発酵マイスター 菜月(談)「私は最近まで冷蔵庫を持っていなかったんですよ」 いつもより遠くへ、もっとワクワクへ。『LEXUS URBAN DAY CAMP』 『レクサス』が提案するラグジュアリーコンパクトライフ
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
発酵マイスター 菜月(談)「私は最近まで冷蔵庫を持っていなかったんですよ」

発酵マイスターの菜月さん。レクサスが提案する「アーバンデイキャンプ」体験イベントにて

ラグジュアリーという言葉と発酵食品。関連性を見つけるのは難しそうなこの二つのキーワードですが、今回、発酵マイスターの菜月さんが提案するライフスタイルをうかがうと「なるほど!」の連続。ラグジュアリーな車で出かけたいアーバンデイキャンプを体験しながら、ギュッと凝縮された贅沢の本質を探ってみました。

贅沢が詰まっている発酵とは?発酵マイスターの菜月さんに伺いました

「発酵食に関心を持ったのは、自分が体調を崩したのがきっかけなんです」と菜月さん

私は最近まで冷蔵庫を持っていなかったんですよ

車のイベントで発酵食が紹介されるのは何とも不思議ですね、と菜月さんに伺ったところ「レクサスが提案するテーマはラグジュアリーコンパクトライフと聞きました。ラグジュアリーとは贅沢、コンパクトとは詰まっている事ととらえています。あれもこれも搭載するのではなく、研ぎ澄まされたものだけが詰まっているのが本当の贅沢と思うので、そこが共通点かな」と菜月さん。なるほど、発酵とは菌によって旨味や栄養がギュッと凝縮された状態。時間をかけて醸される味わいは、贅沢なものです。

さらに、菜月さんの「私は最近まで冷蔵庫を持っていなかったんですよ」という発言にも驚かされました。食材を発酵させる、干すなどの昔からの知恵や工夫で、食べ物の長期保存は充分に可能だそう。そう、冷蔵庫がないキャンプにも活かせる知恵です。

イベント期間中は菜月さんによる味噌作りのワークショップも開催されました

肉や野菜を味噌や塩麹に漬けるだけで手間はかかりません

キャンプにおすすめという菜月さんのアイデアをいくつかご紹介。「まず、仕込みはキャンプの3日前に。とは言っても、肉や野菜を味噌や塩麹に漬けるだけで手間はかかりません。こうしておけば現地でのゴミも減らせます」。実際に白味噌に漬けられた鶏肉料理を試食させていただきましたが、お肉は柔らかく旨味も凝縮されていて、いくらでも食べられそう。

「それと、味噌玉を作って持って行くのもおすすめです。簡単に作れるものですが、お湯を注ぐだけで美味しいお味噌汁になります。日本人はお味噌汁があるとホッとするんですよね」。たしかに、遠出の疲れや食べ過ぎた胃を癒してくれるのは、お味噌汁が最適です。「さらに、塩麹を持って行くと便利ですよ。色々なタレやドレッシングを買い揃えなくても、この塩麹にレモンやごま油などを加えると、オリジナルのディップソースが簡単に作れます」。最近では様々な種類の塩麹がスーパーで買えますので、醸す時間がない人もすぐに実践できるアイデアです。

発酵食というと地味な見た目を想像しがちですが、菜月さんの提案する料理はどれもオシャレでテンションが上がります

発酵や菌を活用することは、昔から伝わる生きる知恵

「持っている菌は1人ひとり違いますので、同じ日に同じ材料で作ったぬか床や味噌でも、数カ月後には味も質感も全員違うものになっています」。ちなみに、菜月さんは自家製のぬか床や味噌を色々な人の手で混ぜてもらうことがあるそう。多くの異なる菌によって醸されると、味が複雑になって美味しくなるそうです。

「乳酸菌など体の中で多様な菌を育てることも意識してみてください。体調も良くなります」と菜月さん。でも菌と聞くと、バイ菌とは?発酵と腐敗の違いは?など、疑問も出てきます。「発酵食を続けていると、自分の味覚センサーの感度も良くなります。食べてダメなものは自然と分かってきますので、賞味期限の日付だけに頼らず、自分の舌を信じることも大事です。そういった肌感覚みたいなものを養うことは、自分を守り、生き抜くことにつながります」。膨大な食品廃棄量が問題になっている日本では、大切な感覚かもしれません。

「部屋をきれいに保つのも、菌は役に立ちます。私は米のとぎ汁を使って床拭きなどをするのですが、室内に乳酸菌が増えて体を守ってくれる家になるのです。ですから、普段から除菌スプレーなどは使用しません。除菌ではなく“助菌”による快適で健康的な生活を送りたいですね」

発酵や菌を活用することは、昔から伝わる生きる知恵。これからを生きる世代にこそ伝えていきたいことばかりでした。

前編はこちらから

クリス-ウエブ 佳子(談)「インテリアを考えるときは、Eclecticであることを大切に」

発酵マイスター【菜月】

発酵マイスター。『Natsuki’s HaCcOoo Lab』主宰。さまざまな食材を使った発酵ワークショップを行う。フタバフルーツ、Noritakeとのコラボレーション企画をはじめ、『CALPIS』や表参道『発酵居酒屋5』の発酵監修など、発酵を通して生活を豊かにする活動を展開中。 http://beautyflow.sunnyday.jp/

記者 小田 亮子

神奈川県出身。求人広告、結婚情報誌などの制作ディレクターを経てフリーランスに。現在おもにブライダル関連のレポートを「ゼクシィ」「ゼクシィPremier」にてディレクション。「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」ほか、エステティック、化粧品、ジュエリーなどの記事をライティング。三人姉妹の真ん中に育ち、女子高・女子大卒。趣味は愛猫(雌)との女子会。

ーーBackstage from “ethica”ーー

忙しい現代女性が毎日手軽に取り入れやすい発酵食品は何でしょう?と菜月さんに質問したところ、「お味噌汁です」と即答されました。「忙しい女性こそ通販やお取り寄せを活用していると思うので、好みに合う味噌蔵を探しながら取り寄せるのも楽しいですよ。お味噌は地域ごとに様々な種類がありますから」。なるほど。インスタント味噌汁も便利ですが、お味噌にこだわるだけで、ちょっと贅沢で丁寧な日常を過ごせる気がします。

【エシカ独占インタビュー】 フォロワー31万人超!世界的切り絵アーティストが初来日

友人とストップモーションのPVを作ったことが、切り絵作品を作るきっかけになったそうです

公開タイミングは、ethica編集部facebook・Twitter・Instagramでご案内させて頂きます。

https://www.facebook.com/ethica.jp

https://twitter.com/EthicaJp

https://www.instagram.com/ethica.jp

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

小田 亮子

このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
【あむんが行く!第1話】 TBSのSDGsプロジェクト!「ミツバチ教室」で蜜ろうキャンドルづくりを体験
独自記事 【 2022/3/7 】 Work & Study
ethica編集部員の娘(5歳)が、様々なエシカルな体験を繰り広げていく、新企画「あむんが行く!」 “あむん”という名前の由来は、紀元前1000年頃より、二千年の長きにわたって栄えたマヤ文明のマヤ語からきています。意味は“森の神”。自然と親和性のある名前を持つあむんが、今後様々なエシカルな体験を繰り広げていきます。娘の...
“自分にも環境にもやさしい”インナーウェア「WACOAL ナチュレクチュール」
INFORMATION 【 2022/2/21 】 Fashion
肌に直接身につけるインナーウェアは着心地が大事。加えて、環境に寄り添ったアイテムであれば、なおさら手に取りたくなります。「Wacoal ナチュレクチュール」は“自分にも環境にもやさしい”を目指したインナーウェアラインです。肌ざわりの良さに加えて、環境や社会に配慮した製品へのこだわりが光ります。今回はそんなアイテムの魅力...
幸せや喜びを感じながら生きること 国木田彩良
独自記事 【 2021/11/22 】 Fashion
ファッションの世界では「サステナブル」「エシカル」が重要なキーワードとして語られるようになった。とはいえ、その前提として、身にまとうものは優しい着心地にこだわりたい。ヨーロッパと日本にルーツを持ち、モデルとして活躍する国木田彩良さんに「やさしい世界を、身に着ける。」をテーマにお話を聞いた。
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【Prologue】
独自記事 【 2021/3/1 】 Health & Beauty
20年以上、トップモデルとして活躍。究極の美の世界で生きてきた冨永愛さん。ランウェイを歩くその一瞬のために、美を磨き続けてきた。それは、外見だけではない。生き方、生き様をも投影する内側からの輝きがなければ、人々を魅了することはできない。「美しい人」冨永愛さんが語る、「“私(美容・健康)に良くて、世界(環境・社会)にイイ...
水原希子×大谷賢太郎(エシカ編集長)対談
独自記事 【 2020/12/7 】 Fashion
ファッションモデル、女優、さらには自らが立ち上げたブランド「OK」のデザイナーとさまざまなシーンで大活躍している水原希子さん。インスタグラムで国内上位のフォロワー数を誇る、女性にとって憧れの存在であるとともに、その動向から目が離せない存在でもあります。今回はその水原さんに「ethica」編集長・大谷賢太郎がインタビュー...
SDGsは「自分の暮らしの中」で向き合う。
sponsored 【 2019/11/25 】 Home
気候変動やグローバル化で深刻化する問題に対応するため、2015年に国連で採択された「持続可能な開発目標」(SDGs)。貧困や格差の解消、地球環境の保全などをめざし、全ての国連加盟国が2030年までに取り組む行動計画だ。企業は単なる社会貢献ではなく、本業を通じた活動が求められている。ボルネオ島の生物多様性保全やアフリカ・...
[連載企画]冨永愛 自分に、誰かに、世界にーー美しく生きる。 【chapter1-1】
独自記事 【 2021/3/29 】 Health & Beauty
ファッションデザイナーが描く世界を表現するモデルは、まさに時代を映し出す美の象徴だ。冨永愛さんは移り変わりの激しいファッション界で、20年以上にわたり唯一無二の存在感を放ち続ける。年齢とともに磨きがかかる美しさの理由、それは、日々のたゆまぬ努力。  美しいひとが語る「モデル」とは?
モデルのマリエが「好きなことを仕事にする」まで 【編集長対談・前編】
独自記事 【 2018/12/24 】 Fashion
昨年6月、自身のファッションブランドを起ち上げたモデル・タレントのマリエさん。新ブランド「PASCAL MARIE DESMARAIS(パスカルマリエデマレ、以下PMD)」のプレゼンテーションでは、環境に配慮し無駄を省いた、長く愛用できるプロダクトを提案していくと語りました。そして今年9月、ファッションとデザインの合同...
美しき理系アーティスト、スプツニ子!さんに伺いました!(前編)「質の高い教育をみんなに」
独自記事 【 2019/9/28 】 Art & Culture
9月22日(日)〜29日(日)のSDGs週間(*)にフェイスブック ジャパンが開催している「Facebook Fundraisers for SDGs」で、「質の高い教育をみんなに(SDGsの目標4)」を達成するため、アメリカのNPO団体「Girls Who Code」への募金キャンペーンを立ち上げたスプツニ子!さんに...
国木田彩良−It can be changed. 未来は変えられる【Prologue】
独自記事 【 2020/4/6 】 Fashion
匂い立つような気品と、どこか物憂げな表情……。近年ファッション誌を中心に、さまざまなメディアで多くの人を魅了しているクールビューティー、モデルの国木田彩良(くにきだ・さいら)さん。グラビアの中では一種近寄りがたい雰囲気を醸し出す彼女ですが、実際にお会いしてお話すると、とても気さくで、胸の内に熱いパッションを秘めた方だと...
東京マラソンと東レがつくる、新しい未来
独自記事 【 2022/5/2 】 Fashion
2022年3月6日(日)に開催された東京マラソン2021では、サステナブルな取り組みが展開されました。なかでも注目を集めたのが、東レ株式会社(以下、東レ)によるアップサイクルのプロジェクトです。東レのブランド「&+®」の試みとして、大会で使用されたペットボトルを2年後のボランティアウェアにアップサイクルするとい...

次の記事

クリス-ウエブ 佳子(談)「インテリアを考えるときは、Eclecticであることを大切に」 いつもより遠くへ、もっとワクワクへ。『LEXUS URBAN DAY CAMP』 『レクサス』が提案するラグジュアリーコンパクトライフ
日本の旅を変える、新しいスタイルを提案。Airbnbで宿泊するとマイルやクーポン付与

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます