、私は書評家ではないですし。どう説明すれば私の仕事が判ってもらえるだろう?と考え込んでしまいました。そうしたら、『本についてしゃべるんだから、“本しゃべりすと”でいいんじゃない?』とアドバイスまでいただいて」

名付け親はキッチュこと松尾貴史さん。さすがの指摘をもらえたことで、やりたいことをより明確化できたという。「私は本についてしゃべる人、だから“本しゃべりすと”です」ときっぱり。

 

読書には、カルチベートの醍醐味がある

仕事であると同時に大好きな趣味でもある、本を読むという行為。読書について考えるとき、奥村さんの頭にあるのは太宰治の『正義と微笑』だ。

「勉強して、それから、けろりと忘れてもいいんだ。覚えるということが大事なのではなくて、大事なのは、カルチベートされるということなんだ。カルチュアというのは……心を広く持つという事なんだ。つまり、愛するという事を知る事だ』という一節、カルチベートという言葉が好きなんです。読書も、読んでけろりと忘れていい。忘れてもほんの少し残るものは必ずあって、それらが積み重なって人生を豊かにしてくれると信じています」

あなたがバレンタインに贈る一冊、相手にはどんな珠玉の一節をもたらすことになるだろう……? そんな想像を膨らませることが、贈る側の楽しみにもなりそうだ。【後編に続く】

後編は、奥村さんによるケーススタディ「今年のバレンタインに贈りたい厳選8冊」
更新タイミングは、ethica編集部facebookやTwitterでご案内させて頂きます。

取材協力
奥村知花 OKUMURA CHICA
成城大学卒。“本しゃべりすと”として、新刊書籍のパブリシティに携わりつつ、書評エッセイなど執筆。

インタビュアー
松本 典子  MATSUMOTO NORIKO

主にライフスタイル&カルチャーの分野で雑誌やwebメディア、単行本の執筆・編集に携わる。本も好きだが映画にはさらに目が無い。

Photo=Kentaro Ohtani (TRANSMEDIA)

松本典子

森星さんが世界中の女の子を応援 オリジナルデザインのTシャツでスピーチ
独自記事 【 2017/11/28 】 Love&Human
皆さんは10月11日が「国際ガールズ・デー」であることをご存じでしょうか? 女の子の権利についての認識を深める「国際ガールズ・デー」は、2011年に国連で制定されました。(ちなみに「国際女性デー」は3月8日。) 制定から6年、日本でも徐々に認知され、今年10月には六本木の街の各所で国際ガールズ・デーにちなんだイベントが...
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

~バレンタインにチョコと本をプレゼントしよう!~ 「ethica(エシカ)」が提案するバレンタイン特集企画2月4日(火)~2月14日(金)に展開
大切な友人に贈りたい本3選 「バレンタインには本を贈ろう!」  エシカが提案するバレンタイン2014<特集①後編その1>

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます