日本の旅を変える、新しいスタイルを提案。Airbnbで宿泊するとマイルやクーポン付与
INFORMATION
このエントリーをはてなブックマークに追加
Instagram
日本の旅を変える、新しいスタイルを提案。Airbnbで宿泊するとマイルやクーポン付与

左から、全日本空輸株式会社 代表取締役 副社長 志岐 隆史、Airbnb Japan 株式会社 代表取締役 田邉泰之、Peach Aviation 株式会社 代表取締役CEO 井上 慎一 写真提供:Airbnb Japan株式会社

2017年11月6日、Airbnb Japan株式会社(本社:アメリカ カリフォルニア州サンフランシスコ、以下:Airbnb)と全日本空輸株式会社(本社:東京都港区、以下ANA)Peach Aviation株式会社(本社:大阪府泉南郡田尻町、以下:Peach)の3社は新しい旅行スタイルの普及と拡大におけるマーケティングについて、パートナーシップ契約を締結。Airbnbが日本のエアラインとのパートナーシップを締結するのは今回が初めてとなります。「日本の旅を変える、新しいスタイルを提案」とのコンセプトの下で各社が新しい国内旅行市場の開拓を目指していくようです。
今回はその具体的な展開や3社のバックグランドなどについて報告します。

新しい旅のスタイルとは

「旅」は古来、人生を彩る極めて重要なファクターでしたが、今回3社が目指す旅の考え方は次のようなものです。「新しい人や、より奥深い体験に出会える旅」、「自分の価値観や固定概念が変わるような新しい発見がある旅」などを指しているようです。Airbnbが5月に実施した調査では”旅行を通じて日常生活に新しい刺激が欲しい“と回答した人は全体で約7割となっており、そのニーズが裏付けられています。

写真提供:Airbnb Japan株式会社

暮らしをするように旅しよう

「暮らすように旅する」をコンセプトに旅の変革を目指すAirbnbと、「Tastes of  Japan by ANA」を始め日本が誇る日本の価値を発信するANA、一方「空飛ぶ電車」をコンセプトに気軽な旅を提案するPeachの3社が新しい旅の方向性に共鳴し今回のパートナーシップの契約締結にたどり着きました。各社の持てるマーケティング力を活用し、国内の新しいユーザー層へ「新しい旅のスタイル」を提案して国内旅行に対する興味や新しいニーズを喚起していく予定とのことです。更に3社は今回、全国に多彩なライフスタイルを広めることによって、地方経済の活性化に役立てればと願っています。

さて次に具体的な展開施策についてご紹介します。

Airbnb × ANAの取り組み

11月6日より「Airbnb × ANA暮らすように旅しようキャンペーン」特設サイトを開設

参照:Airbnb × ANA暮らすように旅しようキャンペーン特設サイト

特設サイトを経由してAirbnbを予約のうえ宿泊すると宿泊代金に応じてマイルが溜まります。(ANAマイレージクラブ会員、最大200マイル)また、Airbnb宿泊の新規予約で使えるAirbnbクーポンがもらえます。(1人3,000円、日本国内のお客のみ)

特設サイトでは、5つのテーマ(「京町屋に泊まろう」「国内リゾート生活」「週末別そう生活」「日本を知ろう!」「農業体験」)にてユニークな宿を紹介しています。

Airbnb × Peachの取り組み

11月6日(月)11:00より「Airbnb × Peachコラボレーションページ」を開設

参照:Airbnb × Peachコラボレーションページ

“人から検索”する旅のスタイル。Airbnbの体験から宿泊まで、個人個人が提案する旅行を予約することが可能です。

Airbnb宿泊の新規予約で使えるAirbnbクーポンがもらえます。(1人3,000、日本国内のお客のみ)

以上、具体的な施策についてのお知らせでしたが、さらに各社の代表によるコメントをご紹介すると今回のキャンペーンの内容、各社の考え方が良く理解できます。

パートナーシップについての各社代表コメント

Airbnb Japan 株式会社 代表取締役 田邉泰之

Airbnbプラットフォームをご利用いただくと様々な地域のカルチャーとつながり、ユニークな旅行体験を叶えることができます。町家から、豪華な一棟借り、週末プチ移住、古民家や農業体験が予約できるだけでなく、墨絵体験、味噌作り体験、ナイトカヤック体験など自分の旅のスタイルやパッションに合わせた自分だけの旅を創り出すことができます。今回、世界をリードするエアラインであるANA、Peachと手を組むことにより、この新しい旅のスタイルを啓蒙し、地域への送客を含めた地方創生への貢献を目指して参りたいと考えております。

Airbnb Japan 株式会社 代表取締役 田邉泰之 写真提供:Airbnb Japan株式会社

全日本空輸株式会社 代表取締役 副社長 志岐 隆史

ANAは世界のお客様に「夢」や「感動」に溢れるサービスで安全且つ高品質な空の旅を提供しております。おかげさまで、日本のエアラインとして唯一5年連続5スターを受賞いたしました。今後も、より多くのお客様に快適な空の旅をお楽しみいただきたいと考えております。この度、ユニークな宿泊予約サービスにおいて、世界的に業界をリードされるAirbnbとパートナーシップを組むことが実りました。航空利用のご旅行においても、全国各地のユニークな体験と組み合わせることにより、「暮らすように旅する」新しい価値やスタイルをご提案できればと考えております。

全日本空輸株式会社 代表取締役 副社長 志岐 隆史 写真提供:Airbnb Japan株式会社

Peach Aviation 株式会社 代表取締役CEO 井上 慎一

Peachは「空飛ぶ電車」というコンセプトのもと、日本の航空業界のファーストムーバーとして、これまでも日本で初めてAIを取り入れた顧客サービスの展開や、空の上での車の機内販売、ビットコイン決済サービスの導入など、数々のイノベ―ティブな取り組みを発表してまいりました。次なるPeachのイノベーションは、新しい旅のスタイルのご提案です。この度、個人旅行の市場で世界を牽引するAirbnbとのコラボレーションをきっかけとして、Peachは日本の個人旅市場にイノベーションの風を巻き起こします。どうぞご期待ください。

Peach Aviation 株式会社 代表取締役CEO 井上 慎一 写真提供:Airbnb Japan株式会社

以上今回は意欲的な3社による旅の誘いへのお知らせでした。

ーーBackstage from “ethica”ーー

Airbnb(エアービーアンドビー)とはやや聞きなれない名前ですが、「空いてる部屋や家を貸したい人」と「借りたい人」とのマッチングサイトで、今人気のシェアリングエコノミーサービスの一つです。新しい形の旅を一度試みられてはいかがでしょう?

ペンネーム:T.J

私によくて、世界にイイ。~ ethica(エシカ)~
http://www.ethica.jp

ethica編集部

国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポット
独自記事 【 2017/4/24 】 Art & Culture
銀座松坂屋の跡地に4月20日(木)、全9フロア241店舗が出店するエリア最大規模の商業施設「GINZA SIX」がオープンしました。注目のファッションブランドの出店は言うに及ばず、国内外の観光客を強く意識し、文化的コンテンツの発信に力を注ぐ銀座の新スポットを紹介します。
「世界中に笑顔を広げたいーー 暗闇を超えてたどり着いた夢」 世界に笑顔を広げるアーティストRIEさん【前編】
sponsored 【 2017/5/19 】 Art & Culture
カラフルな色合いとやさしいタッチで描かれ、見ているだけで笑顔になってしまう作品の数々。世界に笑顔を広げるアーティストRIEさんは、その手から紡ぎ出す絵同様、キラキラと輝く笑顔が印象的だ。しかし、この笑顔を、そして夢を取り戻すまでは、生きる意味さえ見失っていた時期があった。RIEさんを救った出会いとは?
日本文化に古来より根付いているサステナビリティ 【意見交換会】醍醐寺・仲田順英執行 × イケア・マティ絵莉
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/12 】 Work & Study
豊臣秀吉の「醍醐の花見」でも有名な京都の醍醐寺。その境内にあるカフェ「cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)※ 桜の木の下での意。」の店内は、スウェーデン発祥のホームファニシングカンパニー・イケアの環境に配慮した家具類でコーディネートされています。このカフェで、6月20日、醍醐寺の僧侶...
エシカ・インタビュー SHY FLOWER PROJECT 代表 古橋あや香(愛称:スイスイ)
独自記事 【 2017/5/8 】 Art & Culture
古橋あや香さんは、廃棄花に、新たな次元・価値をアートワークによって吹き込むアップサイクルな活動に取り組む「SHY FLOWER PROJECT」の代表です。 現在二児の母でもある彼女は、サスティナブル(持続可能)な活動にさらなるエネルギーを注いでいるといいます。 その集大成とも言えるのが、初の単独ショップのオープン。 ...
世界遺産・醍醐寺でイケアの社員が修行 千年の歴史に学ぶサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
6月20日、京都の世界遺産・醍醐寺の境内で、黄色いユニフォームを着た人々が、竹箒や雑巾を手に、境内の清掃を行う姿がありました。参拝客は、ユニフォームの背中の「Ikea」の文字を見て不思議に思ったかもしれません。スウェーデン発祥ブランドであるイケアが、なぜこのような昔ながらの方法でお寺の清掃を? この日、イケア・ジャパン...
イケア社員が醍醐寺を清掃、僧侶と意見交換 日本文化に根付くサステナビリティ
CLOSE-UP! PR 【 2017/7/4 】 Work & Study
前編に続き、イケア・ジャパンが従業員向けに実施したワークショップ「醍醐寺1日修行体験」の模様をお伝えします。午前中、僧侶の方々の案内で醍醐寺の歴史に触れた参加者たちは、午後、境内を清掃し、イケアの家具でコーディネートした寺内のカフェで、僧侶とサステナビリティに関する意見交換会を行いました。世界最大規模のホームファニッシ...

次の記事

発酵マイスター 菜月(談)「私は最近まで冷蔵庫を持っていなかったんですよ」 いつもより遠くへ、もっとワクワクへ。『LEXUS URBAN DAY CAMP』 『レクサス』が提案するラグジュアリーコンパクトライフ
『ケイウノ』のクラフトマンシップと新たな挑戦 【ジャパンジュエリーフェア2017講演レポート】 ピカチュー、キティ、刀剣乱舞、スター・ウォーズ。これはジュエリーのお話

前の記事

スマホのホーム画面に追加すれば
いつでもethicaに簡単アクセスできます