発酵マイスター 菜月(談)「私は最近まで冷蔵庫を持っていなかったんですよ」 いつもより遠くへ、もっとワクワクへ。『LEXUS URBAN DAY CAMP』 『レクサス』が提案するラグジュアリーコンパクトライフ
独自記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
発酵マイスター 菜月(談)「私は最近まで冷蔵庫を持っていなかったんですよ」

発酵マイスターの菜月さん。レクサスが提案する「アーバンデイキャンプ」体験イベントにて

ラグジュアリーという言葉と発酵食品。関連性を見つけるのは難しそうなこの二つのキーワードですが、今回、発酵マイスターの菜月さんが提案するライフスタイルをうかがうと「なるほど!」の連続。ラグジュアリーな車で出かけたいアーバンデイキャンプを体験しながら、ギュッと凝縮された贅沢の本質を探ってみました。

贅沢が詰まっている発酵とは?発酵マイスターの菜月さんに伺いました

「発酵食に関心を持ったのは、自分が体調を崩したのがきっかけなんです」と菜月さん

私は最近まで冷蔵庫を持っていなかったんですよ

車のイベントで発酵食が紹介されるのは何とも不思議ですね、と菜月さんに伺ったところ「レクサスが提案するテーマはラグジュアリーコンパクトライフと聞きました。ラグジュアリーとは贅沢、コンパクトとは詰まっている事ととらえています。あれもこれも搭載するのではなく、研ぎ澄まされたものだけが詰まっているのが本当の贅沢と思うので、そこが共通点かな」と菜月さん。なるほど、発酵とは菌によって旨味や栄養がギュッと凝縮された状態。時間をかけて醸される味わいは、贅沢なものです。

さらに、菜月さんの「私は最近まで冷蔵庫を持っていなかったんですよ」という発言にも驚かされました。食材を発酵させる、干すなどの昔からの知恵や工夫で、食べ物の長期保存は充分に可能だそう。そう、冷蔵庫がないキャンプにも活かせる知恵です。

イベント期間中は菜月さんによる味噌作りのワークショップも開催されました

肉や野菜を味噌や塩麹に漬けるだけで手間はかかりません

キャンプにおすすめという菜月さんのアイデアをいくつかご紹介。「まず、仕込みはキャンプの3日前に。とは言っても、肉や野菜を味噌や塩麹に漬けるだけで手間はかかりません。こうしておけば現地でのゴミも減らせます」。実際に白味噌に漬けられた鶏肉料理を試食させていただきましたが、お肉は柔らかく旨味も凝縮されていて、いくらでも食べられそう。

「それと、味噌玉を作って持って行くのもおすすめです。簡単に作れるものですが、お湯を注ぐだけで美味しいお味噌汁になります。日本人はお味噌汁があるとホッとするんですよね」。たしかに、遠出の疲れや食べ過ぎた胃を癒してくれるのは、お味噌汁が最適です。「さらに、塩麹を持って行くと便利ですよ。色々なタレやドレッシングを買い揃えなくても、この塩麹にレモンやごま油などを加えると、オリジナルのディップソースが簡単に作れます」。最近では様々な種類の塩麹がスーパーで買えますので、醸す時間がない人もすぐに実践できるアイデアです。

発酵食というと地味な見た目を想像しがちですが、菜月さんの提案する料理はどれもオシャレでテンションが上がります

発酵や菌を活用することは、昔から伝わる生きる知恵

「持っている菌は1人ひとり違いますので、同じ日に同じ材料で作ったぬか床や味噌でも、数カ月後には味も質感も全員違うものになっています」。ちなみに、菜月さんは自家製のぬか床や味噌を色々な人の手で混ぜてもらうことがあるそう。多くの異なる菌によって醸されると、味が複雑になって美味しくなるそうです。

「乳酸菌など体の中で多様な菌を育てることも意識してみてください。体調も良くなります」と菜月さん。でも菌と聞くと、バイ菌とは?発酵と腐敗の違いは?など、疑問も出てきます。「発酵食を続けていると、自分の味覚センサーの感度も良くなります。食べてダメなものは自然と分かってきますので、賞味期限の日付だけに頼らず、自分の舌を信じることも大事です。そういった肌感覚みたいなものを養うことは、自分を守り、生き抜くことにつながります」。膨大な食品廃棄量が問題になっている日本では、大切な感覚かもしれません。

「部屋をきれいに保つのも、菌は役に立ちます。私は米のとぎ汁を使って床拭きなどをするのですが、室内に乳酸菌が増えて体を守ってくれる家になるのです。ですから、普段から除菌スプレーなどは使用しません。除菌ではなく“助菌”による快適で健康的な生活を送りたいですね」

発酵や菌を活用することは、昔から伝わる生きる知恵。これからを生きる世代にこそ伝えていきたいことばかりでした。

前編はこちらから

クリス-ウエブ 佳子(談)「インテリアを考えるときは、Eclecticであることを大切に」

発酵マイスター【菜月】

発酵マイスター。『Natsuki’s HaCcOoo Lab』主宰。さまざまな食材を使った発酵ワークショップを行う。フタバフルーツ、Noritakeとのコラボレーション企画をはじめ、『CALPIS』や表参道『発酵居酒屋5』の発酵監修など、発酵を通して生活を豊かにする活動を展開中。 http://beautyflow.sunnyday.jp/

記者 小田 亮子

神奈川県出身。求人広告、結婚情報誌などの制作ディレクターを経てフリーランスに。現在おもにブライダル関連のレポートを「ゼクシィ」「ゼクシィPremier」にてディレクション。「ethica(エシカ)~私によくて、世界にイイ。~ 」ほか、エステティック、化粧品、ジュエリーなどの記事をライティング。三人姉妹の真ん中に育ち、女子高・女子大卒。趣味は愛猫(雌)との女子会。

ーーBackstage from “ethica”ーー

忙しい現代女性が毎日手軽に取り入れやすい発酵食品は何でしょう?と菜月さんに質問したところ、「お味噌汁です」と即答されました。「忙しい女性こそ通販やお取り寄せを活用していると思うので、好みに合う味噌蔵を探しながら取り寄せるのも楽しいですよ。お味噌は地域ごとに様々な種類がありますから」。なるほど。インスタント味噌汁も便利ですが、お味噌にこだわるだけで、ちょっと贅沢で丁寧な日常を過ごせる気がします。

【エシカ独占インタビュー】 フォロワー31万人超!世界的切り絵アーティストが初来日

友人とストップモーションのPVを作ったことが、切り絵作品を作るきっかけになったそうです

公開タイミングは、ethica編集部facebook・Twitter・Instagramでご案内させて頂きます。

https://www.facebook.com/ethica.jp

https://twitter.com/EthicaJp

https://www.instagram.com/ethica.jp

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

小田 亮子

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

クリス-ウエブ 佳子(談)「インテリアを考えるときは、Eclecticであることを大切に」 いつもより遠くへ、もっとワクワクへ。『LEXUS URBAN DAY CAMP』 『レクサス』が提案するラグジュアリーコンパクトライフ
日本の旅を変える、新しいスタイルを提案。Airbnbで宿泊するとマイルやクーポン付与

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます